ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

中山牝馬ステークス2017、出走予定、波乱の起きやすいレース、穴馬候補は3頭

ラジャカジャです。
今日は今週日曜に中山競馬場で行なわれる牝馬限定のハンデ戦
中山牝馬ステークス2017を見ていきたいと思います。
牝馬限定のハンデ戦というだけで荒れそうな臭いがプンプンしますが
事実このレースは波乱続きで
1番人気は過去10年で勝ったのは1度きり
逆に10番人気以下の馬が10頭も馬券に絡むなど波乱傾向がかなり高いレース
配当面に関しても三連複は過去10年で万馬券決着が8回
三連単に至っては100万馬券、200万馬券が1回ずつ飛び出すなど
荒れるときは凄まじい荒れ方をするレースでもあります。
当然今年も荒れる前提で穴馬から買いたいと思っていますが
出走予定馬や過去レースデータを吟味した上で穴馬を探して行きたいと思います。

スポンサードリンク

目次

出走予定馬
過去レースデータ
まとめ

出走予定馬

登録してきたのは全部で19頭。
馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおり。
中山牝馬ステークス2017出走予定馬
ウインファビラス 53.0 松岡正海
ウインリバティ 50.0 柴田大知
ウキヨノカゼ 55.0 田辺裕信
クインズミラーグロ52.0 柴山雄一
サンソヴール 52.0 津村明秀
シャルール 54.0 横山典弘
タッチングスピーチ55.0 未定
デニムアンドルビー55.5 A.シュタルケ
トーセンビクトリー53.0 武豊
ヌーヴォレコルト 56.5 未定
ハピネスダンサー 52.0 内田博幸
パールコード 55.0 川田将雅
ビッシュ  55.0 戸崎圭太
ヒルノマテーラ 54.0 岩田康誠
プリメラアスール 51.0 石川裕紀人
フロンテアクイーン53.0 北村宏司
マジックタイム 56.0 C.ルメール
メイショウマンボ 54.0 柴田善臣
リーサルウェポン 49.0 木幡巧也

登録馬の中で有力馬の一頭でしたヌーヴォレコルトはこちらではなく金鯱賞へ出走。
トップハンデはマジックタイムで56.0kg
最軽量はリーサルウェポンで49.0kg
実績ではGI3勝のメイショウマンボかもしれませんがこの馬はもう終わっているので
事実上の実績最上位馬はマジックタイムでしょう。
これまで重賞2勝はいずれも中山コース。
光るのは昨年のダービー卿CTでロゴタイプ、サトノアラジンといった
牡馬の一戦級に勝っている事。
まだまだ先を狙える馬だと思いますが残念ながら今回がラストラン。
ほとんど1600m戦でしか使われていませんので200mの距離延長がどうかですが
中山は重賞2勝もしている得意なコースですし
トップハンデでもこのメンバーならば負けられないでしょう。
勝って有終の美を飾りたいところ。

これに次ぐ人気となりそうなのがパールコード
昨年の秋華賞2着、続くエリザベス女王杯でも4着と好走が続いています。
ただ有力馬の参戦が少ない中での結果でしたので
この成績を額面通りに取ってしまうのは少々危険な気もします。
ここで強い勝ち方が出来れば本物かもしれませんが
ここはあまり買いたい気が起きません。
もちろんヒモでは押えないといけないでしょうが
できれば消したいくらいの馬。

その次に支持されそうなのがビッシュ
昨年の秋華賞で1番人気に支持されらがら10着に敗退。
追い切りではいい動きを見せていただけに何故?という感じでしたが
初の関西への輸送が応えたのかもしれません。
その後果敢にもGIジャパンカップへ挑むもブービーの16着に惨敗。
今回が仕切り直しの一戦となりますが今回は輸送の心配はないですし
中山コースは2戦2勝と相性抜群。
ここで勝ちきるだけの力は秘めている馬。
人気上位の馬では1番魅力を感じる馬。

トーセンビクトリー
2走前に1600万を勝ちあがったばかりの馬で
格下感は否めないですが3歳時にはローズSで
タッチングスピーチ、ミッキークイーンに次ぐ3着と重賞で好走した実績があります。
今回は7戦ぶりに武豊騎手が手綱を取ります。
この馬にはこれまで7回騎乗して5回馬券に絡んでいて相性は良い。
トゥザグローリー、トゥザワールドといった重賞勝ちのある兄2頭に追いつくためにも
ここを勝って存在感を見せたい。

デニムアンドルビー
前走は何故かダートのGIフェブラリーSに出走。
シンガリ負けを喫するなど屈辱を味わいましたが
今回は芝に戻って仕切り直しの一戦。
過去ジャパンカップや宝塚記念で2着した実績を考えれば
ここは勝ってもおかしくない。
中山コースに良績がないですが差しが向く展開になれば
この馬は必ず馬券圏内に持ってきそうな雰囲気を感じます。

他にも重賞で好走歴があるシャルール
前走愛知杯3着のクインズミラーグロ
前走休み明けで快勝したフロンテアクイーンなども十分上位争い可能。
やはり今年もひと波乱ありそうな予感がします。
スポンサードリンク

過去レースデータ

過去10年のレースデータから馬券のヒントになりそうな
好走率の高いデータを見つけ狙える穴馬はどれか?
探してみたいと思います。
前走5着以下
前走の着順別成績を調べると
前走5着以下だった馬が8勝2着6回3着6回
頻繁に馬券に絡んでいることが分かりました。
昨年は1着馬~3着馬がそうでしたし過去10年で8回馬券に絡んでいますので
軸馬は前走5着以下だった馬から選ぶのがベター。
因みに前走1、2着だった馬からは勝ち馬は出ていません。
前走着順別成績(過去10年) 着別度数
前走1着 0- 2- 1-18/21
前走2着 0- 2- 0- 7/ 9
前走3着 2- 0- 2- 7/11
前走4着 0- 1- 0- 2/ 3
前走5着以下 8- 6- 6- 96/115
・前走も牝馬限定戦だった馬
前走のクラス別成績を調べて見ますと
前走でOP特別以上のレースに出走していた馬が
9勝2着6回3着8回とかなりの高い数字です。
中でも前走GⅢだった馬が6勝2着5回3着5回と頻繁に馬券にからんでいます。
それと面白いのは前走も牝馬限定のレースに出走していた馬が
7勝2着3回3着7回と好走している事。
前走も牝馬限定のレースに出ていて今回巻き返してくるというパターンがねらい目か。
前走クラス成績(過去10年) 着別度数
1000万下 0- 0- 0- 5/ 5
1600万下 1- 4- 1- 21/ 27
OPEN特別 1- 0- 1- 17/ 19
GⅢ 6- 5- 5- 62/ 78
GⅡ 1- 0- 1- 5/ 7
GⅠ 1- 1- 1- 16/ 19
牝馬限定戦 7- 3- 7- 74/ 91
・基本は逃げ・先行有利
脚質別に見ると過去10年で逃げ馬は3頭馬券に絡んでいて
上がり3Fの時計でメンバー最速をマークした馬が馬券に絡んだのは5頭だけなので
基本的には逃げ・先行有利と考えていいでしょう。
中山1800mはスタートと最後の直線の2度急坂を登るコースで
直線も短いので多頭数の場合は外枠は不利。
・中山芝1800mが得意な産駒は?
過去3年の中山芝1800mの種牡馬別成績を調べると好走している産駒は
ディープインパクト
ステイゴールド
マンハッタンカフェ
出走数は少ないものの
ロージズインメイ
ローエングリン
フジキセキも好走率は高いです。

まとめ

データ的に見ると
ウインファビラス、ヒルノマテーラ、リーサルウェポンあたりが面白そう。
どれも人気薄だろうし3頭とも重賞で好走した過去があるので妙味はありそう。
後は追い切りの動きと枠順、実際のオッズなどをみた上で判断したい。
スポンサードリンク

-重賞展望