ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

天皇賞(秋)2019、追い切り診断&予想

ラジャカジャです。

今日は天皇賞(秋)2019、追い切り診断&予想をしていきたいと思います。

先週の菊花賞はヴェロックス本命で1,2着馬もしっかり相手に押さえていたのに
馬券は外れるという相変わらずの馬券ベタを披露してしまいました。
まあ競馬で1番難しいのが馬券の買い方だと思うので
そこについてはこれからも考えていかないといけないですね。

今日の天皇賞についても追い切り診断から馬券的妙味のある馬をチョイスしていき
馬券的中につなげられたらと思います。


スポンサードリンク

天皇賞(秋) 追い切り診断

1枠1番 カデナ
栗東坂路での単走追い。
しっかり負荷をかけた追い切りをしていて
脚元の踏み込みは力強くバランスもまずまず。
ただ最後は少しバテテいたか。

1枠2番 アーモンドアイ
美浦南Wでの3頭併せ
終始馬なりでゴール時にクビ差先着
余力残しという感じの追い切りでしたが
動きは素軽く力感もあって状態も良さそう。
安田記念以来のレースになりますが太い印象もなく
その時と遜色ないくらいの出来と思います。

2枠3番 ケイアイノーテック
栗東坂路での単走追い。
非常に活気のある走りで脚元の踏み込みも力強い。
休み明けを一回叩いて良化した印象。
ただ頭の位置は高めでストライドの伸びは平凡。

2枠4番 スワーヴリチャード
栗東CWでの3頭併せ。
反応良く余裕をもって2頭に先着。
馬体のバランスは良いがストライドの伸びはそこまで感じず。
ただリラックスした走りを見せていたので馬の状態は良さそう。

3枠5番 アエロリット
美浦南Wでの単走追い。
ストライドの伸びはあったが全体的に緩慢な印象。
前走は休み明けで余力残しの仕上げに見えたので
それからすれば今回の方が仕上がっているとは思う。

3枠6番 ユーキャンスマイル
栗東芝コースでの2頭併せ
終い軽く追って1馬身先着。
ストライドの伸びはいまいちだったが安定感のある走りで
最後まで集中して走れていた。
まずまず良い状態。

4枠7番 スティッフェリオ
栗東坂路での2頭併せ
中盤から追い出して1馬身先着してゴール
着地ポイントがたびたび乱れていて安定感はイマイチ
ただ覇気は感じられ状態は悪くないと感じる。

4枠8番 マカヒキ
栗東坂路での単走追い。
終始馬なりで4F51秒4-12秒7の好時計をマーク
テンポの良い走りで活気もあって悪くない。

5枠9番 ダノンプレミアム
栗東CWでの2頭併せで直線追い出すとあっという間に突き放して大きく先着。
ストライドの伸びは十分あり迫力ある動き。
一方で首の動きがアンバランスで安定感はそこまで良いと思わない。
前走安田記念はスタート直後にぶつけられる不利がありレース直後に騎手が下馬するなど
馬体へのアクシデントがあるような素振りがあったが
調教VTRをみる限りは影響はなさそう。
中間の乗り込み量も豊富で状態はよさそう。

5枠10番 サートゥルナーリア
栗東CWでの単走追い。
終始馬なりでしたがストライドの伸びは申し分なく
馬体にブレはなく非常にバランスの良い走り。
前で他厩舎の馬が併せ馬をやっていた影響で
進路を変える時に手前を変えたのがやや気になったが
状態面で考えれば文句なしにA評価。

6枠11番 ゴーフォザサミット
栗東南Wでの3頭併せ
しっかり折り合いをつけてじっくり併せ馬をした後に
前に出てアタマ差先着してゴール。
陣営の思惑通りの追い切りは出来たと思うし
状態も悪くなさそう。

6枠12番 ドレッドノータス
栗東坂路での併せ馬で1馬身半の遅れ。
併せた馬がフラフラしていたせいもあるが
あまり馬に活気が感じられず淡々とした印象の走り。

7枠13番 ランフォザローゼス
美浦南Wでの3頭併せでアタマ差遅れで2番手で入線。
折り合い重視の調教で遅れは問題ない。
ただ特にインパクトの感じる走りでもなく
可もなく不可もなくといった印象。

7枠14番 ワグネリアン
栗東坂路での単走追い
脚元の踏み込みは力強いがやや固さを感じる動き。
後半はリラックスして走れていたが
状態は平行線と言う感じ。

8枠15番 ウインブライト
美浦南Wでの3頭併せ
ゴール時で2馬身ほどの遅れでゴール後も追って交わすところまでやっていた。
追ってからの反応は鈍く加速するのに時間がかかっていた印象。
加速してからの動きは良く見えた。

8枠16番 アルアイン
栗東坂路での併せ馬
ステッキを使って目一杯に追って1馬身先着
力強い走りでしたが動きは鈍い印象。

状態が明らかに良いなと感じるのはアーモンドアイ 、サートゥルナーリアの2頭
それ以外ではケイアイノーテック、スワーヴリチャード、アエロリットあたりは上積みが感じられる動き。
ダノンプレミアム、ワグネリアンは悪くはないけど今回がベストかというと「?」が付く印象の動き。
それ以外は可もなく不可もなくといった印象。
スポンサードリンク

「予想」東京11R 天皇賞(秋)

軸馬 アーモンドアイ

朝10時の段階で人気はアーモンドアイが単勝オッズ1.7倍で圧倒的1番人気
以下サートゥルナーリア(4.1倍)、ダノンプレミアム(8.6倍)と続きここまでが単勝一桁台のオッズ。

現役最強馬アーモンドアイに3歳馬サートゥルナーリアが挑む構図で
アーモンドアイが勝ってその強さを改めて示すのか?
それともサートゥルナーリアが新たな歴史を作るのか?
はたまたその間に割ってはいる馬がいるか?
非常に興味の尽きないレースと言えそう。

追い切り診断を踏まえた上で軸馬はアーモンドアイでいいでしょう。
実力に関しては疑いようがない実績を残していますし
前走の敗因は明らかにスタートでの接触の不利が影響してのもので
この馬の評価を下げるものではありません。

昨日の東京コースを見ても明らかに内伸びの馬場となっていたので
1枠2番というのは願ってもない枠順でしょう。
馬場も明日は晴れて更に良化していくでしょうから
スタートさえ気をつければ最も勝つ可能性が高いと感じます。

相手にはアエロリット、ユーキャンスマイルの2頭を重視したい。
展開を考えるとアエロリットがマイペースの逃げが濃厚。
かなり緩みのない流れで逃げるのでこの馬に絡んでくる馬はいないでしょうし
今回も自分の競馬に徹してどこまで粘れるか?という競馬になると思います。
前走の毎日王冠にしても直線でインディチャンプに一旦は交わされたものの
その後差し返して2着に粘る等スタミナがある事も見せてくれましたので
距離2000mでも十分好走可能と思います。

ユーキャンスマイルに関してはしばらく長距離レースばかり使っていましたが
前走2000mを使って1分57秒5の時計を出して快勝。
ひょっとしたらこの距離が最も得意な馬なのでは?と考え改める必要がありそうですし
左回りのコースも3戦3勝と得意にしているので
穴馬としての妙味は十分あると感じます。

それ以外ではサートゥルナーリア、ダノンプレミアム、ワグネリアン、スワーヴリチャードまで押さえたい。
買い目
馬連流し
2-4,5,6,9,14(5点)
三連複フォメ
2-5,6-4,5,6,9,10,14(9点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断