ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望 騎手

重賞レース追い切り診断、今週の注目馬、今週狙い目の騎手は?

2017/04/22

ラジャカジャです。
今日は今週行なわれる重賞レースに出走する馬の追い切り診断
重賞レース以外のレースで注目してみたい馬
今週狙ってみたい騎手について書いてみたいと思います。

その前に競馬小話
先週中山グランドジャンプを制したオジュウチョウサンですが
右脚を剥離骨折していることが判明し昨日手術をしたそうです。
全治は不明とのことですので暮れの中山大障害に出てこれるかは微妙ですが
まだ6歳ですし、しっかり傷を治してまた復帰してきてほしいです。

2015年3着、2016年2着と天皇賞・春で好走しているカレンミロティック
今年も当然出走する予定でいましたが1週前追い切りのあと
蹄に傷が出来てしまい回避することが決まりました。
(残念!)

2014年の阪神JFを制したショウナンアデラですが引退、繁殖入りすることが決まったそうです。
3連勝で阪神JFを制しその年の2歳女王に輝きましたが
その後2度の骨折を発症しレースに復帰するまでに1年5ヶ月を擁しました。
ただ復帰後はかつての豪快な末脚は影を潜め
復帰3戦目となった4月のダービー卿CT(16着)がラストランとなりました。
まさに栄光と挫折の入り混じった競走馬人生でした。

今週はちょっと残念なニュースが続きました。

プレイバック動画
2012年ジャパンカップ
馬主席からの個人撮影



やっぱり馬主席だけあって眺望がすばらしいですね。
これだけ引いた画面でのレース映像は見た事がなかったです。
この時はビートブラックが大逃げを打って場内がどよめきましたが
最後の直線では先に抜け出したオルフェーヴルをジェンティルドンナが猛追し、
最後はハナ差でジェンティルドンナが勝利するという競馬史上に残る名レースでした。
当時の興奮が甦ってきますね。


スポンサードリンク

目次

追い切り診断
今週の注目馬
今週の狙える騎手

追い切り診断

1週前、最終追い切りの時計や調教映像を見て
今回上積みがありそうな馬、好調そうな馬をピックアップしていきたいと思います。
マイラーズカップ
A評価4頭
プロディガルサン
イスラボニータ
ダッシングブレイズ
ブラックスピネル
B評価
クルーガー
フィエロ
ヤングマンパワー
C評価
アクションスター
エアスピネル
サンライズメジャー
シェルビー

特にプロディガルサンとイスラボニータは走りに躍動感があって
惚れ惚れするような動きでした。
逆にエアスピネルは動きに覇気がないように感じられ
あまり良くは見えませんでした。

フローラステークス
A評価5頭
ビルズトレジャー
ヤマカツグレース
ニシノアモーレ
ピスカデーラ
キャナルストリート
B評価
アドマイヤローザ
ザクイーン
ディーパワンサ
ドリームマジック
フローレスマジック
ホウオウパフューム
ラユロット
レッドコルディス
レッドミラベル
C評価
アロンザモナ
タガノアスワド
ブラックスビーチ
メイショウササユリ
モズカッチャン

特にビルズトレジャー、ヤマカツグレース、ニシノアモーレの3頭は
動きも素軽く状態はかなりいいのでは?と感じるほどでした。
他フローレスマジック、ホウオウパフュームも悪くはありませんでした。
逆に不安に感じたのはタガノアスワド
走っている時のリズムはいいのですが足元がバタバタした感じで
地に脚がついていない印象。

福島牝馬ステークス
A評価5頭
ペイシャフェリス
エテルナミノル
クインズミラーグロ
ブリガアルタ
リーサルウェポン
B評価
ウインファビラス
ウエスタンレベッカ
ウキヨノカゼ
ギモーヴ
クロコスミア
ハピネスダンサー
フロンテアクイーン
ロッカフラベイビー
C評価
タマノブリュネット
デンコウアンジュ
トウカイシェーン

A評価は6頭いますがものすごく良いというワケではありません。
調教VTRを見て前走からの上積みはありそうだなという程度。
スポンサードリンク

今週の注目馬

平馬のレースを中心に
今回馬券に絡みそうな馬をピックアップしていきたいと思います。

トルシュローズ
23日(日)福島8R(ダート1150m 坂井瑠星騎乗)
ダート1150mは福島コースでのみ施行されている特殊なコース
1200mでは長く1000mではちょっと短いなと感じる馬が
狙って使われてくるケースがよくあります。
トルシュローズの近2走はまさに「あともう少し距離があれば」という競馬でした。
4コーナーの勝負ところで上手くギアチェンジできず
置いていかれるクセがあるのでそこが解消されれば既に500万は突破している器です。
京都のダート1200mでは結果を残せていないこともありますが
ここは相手関係を考えた上での福島遠征。
鞍乗の坂井 瑠星騎手もこの馬には4回騎乗して
2着2回、3着2回という成績。
本人的にもここはもう決めたいでしょう。

今週の狙える騎手

田辺騎手
今週は土曜福島で6鞍、日曜東京で9鞍の騎乗
日曜メインのフローラSでは人気上位馬のホウオウパフュームに騎乗。
これ以外にも3Rのエルドールサージュや
12Rのシュナウザーなど勝ち負けになりそうな馬に騎乗していますが
注目したいのは土曜の福島での騎乗。
メインレースの福島牝馬Sには騎乗しないのに
何故東京ではなく福島で騎乗するのか?
そこには当然星勘定できる馬がいるからでしょう。
騎乗馬のラインナップをみると9Rで騎乗するシャリオヴァルトがそれ。
現級で連続2着し500万クラスの突破はもうメドがついている状態で
田辺騎手が主戦で乗り続けている馬です。
中山で良績を残しているので東京コースよりは
コース形態が似ている福島の方が勝てると見込んでの福島遠征でしょう。
ただ特別戦でもないただの条件戦に出る馬のために
田辺騎手がわざわざ乗りに行くということは
田辺騎手自身「もう次で勝てる」と手応えを掴んでいるからだと思います。
現在43勝を挙げ全国騎手リーディング2位につけている田辺騎手
まだリーディングを意識する時期ではないですが
自身初の「年間100勝」は当然意識しているでしょうし
そのためにも勝てる馬に数多く乗る事が必須ですから
重賞がなくても勝てる馬に乗れるならローカルでも乗りに行く
今回の福島遠征はそういう心境じゃないかと思います。
スポンサードリンク

-重賞展望, 騎手