ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

レース回顧

弥生賞2017、カデナ快勝!クラシックに名乗り。今週の予定

ラジャカジャです。
昨日の重賞レース回顧&今週の予定を書いていきたいと思います。
先週のブログ予想は5戦1勝でした。
弥生賞
馬連4360円、三連複9480円的中
本命にした8番人気マイスタイルが何とか2着に残ってくれたので
1番人気のカデナとの組み合わせでも馬連、三連複ともにまずまずの配当がつきました。
ただ悔しかったのは昨日の阪神メイン
本命のガリバルディが3着に来て相手軸に選んだアストラエンブレムも1着と馬券に絡んだのに
ヒモでトルークマクトを押えていなくて三連複6万馬券を取り逃してしまった。
考え方は正しかったのに馬券は外すという最悪の結果でした。
ヒモは100円でもいいから総流しすべきですね。
小倉のメインも本命にしたダンツペンダントが逃げて見せ場は作ったものの4着と惜しい結果。
軸馬の精度は上がってきているのでそのうち高配当の馬券が取れそうな予感はしてきています。

スポンサードリンク

目次

弥生賞 レース回顧
今週の予定

弥生賞 レース回顧

1000m通過が63秒2だったように完全な前残りの競馬。
それを大外から豪快に差しきったカデナは強い競馬だったと思います。
瞬発力を活かしたいかにもディープインパクト産駒の走りで
やっと西から強いディープ産駒が出てきたなという印象。
ただ逃げたマイスタイルも流れはスローでしたがダイワキャグニーに終始マークされ
4コーナーで早めに動いたコマノインパルスの追撃を交すなど
時計ほど楽な競馬ではなかったと思います。
直線では2枚脚を発揮して終わってみれば3着以下には1馬身1/4とはっきりとした着差をつけていますので
一介の逃げ馬ではなく実力を兼ね備えていた伏兵馬だったと思います。
3着にはダンビュライトが入りました。
終始内目の経済コースを通ってのものでしたのでカデナとの力量差はかなりあると思いますが
直線ではテーオーフォルテとダイワキャグニーの間に入り3頭で叩き合う展開となりましたが
怯むことなく競馬してこの2頭を競り落としての3着でしたので収穫のある競馬だったと思います。
ベストアプローチは直線で一旦離されましたが残り100mを切ったあたりから
猛然と追い込んでダンビュライトにハナ差まで迫るものの悔しい4着。
反応がズブいタイプなので距離はもう少し伸びた方がいいのかもしれません。
あと最も惜しい競馬だったのがサトノマックス
勝負所の4コーナーで外に大きく振れるアクシデント。
これで完全に勝ち負けからは外れた感じとなりましたが最後の直線で猛然と差してきて5着。
脚色は勝ったカデナと遜色なかっただけに非常にもったいない競馬でした。
人気ところではダイワキャグニーは道中2番手の好ポジションで競馬するものの
直線でスタミナが切れて9着。
直線では逃げたマイスタイルに並びかけることすら出来ず惨敗でした。
正直なんでここまで負けたのか分かりませんがそこまで実力がなかったのかもしれません。
コマノインパルスは結果論ですが早めに動いたのが裏目にでましたね。
じっくり脚を溜めて競馬すればもう少し見せ場は作れたように思います。
ただ田辺騎手も勝ちに行った競馬をしていたので本当に強い馬だったら
こういう競馬でも結果は残せたと思います。
カデナの強さばかりが目立ったレースでしたがペース、展開、位置取りなど
全てがこの馬に向いた流れでしたのでそれでいて2着馬とは1/2馬身差の競馬なので
抜けて強いという印象はありません。
皐月賞では人気上位に支持されるでしょうがあくまでもクラシック候補の一頭という感じでしょう。
スポンサードリンク

今週の予定

今週から中山・阪神・中京の3場開催となります。
重賞レースは土曜日に中京で金鯱賞
日曜日に中山で中山牝馬ステークス、阪神でフィリーズレビューが行われます。
金鯱賞にはステファノス、ヌーヴォレコルト、ルージュバックといった実力馬がでてきますし
桜花賞トライアルのフィリーズレビューにはレーヌミノル
中山牝馬ステークスにはマジックタイム、ビッシュといった注目馬が出てきます。
しっかり予習して穴をあけそうな馬を見つけていきたいと思います。
スポンサードリンク

-レース回顧