ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

アーリントンカップ2017、出走予定、データ的にはペルシアンナイトだが・・・

ラジャカジャです。
今日は土曜日に阪神で行なわれる3歳馬限定のマイル戦
アーリントンカップ2017を見ていきたいと思います。
過去10年のレースデータを調べ出走予定馬の中で狙える馬はどれか?
見ていきたいと思います。


スポンサードリンク

目次

出走予定馬
過去レースデータ
まとめ

出走予定馬

登録してきたのは全部で13頭。
フルゲートは16頭なので全馬出走可能です。
馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおり。
アーリントンカップ2017 出走予定馬ヴゼットジョリー 55.0 川田将雅
カロス      56.0 池添謙一
キョウヘイ 57.0 高倉稜
ジョーストリクトリ56.0 武豊
スーパーモリオン 56.0 幸英明
ダイメイフジ 56.0 未定
ディバインコード 56.0 柴田善臣
ナンヨーマーズ 56.0 C.ルメール
ペルシアンナイト 56.0 M.デムーロ
ミラアイトーン 56.0 武幸四郎
リンクスゼロ 56.0 未定
レヴァンテライオン57.0 未定
レッドアンシェル 56.0 浜中俊

前走重賞組が5頭に500万勝ちが3頭。
OP特別2着馬もいて頭数が少ない割にはメンバー揃ったなというのが
個人的な印象。
以下人気上位しそうな馬を軽く解説してみます。

ペルシアンナイト
前走シンザン記念3着。
内から伸びてきたものの重馬場の影響もあってか伸び切れず3着という結果。
今回は開幕週の馬場だけに巻き返してくる可能性は高い。

キョウヘイ
前走シンザン記念1着。
前走は最後方から直線で矢のように伸びて来て1着。
重馬場適正の高さが感じられた一戦でしたが
今回はその実力が本物かどうか見極められるレース。
ここも勝つようなら本物かもしれない。

ヴゼットジョリー
前走阪神JF5着。
勝ったソウルスターリングには及ばなかったが
この馬もそれなりに力のあるところは示した感じ。
新潟2歳Sも勝っているし、
今回牝馬ながら牡馬混合の重賞レースに使ってきたのは
陣営も勝負になると踏んでのことでしょう。

ディバインコード
前走ジュニアカップ2着。
デビューから5戦して全て3着以内となかなか堅実な走りをしている馬。
今回は初の関西圏での競馬となるので輸送さえクリアできれば
ここでも上位争いは必至。

ミラアイトーン
前走500万1着。
2走前の葉牡丹賞は勝ち馬から0秒9離されての4着。
ただ前走の勝ちっぷりを見ると2000mは距離が長かったのかもしれません。
あまり聞きなれないロンロ産駒ですが
父親は現役時代にマイルを中心にGIを11勝も挙げた馬。
そう考えると今回の距離がベストかも。
今週で騎手としては最後になる武幸四郎騎手
勝って最高の花道を飾れるか。

他にも前走朝日杯8着のレッドアンシェル
なずな賞を勝ったジョーストリクトリなど上位を狙えそうな馬もいて
1番人気はペルシアンナイトかもしれませんが
波乱も期待できそうな楽しみな組み合わせ。
スポンサードリンク

過去レースデータ

過去10年(2007年~2016年)のレースデータから馬券のヒントになりそうなデータを抜き出し
狙える馬を探してみたいと思います。

・波乱傾向の強いレース
人気別成績を調べると
1番人気は2勝2着2回の成績。
勝率20%連対率&複勝率40%という数字は1番人気の信頼度としてはイマイチ。
ここ2年は1番人気~3番人気の馬が1頭も馬券に絡めていませんし、
9番人気以下の人気薄が6頭も馬券に絡むなど波乱傾向の強いレースと言えます。
過去10年の平均出走頭数が12.9頭とあるように
このレースは少頭数のレースとして定着していますが
それでいて波乱傾向にあるというのはなかなか珍しいと思います。
前走人気別成績 着別度数
1番人気 2- 2- 0- 6/ 10
2番人気 2- 1- 0- 7/ 10
3番人気 0- 2- 2- 6/ 10
4番人気 2- 0- 1- 7/ 10
5番人気 2- 1- 1- 6/ 10
6番人気~8番人気 1- 0- 5- 24/ 30
9番人気以下 1- 4- 1- 43/ 49
・逃げ・先行馬が有利
阪神芝1600mは最後に急坂のあるコースですがそれまではスローペースで流れることが多く
最後の坂があっても逃げ馬が粘って残ってしまうケースが多いです。
現にこのレースに関しても過去10年で3頭が逃げ切り勝ちしていますし
4コーナー付近で先頭から5番手以内にいた馬
8勝2着7回3着4回と活躍しています。
なので逃げ・先行脚質の馬を狙うべきレースでしょう。
今回のメンバーで逃げ馬と呼べるのはカロス
ただこの馬はダートで良績を収めてきた馬ですし前走未勝利を勝ったばかりの馬。
レベル的にどうかな?と思います。
ジョーストリクトリ、ダイメイフジ、ディバインコード、ミラアイトーンあたりは
先行脚質の馬なので場合によってはこの馬のどれかが逃げることも予想できます。

・前走きさらぎ賞組が好走
前走クラス別成績を調べますと
前走重賞組4勝2着5回3着6回と好走しています。
中でも前走GⅢ組が好走しています。
ただ好走率はそれほど高くはないですが
前走OP特別、500万クラスからも馬券には絡んでいますので注意は必要でしょう。
前走クラス別成績 着別度数
新馬 0- 0- 1- 4/ 5
未勝利 0- 0- 0- 9/ 9
500万下 4- 3- 3-40/50
OP特別 2- 2- 0-15/19
GⅢ 3- 3- 5-16/27
GⅡ 1- 0- 0- 1/ 2
GⅠ 0- 2- 1- 9/12
レース名別に見ると最も好走しているのは前走シンザン記念組
過去10年でのべ13頭が出走して2勝2着3回3着3回。
勝率15.1%連対率38.5%複勝率61.5%と非常に高い好走率を残しています。
昨年の勝ち馬レインボーラインも前走シンザン記念組でした。
今回これに該当するのは
キョウヘイ、ペルシアンナイト
その他で気になるのはジュニアカップ組。
ここ2年連対を果たしていますので新たな好走トレンドとなる可能性がありそう。

・ハービンジャー産駒
過去3年(2014年1月~)の阪神芝1600mにおける種牡馬別成績を調べますと
トップはディープインパクト産駒なのですが今回のメンバーにはいません。
なので今回出走するメンバーの中で見て見ると
最も好走率がいいのはハービンジャー産駒
のべ56頭が出走して勝率10.7%連対率23.2%複勝率30.4%という成績は優秀で
このコースに適性があると見ていいでしょう。
となると人気でもペルシアンナイトには逆らえないか。

まとめ

データ的に見てもペルシアンナイトは馬券に絡む可能性は高そうです。
ただ毎年波乱傾向にあるレースですので人気薄の激走もあると思います。
候補としては逃げ・先行脚質の馬じゃないかなと思うので先に挙げた
ジョーストリクトリ、ダイメイフジ、ディバインコード、ミラアイトーンあたりが怪しいと考えています。
なのでペルシアンナイトから上記の4頭に流すという馬券が有効かなとも思いますが
追い切りや枠順など決まってから再度考えた上で本命を決めたいと思います。
スポンサードリンク

-重賞展望