ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想

中山記念2017、阪急杯2017、ほか日曜のレース予想

ラジャカジャです。
中山記念2017、阪急杯2017ほか日曜のレース予想をしていきたいと思います。
昨日のブログ予想は2戦1勝でした。
阪神のメイン、アーリントンカップはペルシアンナイト本命もヒモ抜け。
予想の段階ではペースもスローで前残りの競馬になるのでは?と踏んでいましたが
全くの検討違いでした。
逃げたカロス、2番手で競馬したミアライトーン、3番手で競馬したレヴァンテライオンが揃って
馬券圏外に沈んだようにペースが速くて前で競馬した組には厳しい流れでした。
特にミアライトーンは途中から完全に掛かってしまって競馬にならず
直線に向いた時は疲労でヘトヘトになっていて武幸四郎騎手も最後は追うのをやめていました。
勝ったペルシアンナイトは後方4番手、2着に来たレッドアンシェルも後方2番手で競馬していたので
末脚を溜める競馬がハマッたと言えるレースでした。
前残りがあると踏んでの予想でしたのでこの結果は仕方ないかなと思います。
中山のメインは本命にしたモンドクラッセが逃げ切り勝ち。
こちらは完全な前残りの競馬でした。
三連複2350円が的中しましたが29点買いだったので大した儲けにならず。
(普通に均等買いしていたらトリガミでした)
荒れるだろうと思っていつもより多点買いしたが配当がショボくて拍子抜けでした。
ゴール寸前までもう一頭の本命馬メイショウスミトモが3番手で頑張っていたのでそのまま決まってくれたら
三連複81倍だっただけに悔しさが残るレースでした。
今日のメインは中山、阪神とも出走頭数が少ないので買い目を絞って
そこそこの配当が付いてくれたらOKという感じで勝負したい。

スポンサードリンク

目次

中山11R 中山記念2017
阪神11R 阪急杯2017

中山11R 中山記念2017

本命 リアルスティール
人気は朝9時の段階でアンビシャスが3.0倍で1番人気
以下リアルスティール、ネオリアリズム、ツクバアズマオー、ヴィブロスと続きここまでが単勝1桁台のオッズ。
本命にしたのはリアルスティール
昨年はドバイで勝った後、安田記念では不可解な惨敗を喫するなど信頼仕切れない部分はあります。
やたら2着の多い馬で昨年のドバイ遠征を除けば一昨年の2月まで遡らないと勝利がない馬。
ただ昨年の天皇賞(秋)のレースを見てもモーリスには負けましたが
3着以下の馬には力の差を見せ付けて先着しています。
前走のジャパンカップは5着でしたがこれは距離適正の差で負けただけで
モーリスが引退した今、2000m前後のレースでは現役馬の中で1番強い馬と思います。
今回の追い切りに関しても3週続けて負荷をかけた追い切りをしており
休み明けは全く関係ないですし出来自体も前走のJCと同等くらいに仕上げていると思います。
競馬に絶対はないですが今回勝つのはこの馬だと思います。
相手はアンビシャス、ネオリアリズムが有力。
ともにGIではイマイチですがGⅡならば間違いなく馬券に絡んでくる馬。
リアルスティールには負けても他の馬に負ける要素は少ないです。
その他ではヌーヴォレコルト、ロゴタイプが押さえ。
共に中山芝1800mに実績があり追い切りの動きも良かったので
展開次第では2着、3着の可能性は十分あるでしょう。
逆に軽視したいのはツクバアズマオー、ヴィブロスの2頭。
ツクバアズマオーも中山適性の高い馬ですが良績は2000m以上のレースに偏っており
1800mでこのメンツ相手に戦うのは少々分が悪いと思います。
ヴィブロスは昨年の秋華賞を勝って以来の競馬。
未勝利戦を勝って以降は同世代の牝馬としか戦ったとこがなく
秋華賞を勝ったといってもシンハライトやチェッキーノ、メジャーエンブレムといった
世代トップの馬たちがいない中での勝利でしたから実力的に疑問符がつきます。
そういう意味では今回はこの馬の実力を見る良い機会だと思いますが
追い切りを見てもあまりパッとしませんでしたし、
多分牡馬たちに跳ね返されてしまうのでは?と思います。
意外にもアンビシャスが1番人気に支持されており配当的な妙味が多少感じられるので
今回はリアルスティールを1着に固定しての馬単、三連単で勝負してみたい。
買い目
馬単1着流し
4-1,7,9,10(4点)
三連単1着流し
4-1,7,9,10(12点)
スポンサードリンク

阪神11R 阪急杯2017

本命 ヒルノデイバロー
人気は前走阪神カップを快勝したシュウジが1.8倍(朝10時現在)でダントツの1番人気。
以下ロサギガンティア、ブラヴィッシモと続きここまでが単勝1桁台のオッズ。
ちょっとびっくりなのは武幸四郎騎手騎乗のカオスモスが4番人気に支持されてること。
戦績をみるとどう頑張っても勝てる馬ではないと思いますが
単勝だけが異常に売れていますので
騎手として最後の重賞レースとなるだけに記念馬券と購入する人が多いのでしょう。
データ的に見てもシュウジが馬券に絡む確率はかなり高いのですが
この馬とは個人的に相性が悪く(本命にすると馬券圏外、軽視すると馬券に絡む)
ここは悩むのですが前走は7番人気と人気薄での激走でしたので本命は別の馬にしたいと思います。
順番で言えばロサギガンティアでしょう。
一昨年の阪神カップを勝つなど重賞2勝を挙げている馬ですが
近走パフォーマンスが落ちているのが気になりますし、追い切りでもそこまで良く見えなかったので
このメンバー相手でも取りこぼす可能性はありそう。
3番人気ブラヴィッシモもコース適正はあるのですが最終追い切りで併せ馬で3馬身も遅れを取るなど
状態が良いとは思えないので軸にはしずらい。
そこで選んだのがヒルノデイバロー
芝に転向してからは常に重賞レースに格上挑戦し結果はでていませんでしたが
少しずつ地力をつけてきました。
そして前走のシルクロードSで始めて重賞で掲示板を確保。
前走よりメンバーレベルは落ちますしこの馬の上昇度も加味すれば
今回馬券に絡んでくる公算は高そう。
追い切りもまずまずの動きでしたし追ってからの末脚には定評があるので
ゴール前の急坂で先行馬を一気に交わす競馬を期待したい。
買い目
三連複フォメ
4-5,7-3,5,6,7,10,11(9点)

阪神12R 4歳以上1000万円以下

本命 マイネルラック
前走は中段で折り合ってから直線外に持ち出して伸びてきたが
先に抜け出した馬を捕らえられずに2着と言う結果。
ただ昇級初戦の内容としては十分すぎる結果で1000万クラス突破のメドも立った印象。
まだ追えば伸びる感じだったので1F距離が伸びた今回はまさにベストの条件
事実、鞍乗のフォーリー騎手もレース後に「距離はもう少しあった方がいい」とコメントしていたとか。
武幸四郎騎手のラストランということでメイショウオオカゼが過剰人気しそうですが
フォーリー騎手も今日で短期免許の有効期限が切れて帰国する身。
最後に勝って有終の美を飾るのはこちらの方でしょう。
買い目
馬連流し
11-1,3,4,5,7,8,10,13(8点)
三連複フォメ
11-4,5-1,3,4,5,7,8,10,13(13点)
三連単フォメ
11-4,5,10,13-1,3,4,5,7,8,10,13(28点)
スポンサードリンク

-予想