ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

NHKマイルカップ2017、出走予定、混戦模様で大波乱の可能性も!?

ラジャカジャです。
今日は7日(日)に東京競馬場で行なわれる3歳マイルGI
NHKマイルカップ2017について書いていきたいと思います。
1番人気が過去10年で6勝2着1回と人気に応えるケースが多いですが
二桁人気馬も過去10年で10頭が馬券に絡むなど
ヒモ荒れする傾向があるレースです。
とりわけ今年のメンバーは実力的に抜けた存在の馬がおらず
混戦模様になっているので2013年の時のような大荒れがあるかもしれません。
(人気上位馬総崩れで三連単は100万円オーバー)
今日と明日の2日に分けてじっくり考察してみたいと思います。
今日に関してはまず有力馬についての個人的な解説をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

目次

出走予定馬
有力馬解説

出走予定馬

登録してきたのは25頭
馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおり
NHKマイルカップ2017出走予定馬
アウトライアーズ 57.0 田辺裕信
アエロリット 55.0 横山典弘
エトルディーニュ 57.0 柴山雄一
オールザゴー 57.0 内田博幸
カラクレナイ 55.0 M.デムーロ
ガンサリュート 57.0 池添謙一
キョウヘイ 57.0 高倉稜
ジョーストリクトリ57.0 武豊
シーズララバイ 55.0 未定
スズカメジャー 57.0 未定
ダイイチターミナル57.0 大野拓弥
タイセイスターリー57.0 北村宏司
タイムトリップ 57.0 戸崎圭太
ディバインコード 57.0 未定
トラスト     57.0 柴田大知
ナイトバナレット 57.0 藤岡佑介
ニシノアップルパイ57.0 未定
プラチナヴォイス 57.0 未定
ブラックオニキス 55.0 未定
ボンセルヴィーソ 57.0 松山弘平
ミスエルテ 55.0 川田将雅
メイショウオワラ 55.0 未定
モンドキャンノ 57.0 C.ルメール
リエノテソーロ 55.0 吉田隼人
レッドアンシェル 57.0 福永祐一

関東馬10頭、関西馬15頭
前走ニュージーランドトロフィー組が6頭
前走皐月賞組が3頭
前走桜花賞組が2頭
前走から騎手乗り替わりなのは
カラクレナイ(田辺→M・デムーロ)
ガンサリュート(北村友→池添)
ジョーストリクトリ(シュタルケ→武豊)
タイセイスターリー(内田博→北村宏)
タイムトリップ(田辺→戸崎)
ダイイチターミナル(松山→大野)
ナイトバナレット(中谷→藤岡祐)
モンドキャンノ(大野→ルメール)
レッドアンシェル(浜中→福永)
スポンサードリンク

有力馬解説

カラクレナイ
ローエングリン産駒 5戦3勝
勝ち鞍は全て1400m戦ですが前走桜花賞では上がり3Fは
メンバー2位タイの時計をマークして4着と好走。
1600mは問題なく対応できることを前走で証明しましたし
脚質的なことを考えても東京マイルは合いそう。
牝馬ですが過去10年で3頭が連対しているレースですし
鞍乗もM・デムーロ騎手に強化されたので
上位争いに加わってくる可能性は十分。

モンドキャンノ
キンシャサノキセキ産駒 5戦2勝
昨年の朝日杯FSで2着
京王杯2歳Sで桜花賞馬レーヌミノルに完勝しており
今回出てきているメンバーではこの馬が実績最上位でしょう。
前走のスプリングステークスで8着と敗れると皐月賞へは向かわず
距離適正を考慮してこのレースを目標に調整。
鞍乗も大野騎手からルメール騎手に大幅に強化。
勝ち負け必至でしょう。

アウトライアーズ
ヴィクトワールピサ産駒 6戦2勝
前走の皐月賞ではいい所なく敗れましたが
スプリングステークスで2着するなど実力はここでも遜色ないレベル
東京のマイル戦は初となりますが1600mは2戦して1勝2着1回と好走
東京コースも1度走って3着なので問題なくこなせると思います。

アエロリット
クロフネ産駒 5戦1勝
スタートの上手い馬で勝負根性もある馬なので凡走が少ないタイプ
前走も桜花賞で勝ち馬と0秒2差の5着と崩れていません。
東京1600mは2走前に経験済みでアドマイヤミヤビに半馬身差敗れての2着。
ただ桜花賞馬レーヌミノルやフローラステークス3着のフローレスマジックには先着
実力は3歳牝馬のトップクラスにある馬で今回も横山典騎手が継続騎乗。
この馬も上位争いは必至でしょう。

ボンセルヴィーソ
ダイワメジャー産駒 7戦1勝
4戦連続して重賞レースで3着以内を確保
1400m~1600mを中心に場所問わずに好走している
オールラウンダータイプな馬
好スタートを決めて早めに先頭に立って粘り込む競馬をしたいところ

ミスエルテ
フランケル産駒 4戦2勝
気性難でここ2戦は思い通りのレースが出来ていませんが
この馬もハマれば1発の魅力を秘めている馬。

レッドアンシェル
マンハッタンカフェ産駒 4戦2勝
前走のアーリントンカップでは勝ち馬ペルシアンナイトには完敗でしたが
前走でマイル適性があることを示しました。
叩き2戦目での上積みを考えればこの馬も上位争いは十分に可能。

今日のところはここまで続きは明日やります。
スポンサードリンク

-重賞展望