ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

大阪杯2017、出走予定、キタサンブラックが最有力も敵は目に見えない○○

ラジャカジャです。
さっそく今日から大阪杯2017について書いていきたいと思います。
今週はJRAの重賞レースは2つしかないので
この大阪杯については今日と明日の2日間かけてじっくり考察していきたいと思います。
まず今日は人気上位になりそうな有力馬について個人的見解を述べていきたいと思います。


通天閣と新世界

スポンサードリンク

目次

出走予定馬
まとめ

出走予定馬

登録馬は全部で15頭
馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおり
大阪杯2017出走予定馬アングライフェン 57.0 岩田康誠
アンビシャス 57.0 福永祐一
キタサンブラック 57.0 武豊
サクラアンプルール57.0 横山典弘
サトノクラウン 57.0 M.デムーロ
スズカデヴィアス 57.0 藤岡佑介
ステファノス 57.0 川田将雅
ディサイファ 57.0 四位洋文
ディーマジェスティ57.0 未定
マカヒキ      57.0 C.ルメール
マルターズアポジー57.0 武士沢友治
ミッキーロケット 57.0 和田竜二
モンドインテロ 57.0 内田博幸
ヤマカツエース 57.0 池添謙一
ロードヴァンドール57.0 太宰啓介

キタサンブラック
実績を考えるとここでこの馬が馬券圏外になることは考え難い。
基本は逃げのスタイルですが「何が何でも逃げる」というタイプではないし
今回はマルターズアポジー、ロードヴァンドールといった逃げ馬がいるので
3番手での競馬になりそう。
もはや距離がどうとか休み明けがどうとか言うレベルの馬ではないし
油断さえしなければこの馬が初代チャンピオンになる可能性が最も高そう
マカヒキ
昨年のダービーでサトノダイヤモンドに勝ったことは評価できるものの
その後のレースはらしくない姿が続いています。
凱旋門賞の前哨戦だったニエル賞は勝ちはしたものの
追ってからいつもの伸びがあまり見られず格下相手に差のない競馬でした。
そして本番だった凱旋門賞は後方待機策をとって末脚を活かす競馬を試みましたが
直線は全く伸びず14着に大敗。
そして前走の京都記念でも直線で伸びあぐね3着という結果。
ダービー馬としての輝きが大分失われた感じがしますが
凱旋門賞は「洋芝が合わなかった
前走の京都記念は「重たい馬場で良さが出なかった」といういい訳はまだできます。
ただ今回に関してはひと叩きされて状態もアップしているでしょうから
負ければいい訳はもうできないでしょう。
サトノクラウン
これまでGIではダービーで3着した実績はありましたが
大敗もしたりと成績にムラがあったため
GIではちょっと能力が足りない馬という評価でした。
それが昨年暮れの香港ヴァースで大方の予想を覆しての勝利。
続く京都記念ではマカヒキを撃破して俄然有力馬の1頭にのし上がってきました。
先行できる脚質ですからキタサンブラックをマークして早めに並びかける競馬をすれば
今の勢いからすれば十分太刀打ちできると思います。
鞍乗にM・デムーロ騎手というのもここで1発やりそうな感じもしますし要注意でしょう。
スポンサードリンク

ヤマカツエース
これまではGIに出ても馬券に絡めず人気薄でしかなかった同馬ですが
今回は有力馬の1頭に加えられそう。
昨年暮れの有馬記念で4着と好走したのが相当自信になったようで
前走の金鯱賞はプロディガルサン、ステファノス、ルージュバックといった面々に
力の差を見せ付けての勝利でした。
今回はGIだけにレベルも高くなりますが十分に上位争いできる力をつけたと思います。
アンビシャス
昨年のこのレースの勝ち馬。
キタサンブラックに土をつける殊勲の勝利を挙げました。
その後はどこまで活躍するかと随分期待されましたがGIはおろか重賞さえ勝てずに終わりました。
ただ前走は完全に脚を余しての4着で人気を裏切りましたが
大阪杯に向けての試運転になったかなと好意的に思っています。
今回は人気も多少落ちるでしょうから配当的妙味ありそうなので狙ってみたい気はすごくします。
ミッキーロケット
昨年の神戸新聞杯ではサトノダイヤモンドにクビ差まで迫っての2着。
菊花賞こそ5着と敗れましたが2走前の日経新春杯ではシャケトラとの激しい叩き合いをハナ差制しての勝利。
前走の京都記念は上がり3Fはメンバー最速時計を出すものの
位置取りが後ろ過ぎて差し届かずの4着でした。
(正直これは和田騎手の騎乗ミスだと思います)
前走の負けで今回人気を落としそうですがサトノダイヤモンドとあの差で競馬したことを考えると
実力的にはキタサンブラックとかなりいい勝負になるのでは?と感じています。
ステファノス
昨年は天皇賞・秋3着、香港カップ3着とGIで見せ場たっぷりの競馬をしました。
それだけに前走の金鯱賞は6着と物足りない結果でしたが
休み明けで追ってからの反応が今ひとつでした。
ただ最後は差を詰めて来ているので次走に向けて期待感もてる走りでした。
この馬もベストは2000mでしょうしここで巻き返してくる可能性は十分あるでしょう。

まとめ

有力馬をざっと解説してみましたが
やはり馬券の中心は普通に考えればキタサンブラックでいいでと思います。
スタミナと勝負根性は現役馬の中でもトップクラス。
どんな展開であっても馬券圏外になるというのはちょっと考えられないです。
ただここまでずっとトップ戦線で好走し続けている馬ですので
目に見えない精神的なストレス、蓄積した疲労というのはあると思います。
それがもし表に出たときに意外な凡走をする可能性があるかもしれません。
馬も生き物ですからどんなに強い馬でもピークというのはあります。
そうなった場合くらいしか正直この馬が凡走するケースは見出せないのですが
その時に台頭してくるのがマカヒキ、サトノクラウン、ミッキーロケットかなと思います。
馬券はおそらくキタサンブラック中心でいくと思いますが
上記の3頭が買つバージョンの馬券も押えたいと思っています。
スポンサードリンク

-重賞展望