ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

フラワーカップ2017、出走予定、ファンディーナ3連勝なるか?

ラジャカジャです。
今日は20日(月)に中山競馬場で行なわれる3歳牝馬限定の重賞
フラワーカップ2017を見ていきたいと思います。

と、その前に昨日見た野球のWBC「日本vsイスラエル」の話。
前半は息を飲むような投手戦で打線が繋がらず歯がゆい展開でした。
しかし6回に4番筒香の目の覚めるような豪快なホームランが飛び出し先制点。
その後打線が面白いように繋がり打者10人の猛攻で一挙5点を取りました。
その後も追加点を挙げ終わってみれば8-3で勝利。
5戦全勝で決勝ラウンド進出が決定しました。
最後牧田が3失点したのは見方の大量点で油断したからでしょう。
ちょっとでも隙を見せたら3点くらい簡単に点を取られるのが国際大会。
そういう意味では最後失点したのはいい薬になったと思います。
攻撃力に関してはこれまでの日本代表の中でもNO1だと思いますし
投手陣もみなコントロールがよくて層が厚いので決勝ラウンドへいっても大量失点することはないと思います。
カギは打線がどこまで点を取れるかでしょう。
アメリカ、ドミニカ、プエルコリコ、ベネズエラといずれも
現役バリバリのメジャーリーガーをズラリと揃えてきているので
どこと当たっても勝つのは至難の技ですが
「日本の野球こそ世界一」ということを証明してほしいですね。
ただ準決勝、決勝とも平日の10時から試合なので仕事があるので
生でTV観戦できないのが残念・・・


スポンサードリンク

目次

出走予定馬
まとめ

出走予定馬

登録してきたのは地方所属馬を含めて15頭。
馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおり。
フラワーカップ2017 出走予定馬ウインシャトレーヌ54.0 吉田隼人
エバープリンセス 54.0 吉田豊
コーラルプリンセス54.0 戸崎圭太
サクレエクスプレス54.0 大野拓弥
サンティール 54.0 津村明秀
シーズララバイ 54.0 柴田善臣
デアレガーロ 54.0 C.ルメール
ディーパワンサ 54.0 内田博幸
ドロウアカード 54.0 武豊
トーホウアイレス 54.0 蛯名正義
ハナレイムーン 54.0 A.シュタルケ
ファンディーナ 54.0 岩田康誠
ブライトムーン 54.0 田辺裕信
モリトシラユリ 54.0 江田照男
地方競馬所属
ヴィーナスアロー 54.0 吉原寛人

以下人気上位になりそうな馬の解説をしていきます。

ファンディーナ
ディープインパクト産駒 2戦2勝
新馬戦は直線持ったままで9馬身差の圧勝。
2戦目つばき賞は前から3番手の位置で競馬、
残り200mから追い出すとあっという間に前を捕らえ
最後は流して1着と2戦とも余力を残した勝ち方でかなりの大物感が漂う馬
ここも圧勝するようなら一気に注目度もアップして
ソウルスターリング、アドマイヤミヤビの強力なライバルとなりそう。

ディーパワンサ
ディープブリランテ産駒 4戦2勝
新馬→OP特別と連勝した後はデイリー杯2歳S、阪神JFともに4着と
馬券圏外になってしまいましたが競馬ぶりは悪くありませんでした。
デイリー杯2歳Sは最後の最後で伸びて来て勢い的には2着くらいにまで上がれそうな感じでしたし
阪神JFも勝ったソウルスターリングは別として
2、3着馬とは展開やコース取りの差が出た感じで力差は感じない走りでした。
まあファンディーナがどれほどのものか分かりませんが
実績でいえばこの馬が最上位ですから
当然勝ち負けに加わってくるでしょう。

ハナレイムーン
ディープインパクト産駒 2戦1勝
前走のクィーンカップは勝ち馬アドマイヤミヤビから0秒6離されての5着。
ただこの時はメンバーがかなり強力でしたのでこの結果も止む無し。
直線追ってからも最後まで伸びていたので競馬ぶりは悪くなかったです。
中山コースに替わって新味がでるかも知れません。

デアレガーロ
マンハッタンカフェ産駒 2戦2勝
新馬戦は逃げて3馬身差の圧勝。
前走の500万では3番手で競馬し直線坂を登ったところで
先に抜け出したミッシングリンクをクビ差捕らえて勝利。
スタートが上手い馬で前走では勝負根性のあるところも見せました。
今回も好勝負必死でしょう。
スポンサードリンク

モリトシラユリ
クロフネ産駒 6戦1勝
前走のクィーンカップでは直線でハナレイムーンと並ぶような位置にいて
あっさり突き離されてしまったのでここでは1枚実力は落ちるかも。
ただフェアリーステークスでは最後良い脚使って伸びてきたので
中山コースに替わっての伸びシロはあるあもしれない。

コーラルプリンセス
クロフネ産駒 4戦2勝
前走のフェアリーステークスは直線の勝負ところで外にいたキャスパリーグと接触。
その後立て直して追い込むも8着という結果でした。
赤松賞では直線での叩き合いを制するなど追って味のある競馬をしていましたし
前走のように内枠からの競馬だと厳しいですが
うまく外に回してスムーズな競馬が出来れば巻き返してくるチャンスがありそう。

トーホウアイレス
ハーツクライ産駒 4戦2勝
この馬も前走のクイーンカップでは見せ場なく9着に惨敗しましたが
中山で行われたサフラン賞では良い脚を使ってアエロリットに勝っていますので
コース替わりで変わってくる可能性はあるでしょう。

まとめ

人気上位になりそうな馬をざっと見ていきましたが
何となくファンディーナがポテンシャルの高さを発揮して勝ちそうな予感がします。
ディーパワンサはここでも3、4着という感じがしますので
ねらい目は先行できる脚質で中山適性が高そうなデアレガーロがいいと思います。
穴っぽいところでは前走全く良さが出なかったコーラルプリンセスの巻き返しに期待したい。
スポンサードリンク

-重賞展望