ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

金鯱賞2017、追い切り、ステファノス、ルージュバックは好仕上がり

ラジャカジャです。
今日は土曜・中京で行なわれる金鯱賞2017に出走する馬の
追い切り診断をしていきたいと思います。
抜けた存在の馬がいなくて頭数もフルゲートの16頭。
当然状態の良し悪しが結果に表れるでしょうから
そのあたり追い切りでしっかり見極めていきたいと思います。

またリアファルですが8日の追い切り後に歩様が乱れた為
出走回避することになりました。
出てくれば買おうと思っていたのでちょっとアテが外れました。


スポンサードリンク

目次

追い切り診断
まとめ

追い切り診断

ヤマカツエース
最終追い栗東CW6F81.9-11.7
単走追い。
時計も優秀ですし調教VTRで動きを見ても
安定感があって力強さも感じる走り。
休み明けを感じないくらいの素晴らしい仕上げだと思います。
ステファノス
最終追い栗東CW6F77.8-12.1
単走追い。
6Fで77秒8というのはかなり速い時計。
これだけでも状態の良さがうかがい知れます。
VTRで見てもストライドの伸びたしっかりしたフォームで駆けており、
ラストの伸びも申し分なしといったところ。
プロディガルサン
最終追い美浦南W5F67.2-12.2
単走追い。
道中は手前を2度、3度替えたりして走りに集中していない感じでしたが
鞍乗が気合いを入れると馬もギアチェンジしたかのようにスピードアップ。
リラックスした中好調さも感じられる追い切りでした。
1度叩かれての上積みもあるでしょうし、
このメンバー相手にどこまでやれるのかと言う楽しみも感じます。
ルージュバック
最終追い美浦南W4F50.6-12.4
3走併せ1馬身半先着。
時計面に関してはいう事なし。
ラスト12秒4というのも美浦のコースではかなり速い。
VTRを見ても素晴らしいストライドの伸びで好調そのもの。
正直追い切りだけを見れば「凡走するはずがない」と断言できるほどの動きだと感じます。
スポンサードリンク

サトノノブレス
最終追い栗東CW4F53.8-12.0
3頭併せ1馬身半先着。
時計はそこまで良くはないですが併せでしっかり先着しましたし
まずまずの状態で来ていると思います。
ヌーヴォレコルト
最終追い美浦南W5F68.1-13.3
単走追い。
馬なり調教でしたがVTRを見るとゴール板を過ぎてから強めに追われているので
それなりに負荷をかけた内容だったと思います。
動き自体も安定感ある走りで好調さは十分感じられる内容。
ただ前走の追い切りでも同じような感じで凡走したので
力が落ちてきたと考えられないこともない。
タッチングスピーチ
最終追い栗東坂路4F53.2-12.3
2頭併せ併入。
時計はそこまで速くはないですが最後まで加速ラップを踏めていましたし
VTRで見ても状態にブレのないいい動きをしていましたので
状態は前走より間違いなく上でしょう。
追い込み一辺倒の脚質でメンツも強力ですから
どこまでやれるのかという部分はありますが
状態に関してはかなり良いと感じます。
パドルウィール
最終追い栗東CW6F79.0-12.3
単走追い。
時計は優秀ですがステッキを入れて目一杯追われてのタイムなので
これくらいは出て当たり前でしょう。
状態が良いか悪いかといわれれば良いと思いますが
VTRで見ても素軽さはあまり感じられなかったので万全と出来とも言えないでしょう。
ヒストリカル
最終追い栗東坂路4F51.2-12.7
2頭併せ併入。
全体時計51秒2は速い時計ですがその分ラストが落ちているので
素晴らしく良いという出来ではないでしょう。
VTRで見ても馬体が右を向いている感じで最後は見せムチを使って
何とか併入したという内容ですので
状態としては前走から上積みがあるようには感じません。

まとめ

順番をつけるなら
ステファノス
ルージュバック
タッチングスピーチ
ヤマカツエース
ヌーヴォレコルト
プロディガルサンといった感じでしょうか。
人気を集めそうな馬がみな好内容だったので
そんなに荒れないレースのようにも感じてきました。
その中で状態を立て直して来た節があるタッチングスピーチは
今回の出来ならば期待してもいいかもしれません。
後ろから行く馬なので差し届かずというシーンは大いにありますが
人気もなさそうですし鞍乗もルメール騎手に戻りましたので
期待してみてもいいかなと思います。
本命にするかはまだ決めかねていますが。
スポンサードリンク

-重賞展望