ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望 騎手

天皇賞(春)2017、枠順確定、追い切り診断、キタサン、サトノ共に動きは平凡

ラジャカジャです。
天皇賞(春)2017の枠順が確定しました。
なので今日は枠順から見た有利な馬、不利な馬を論じた後
天皇賞(春)2017の出走馬の追い切り診断
について書いていきたいと思います。


スポンサードリンク

目次

天皇賞(春)2017枠順
追い切り診断
まとめ

天皇賞(春)2017枠順

1枠1番 シャケトラ(牡4、田辺裕信)
1枠2番 ラブラドライト(セ8、酒井学)
2枠3番 キタサンブラック(牡5、武豊)
2枠4番 スピリッツミノル(牡5、幸英明)
3枠5番 ファタモルガーナ(セ9、浜中俊)
3枠6番 シュヴァルグラン(牡5、福永祐一)
4枠7番 アルバート(牡6、川田将雅)
4枠8番 タマモベストプレイ(牡7、吉田隼人)
5枠9番 ディーマジェスティ(牡4、蛯名正義)
5枠10番 アドマイヤデウス(牡6、岩田康誠)
6枠11番 プロレタリアト(牝6、杉原誠人)
6枠12番 ゴールドアクター(牡6、横山典弘)
7枠13番 トーセンバジル(牡5、四位洋文)
7枠14番 ワンアンドオンリー(牡6、和田竜二)
8枠15番 サトノダイヤモンド(牡4、C.ルメール)
8枠16番 レインボーライン(牡4、M.デムーロ)
8枠17番 ヤマカツライデン(牡5、松山弘平)
注目の枠順が発表されましたが
「2強」は明暗が分かれました。
キタサンブラックは2枠3番と今年も好枠に入りました。
ただでさえ3200mという長丁場のレースなので
少しでも内枠に入って距離ロスを最小限に抑えたいところ。
ましてや逃げ・先行タイプの馬ならばスムーズに先手を奪いにいける
内枠に是が非でも入りたいところ。
そういう意味ではキタサンブラックは文句のない枠に入ったと思います。
しかしキタサンブラックはよく内目の枠に入りますね。
逆にサトノダイヤモンド8枠15番に入りました。
8枠というと距離的なロスが他の枠と比べてあるので
不利なように感じますが過去10年で5頭が馬券に絡んでおり
連対率で見ると1枠の次に良いです。
それにサトノダイヤモンドくらいの馬になれば
枠順がどうのこうの言うレベルの馬ではないので
この枠でも難なくこなせると思います。
ただ対キタサンブラックとして考えると
キタサンブラックより多く距離を走らされるので有利とは言えないでしょう。
他1枠に入った2頭はもちろん良いと思いますし
シュヴァルグラン、アルバートも良い枠に入ったと思います。
レインボーラインは8枠に入ったので好走するには展開の助けが必要かもしれません。
ゴールドアクターの場合は枠順というより横山典騎手がどう乗るかに注目でしょう。
スポンサードリンク

追い切り診断

個人的に見て良く見えた順に評価をつけてみたいと思います。
天皇賞(春)追い切り診断
A評価6頭
シャケトラ
シュヴァルグラン
アルバート
ディーマジェスティ
ゴールドアクター
レインボーライン
6頭の中でも最も良いと感じたのはシャケトラ
現在の勢いをそのまま現したかのような迫力のある追い切りでした。
シュヴァルグランは時計は地味でしたがしっかりと負荷をかけた追い切り。
アルバート、ディーマジェスティ、ゴールドアクターも動きは良く
前走からの上積みが感じられる内容でした。
レインボーラインは軽い追いきりで時計も悪いですが
調教VTRを見る限りは安定感ある走りでしたし
フォームも素晴らしく整っていたので高評価としました。

B評価
キタサンブラック
スピリッツミノル
タマモベストプレイ
アドマイヤデウス
トーセンバジル
ワンアンドオンリー
サトノダイヤモンド
ヤマカツライデン
人気の2頭(キタサンブラック、サトノダイヤモンド)は
ともに動きは地味で前走からの上積みという点であまりないと感じ
B評価にとどめました。
悪いとも感じませんでしたが良いとも感じなかったので。
他ではトーセンバジルは毛づやが良く状態は良いのでは?と感じました。

C評価
ラブラドライト
ファタモルガーナ
プロレタリアト
ラブラドライトは前走時の追い切りでもC評価をつけて好走されてしまったので
己の見る目のなさにガッカリしましたが
今回もあまり良く見えませんでした。
なんかボーッとしてるというか覇気の感じない走りでした。

まとめ

追い切りの動きから最も推奨できるのはシャケトラです。
ただA評価にした他の馬もそれぞれ良かったので差はありません。
人気の2頭がそれほど良い動きに見えなかったので
予想する上では波乱の可能性もあるのかな?と
ちょっと期待してみたくなる追い切りの動きでした。
スポンサードリンク

-重賞展望, 騎手