ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

レース回顧

中山記念2017、阪急杯2017は共に大波乱の決着、今週の予定

ラジャカジャです。
中山記念2017、阪急杯2017のレース回顧と今週の予定を書いていきたいと思います。
先週のブログ予想は5戦1勝でした。
そこまで荒れないだろうと思っていた昨日の重賞レースですが
ともに1、2番人気が馬券圏外となり
三連単は中山記念が30万馬券、阪急杯では248万馬券が飛び出る等
思わぬ大波乱となりました。
競馬は面白いけど馬券を当てるのは難しいことを痛感させられました。
スポンサードリンク

目次

中山記念2017 レース回顧
阪急杯2017 レース回顧
今週の予定

中山記念2017 レース回顧

レース前までは「リアルスティールが勝つ
勝つというよりどこまで差をつけて勝つかが見もの
というくらいにリアルスティールの勝利に自信満々だったのですが
レース後は狐に包まれたかのようで開いた口が閉まりませんでした。
悪い夢なら早く覚めてくれ!
と思いっきり叫びたい心境でした。
追い切りでの動きから間違いなく馬券には絡んでくるだろうと思ってみていたのですが
直線で伸びあぐね外からあっさりアンビシャスに交わされるのを見て負けを確信しました。
4コーナー手前から戸崎騎手がグイグイと押して位置を上げていましたので
手応えもそこまで良くなかったですし追い上げるのに脚を使ってしまって
最後はバテテしまったという感じに見えました。
結果的には道中の位置取りが後ろ過ぎたという事でしょう。
前が結構飛ばしているようにも見えましたが
勝ったネオリアリズムが3番手、3着だったロゴタイプが2番手で競馬していたことからすると
先行馬に有利な流れだったのかもしれません。
2着したサクラアンプルールは後方での競馬でしたが内で脚を溜め
直線も外に回さず内にこだわり、コースロスを極端に抑えての競馬が功を奏しました。
やはり横山典騎手は上手いなと感じます。
逆に外を回したアンビシャスは伸びきれず4着。
展開のアヤとコース取りの差が出た感じでした。
しかしM・デムーロ騎手は前日のアーリントンカップに続いて土日の重賞を連勝。
先週のフェブラリーSも勝っているのでこれで3開催連続の重賞制覇とノリにノッている状態。
リーディングもトップに立ちましたしちょっと手がつけられない状態になってきた。
スポンサードリンク

阪急杯2017 レース回顧

直線でヒルノデイバローが伸びてきた時は思わずやったと思いましたが
勝ったトーキングドラムも3着に来たナガラオリオンも全くのノーマークでした。
せっかく穴馬を本命にして馬券に絡んだのに馬券は獲れずという最悪の結果となりました。
シュウジ、ロサギガンティアが揃って馬券圏外になるとはちょっと想像できませんでした・・・
勝ったトーキングドラムはコースロスなく競馬したこともありますが
鞍乗の幸騎手が後半3レースを全て勝つなど馬というより騎手の勢いで勝ったレースのように思います。
ただ8歳にして芝のレースを使ってきたナガラオリオンが3着に来たのは正直ビックリ。
もし芝に適性があると感じていたならもっと早く使っていただろうし、
これは陣営も驚いたのではないでしょうか。
まあここまで荒れるとは思っていなかったので諦めもつきます。

今週の予定

今週も引き続き中山・阪神・小倉の3場開催
重賞レースは土曜日に中山でオーシャンステークス、
阪神でチューリップ賞、
日曜は中山で弥生賞が行われます。
いよいよクラシックにむけてのトライアルレースが始まりますね。
チューリップ賞ではソウルスターリングとリスグラシューの再戦
弥生賞ではブレスジャーニー、カデナ、コマノインパルスといった重賞ウィナーが出てきます。
今週も非常に楽しみなレースとなりそうで予想するだけでもワクワクしますね。
スポンサードリンク

-レース回顧