ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想

フェブラリーステークス2017、予想、高配当を期待して人気薄から勝負!

ラジャカジャです。
フェブラリーステークス2017ほか日曜のレース予想をしていきたいと思います。
ダートの世界で数々の名馬を輩出してきた種牡馬ゴールドアリュールが18日に亡くなったとのニュースが出ていましたね。
ゴールドアリュールが現役だった頃はどちらかというとこの馬を軽視して高配当の馬券をゲットした記憶があり
別の意味で馬券的中のお世話になっていた馬でしたが、
種牡馬としてはスマートファルコンや エスポワールシチー、コパノリッキーなどのGI馬を輩出するなど
大成功を収めていました。
フェブラリーステークスの前日に入ってきたニュースだけに
ゴールドドリームやコパノリッキーの単勝が売れそうですね。
オッズ的には大波乱までありそうな雰囲気ですが・・・

スポンサードリンク

目次

フェブラリーステークス 予想
小倉大賞典 予想

フェブラリーステークス 予想

本命 エイシンバッケン
人気は予想通りカフジテイクが1番人気。
ですが4.7倍(土曜20時現在)と予想外に高いオッズがついています。
まあこれは追い込み脚質なので今回は「追って届かず」というシーンがありそうだと考えている人が多いのと
鞍乗が津村騎手というのが理由でしょう。
次いで2番人気に支持されたのはゴールドドリーム(5.1倍)
前走のチャンピオンズCでも2番人気に支持されていましたし
今回は実績のある東京のマイル戦。
前走は出遅れが響いての敗戦だっただけにM・デムーロ騎手も今回は出遅れないでしょう。
おなじく同率で2番人気に支持されているのは昨年の勝ち馬モーニン(5.1倍)
ここ2戦は凡走していますがこの馬も東京マイルは3勝していて得意としている舞台。
鞍乗もムーア騎手ですし追い切りでは迫力満点の動きを披露していました。
以下ノンコノユメ(8.0倍)、ベストウォーリア(8.2倍)と続きここまでが単勝1桁台のオッズ。
10番人気のホワイトフーガですら20倍台の支持を集めていますので
正直何が勝っても不思議ないレース

当然こういうレースは穴馬から入りたい。
そこで本命にしたのは週中の予想でも推奨していたエイシンバッケン
前走の根岸Sではカフジテイクに負けはしたものの上がり3Fの時計はメンバー2位の時計を出して3着。
距離が1600mに伸びるのでどうか?という不安要素があるみたいですが
重賞み未勝利馬ですしダートに転向してからは主に1200m~1400mを使われてきた馬。
今回はGI戦ですし距離が延びてどうか?がカギになるでしょう。
ただ芝を使っていた未勝利戦時代に京都1600mを勝っていますので距離そのものに関して問題なく走れると思います。
GIと言っても前走で戦った馬が人気上位になっているメンバー構成。
GIの壁というものもそれほどないと思います。
この馬はカフジテイクほど終い一辺倒という馬ではなく中段で折り合って差す競馬も過去にしています。
枠も7枠13番に入ったことで、スタートで他馬より長く芝の部分を走れるのはプラスでしょう。
またこの枠なら砂をあまり被らずに走れますしスムーズな競馬が出来そう。
スタートを決めて中段くらいで折り合って競馬してくれたら
終い一辺倒のカフジテイクに対してかなりのアドバンテージになるでしょう。
鞍乗の岩田騎手も前日の京都牝馬Sを勝つなど今年に入って勢いに乗っています。
人気も8番人気の人気薄ですから思いきった強気の騎乗をしてくれそう。
人馬共に狙って妙味アリだと思います。
相手は人気のカフジテイクと追い切りが特に良く見えたゴールドドリーム、モーニン
馬単とワイド、三連複を中心に買ってみたい。
買い目
馬単流し(マルチ)
13-3,6,10(6点)
ワイド流し
13-3,6,10(3点)
三連複1頭軸流し
13-3,6,10(3点)
スポンサードリンク

小倉大賞典 予想

本命 ダコール
こちらもフェブラリーステークスに負けずオッズは大混戦。
1番人気がストロングタイタンとヒストリカル(土曜21時現在)というのは驚きだが
単勝オッズも6.6倍なのでもはや1番人気としての信頼度はない感じ。
週中のデータ予想からダコールを推奨しましたが実際のオッズを見てビックリ!
なんと15番人気と予想以上に低い評価を受けています。
(7~8番人気くらいかなと思ったのですが)
これは狙うっきゃない(笑)
確かに9歳と高齢ですしここ3走は二桁着順ですから人気にならないのは百も承知。
ただ小倉コースでは「まるで別馬か」と思うほど好走を繰り返している馬。
小倉大賞典では過去3度馬券に絡んでいますし、昨年のレースも勝ち馬とはタイム差なしのアタマ差で2着と接戦を演じ、
8月の小倉記念も勝ち馬と0秒2差の4着と上位争いをしていました。
この馬の好走時期も春先~初夏に集中していますからこれからの時期がまさにこの馬にとっての走り頃。
前走の日経新春杯(13着)は調教でしかなく今回が本気でしょう。
相手は難解ですが週中のデータ予想から
パドルウィール
クラリティスカイ
ダノンメジャーをチョイス。
これらの馬を絡めた馬券で大万馬券を狙ってみたい。
買い目
三連複フォメ
15-3,9,11-2,3,6,7,8,9,11,14(15点)
馬連BOX
3,6,8,9,11,14,15(21点)
スポンサードリンク

-予想