ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

札幌記念2019、北九州記念2019、追い切り診断と予想

ラジャカジャです。
今日は札幌記念2019と北九州記念2019の追い切り診断と予想をしていきたいと思います。

その前に昨日予想した小倉のメインですが
軸馬に推したサーティグランドは直線追い詰めるものの5着止まり。
穴馬として推奨したタガノアムも直線は猛追して
上がり3Fはメンバー最速の時計をマークするなど見せ場を作ったのですが
3着のメイショウサチシオにクビ差届かずの4着で不的中でした・・・

そもそもペースが早くなると想定して差し馬を本命に抜擢したのですが
4コーナー手前で前にいた3頭がそのままの順位でゴールする
「いったいった」の競馬。
逃げた馬が上がり3Fの時計をメンバー2位の時計で走っていたので
典型的な前残りの展開でした。

もう少しペースが速ければタガノアムからのワイド馬券は当たっていたかもしれませんが
まあこれも競馬なので次走に期待したいです。

今日の重賞は2レースとも波乱含みな感じのするレースなので
高配当を期待してしっかり予想してみたい。

スポンサードリンク

札幌11R 札幌記念 追い切り診断&予想

まずは追い切り診断
個人的に良いと思ったのは以下の4頭

ブラストワンピース
函館芝コース併せ馬で先着。
追い出してからの反応はイマイチだったものの
スピードに乗ってからの動きは力強く
ストライドもしっかり伸びており出来は間違いなく良いでしょう。

本番はこの先なので今回がメイチというワケではないでしょうが
ここである程度の結果を残せなければ凱旋門賞に行くプランも白紙になるでしょうし
目黒記念の時のような失態はもうできない。

これまで主戦を務めてきた池添騎手を下ろしての川田騎手の抜擢なので
陣営の勝負度合いも高そう。

ステイフーリッシュ
札幌芝コース併せ馬で先着
コーナーから積極的に動き直線はストライドを一杯に伸ばした
ダイナミックなフォームで余裕を持って先着。
前走も追い切りでは良く見えましたが今回も遜色ない出来。
近走重賞で好走が続いていて以前より地力が付いた印象で
このメンバーでも上位に食い込んでくる可能性はありそう。

サングレーザー
札幌芝コース単走追い。
鞍乗がステッキを抜いただけで馬は反応するなど
よく集中して走れており追ってからのストライドの伸びも申し分ない。
昨年のこのレースの勝ち馬ですが前走安田記念5着からのステップというのも
昨年と一緒。

クロコスミア
札幌ダートコースでの単走追い。
馬体にブレもなく安定した走りで
最後まで集中を切らさずキビキビした走り。
前走から間隔は空いたが仕上がりは良いと見る。

他では人気しているフィエールマンは函館Wで併せ馬をして先着したが
追ってからの反応がイマイチで動きはやや重く感じた。
レースに行けば変わると思うが追い切りの動きからはそこまで良いと感じない。

ワグネリアンは札幌芝での単走追いで
ストライドの伸び脚元の力強さともにイマイチな印象。
叩いて次という感じの仕上げに見えるので凡走してもおかしくなさそう。

ペルシアンナイト、ゴーフォザサミットあたりはまずまずの動きという印象

軸馬 フィエールマン

追い切りの動きにはやや不満が残るものの
馬券に絡む可能性が最も高い馬という意味で考えると
人気でもフィエールマンから入るのが妥当でしょう。

陣営はこのレースをステップにして凱旋門賞に参戦するプランを明かしており
ここはあくまでも叩き台でしかない。
それでもみっともない競馬をすれば凱旋門賞への参戦を白紙にするという事も
ないわけではないので最低限の結果は残さないといけないでしょう。

展開を考えるとロードヴァンドール、クロコスミアあたりが逃げると思いますが
いずれにしてもペースは早くならないと思うので
好位で脚を溜めて天皇賞(春)の時のように直線手前で前を捕まえに行って
早めに先頭に立って押し切るという競馬をすると思います。
そこで最終的に何かに負けたとしても2着は確保しそうな印象なので
素直にこの馬から勝負したいと思います。

相手に重視したいのは
ペルシアンナイト、ランフォザローゼス、ステイフーリッシュの3頭

ペルシアンナイトは前走安田記念で10着に負けましたがこれは
スタートで不利を受けてもので参考外。
決済パトロールを見てもわかる様に両サイドから挟まれて行き場をなくし
最後方に下げざるを得なかったのでこれはノーカウントと見て良いでしょう。
マイルが専門の馬ではありますが
2017年の皐月賞、2018年の大阪杯でそれぞれ2着した実績があるので
2000mまででしたら対応可能でしょう。
デムーロ騎手も今回は一発やってやろうと期するものがあるでしょうから
ここは期待してみたい。

ランフォザローゼスは前走日本ダービー以来のレースでしたが
前残りの展開の中上がり3Fはメンバー3位の時計を出しての7着なので悪くないですし
2000m戦は得意にしている馬。
3歳馬で斤量的な恩恵を受けられるので軽視は禁物でしょう。

ステイフーリッシュは追い切りは良いだけでなく夏場に強いタイプの馬。
ある程度先行できる脚質でもあるので前目につけて内でコースロスなく脚を溜められれば
直線で伸びてくるシーンは十分にありそう。

以下サングレーザー、ワグネリアン、ブラストワンピースまでが押さえ。
追い切りでも良く見えたクロコスミアは牡馬相手となると流石に厳しいと思うので消します。
馬券はフィエールマンからの三連複フォーメーションで勝負。
ワイドはフィエールマンから勝ってもつかないので
追い切りで良く見えたブラストワンピース、サングレーザーから流す感じの馬券を買ってみたい。
買い目
三連複フォメ
9-3,6,11-1,3,6,10,11,12(12点)
ワイドフォメ
1,10-3,6,11(6点)
スポンサードリンク

小倉11R 北九州記念 追い切り診断&予想

こちらも追い切り診断から書いて見ますと
良く見えた馬は以下の3頭

ラブカンプー
栗東坂路での2頭併せ
この馬はいつもダイメイプリンセスと併せて毎回遅れているのですが
今回は別の馬と併せていました。
(それでも遅れていましたが)
併せ馬で遅れるのはいつもの事なのでそこは気にしなくていいでしょう。
今回はそれまでになく馬体が安定し最後までブレずに走れていましたし
最後まで集中を切らさずに併せ馬をしていたので
状態は間違いなく上向いていると感じる。

アンヴァル
栗東坂路での単走追い
前半の動きは物足りなかったが後半はキビキビした動きに変わり
迫力もあった。
1週前追い切りでは坂路で4F49秒7-12秒2の自己ベストをマークしており
最終は調整程度の動きに留めた可能性あり。
近走成績が安定しており重賞でも善戦しているので
そろそろ馬券に絡んでも良い頃か。

ディープダイバー
栗東坂路での単走追い。
馬体にブレがなく安定感ある走りで脚元の踏み込みも十分。
前走で連勝が止まったが状態は変わらず良さそう。

軸馬 ミラアイトーン

オッズは割れていて大混戦となっており
どこから入ってもそれなりに高配当が望める一戦。
穴馬から狙いたいところですが小倉芝1200mで3戦3勝
1分7秒台の時計も持っているミラアイトーンの馬券圏内は堅いように思います。

相手には追い切りで良く見えたラブカンプー、アンヴァル、ディープダイバーを重視。
ヒモにモズスーパーフレア、アレスバローズ、カラクレナイ、シャドウノエルまで押さえたい。
買い目
三連複フォメ
18-6,11,12-3,6,11,12,13,15,17(15点)
ワイド流し
18-6,11,12(3点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断