ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

レース回顧

ヴィクトリアマイル2017、大波乱!アドマイヤリードが一気にGIを制覇!

ラジャカジャです。
昨日行われたヴィクトリアマイル2017のレース回顧
今週の予定を書いていきたいと思います。
その前に先週日曜日のブログ予想ですが3戦全敗でした。
ブログ予想が全て外れたのは久しぶりですね。

ただ惜しい予想もあって
京都11Rの栗東Sはラテンロックが3着以内に残っていれば
三連複は万馬券で的中だったのですが
ゴール手前で4着に落ちてしまい不的中

ヴィクトリアマイルも
本命馬スマートレイアーが直線で頑張っていて
相手の一頭であるクイーンズリングが内から伸びて来て
外からは大穴でヒモに選んでいたデンコウアンジュが伸びてきた時には
正直「やった!」と思いました。
その直後にアドマイヤリードが間をこじ開けるように伸びて来て
三連複は外したと分かりましたが
デンコウアンジュからワイドを買っていたので
3着にスマートレイアーが残っていれば的中だったのですが
最後の最後でジュールポレールに差されてしまい万事休すでした。

せっかく穴馬でチョイスしたデンコウアンジュが来ているのに
馬券を外してしまいかなり悔しい結果・・・

正直今年はメンバー的にそんなに荒れないかなと思っていましたが
やっぱりやってみないと分からないものですね。
そしてつくづく競馬は面白いなと思いました。

スポンサードリンク

目次

レース回顧 ヴィクトリアマイル2017
今週の予定

レース回顧 ヴィクトリアマイル2017

勝ったのは6番人気アドマイヤリードでした。
スタートを無難に決めると中段で内ラチに沿って折り合い競馬。
直線は馬場の真ん中を通って追うタイミングを計っていましたが
最後は前を走っていたソルヴェイグとスマートレイアーの間を
強引にこじ開けるようにして割って来て伸び1着。
正直「こんなに強かったっけ?」と思ってしまうほどの完勝でした。
追いきりでは動きがとてもよく診断でA評価にしてた馬でした。
ただ馬格がなくて輸送がダメなっじゃかないかな?と思っていて
当日の馬体重も4kgだけですがマイナスだったので
安易に切ってしまいました。
これは猛省しないといけません。
しかしこのメンバー相手にこれだけの勝ち方のしたのだから
この馬の今後は楽しみですね。
アドマイヤのオーナーがGI勝ったのも久々な気がしますし。

2着に来たデンコウアンジュは前走の福島記念は鞍乗の早仕掛けで
最後伸びあぐねましたがそれでも4着と粘っていたので
今回しっかり溜めて乗れば最後は伸びるだろうし面白いなと思っていました。
鞍乗の蛯名騎手というのも穴を開けそうでしたし
これは狙い通りだったのですが・・・

3着に来たジュールポレールも持っている力を全て出したという感じです。
先行できる脚質で重馬場でも問題なく走れる馬でしたので
前残りがあるかな?と思っていましたが逆に差してきての3着ですから
ポテンシャルの高さを改めて感じました。

4着に来たのはスマートレイアー
人気上位馬の中では1番理想に近い競馬ができていたと思います。
それだけに馬券にすら絡めなかったのは
この馬の運のなさというかこれが実力なんだと思います。

5着には逃げたソルヴェイグ
スマートレイアーが逃げなければこの馬が行くだろうとは思っていました。
1200m~1400mで好走しているので1600mは少し長いかなと思いましたが
直線も良い所まで粘っていましたし想像していたほど距離がダメという感じじゃなかったです。
ただ最後バテテしまったのでベストは1400mだろうと思います。

6着にはクイーンズリング
4コーナーで内からスルスルと伸びて来て
直線ではスマートレイアーと並ぶような位置で走っていましたので
これは伸びてくるか?と思いましたが意外と伸びませんでした。
もう少しやれると思ったのですが

他、人気ところでは2番人気で10着、3番人気で11着と負けた
ルージュバック、レッツゴードンキは掛かってしまって折り合いがついていませんでした。
特にルージュバックはもう別馬のような感じになってしまって
今後は厳しいのでは?と思います。
スポンサードリンク

ミッキークイーンは何故負けたのか?

単勝オッズ1.9倍の断然の1番人気に支持されたミッキークイーンですが
直線全く伸びず7着と惨敗しました。
これまでのキャリアの中で馬券に絡めなかったのは
2015年ジャパンカップと昨年の有馬記念だけ。
牝馬限定のGIレースでは必ず3着以内に来ていた安定感抜群の持ち主だけに
この結果は予想外でした。
馬場状態はやや重でしたがそれまでの芝レースを見ますと
差しも届いていましたし、この馬自身馬場状態に関係なく走れる馬なので
まず馬場は関係ないでしょう。
唯一の不安と言ってよかったスタートも綺麗に決めて
中段の外目で折り合っていましたから
これなら大丈夫かなと思って見ていました。
直線に向くと馬場の良い外に馬を持ち出して追い出しましたが
後ろにいたデンコウアンジュに並ぶ間もなく交されてしまい
浜中騎手も必至で追いましたが最後までこの馬の「らしさ」が
見えないままレースが終わってしまったという感じでした。
正直敗因らしい敗因が見つからないのですが
直線で手前を何度か替えていたので
馬自体の調子が今ひとつだったのと
本質的には左回りのコースはあまり得意じゃないのかもしれません。
確かにこのコース・距離ともこの馬のベストではないと思います。
ただ地力の差で十分何とでもなると思っていたので
この結果を見ると今後はちょっと不安です。

今週の予定

今週も東京・京都・新潟の3場開催です。
重賞レースは20日(土)に京都で平安ステークス
21日(日)に東京でオークスが行なわれます。
注目は当然オークスでしょう。
桜花賞では8番人気と低評価ならら勝利を収めたレーヌミノルの走りに注目。
6戦して全て馬券圏内のリスグラシューの安定感は魅力ですし
桜花賞では単勝オッズ1.4倍の支持を受けながら3着と敗れた
ソウルスターリングの巻き返しも必至でしょう。
前走の桜花賞で2番人気ながら15着と敗れたアドマイヤミヤビも
実績のある東京コースならば巻き返すでしょうし
トライアルを勝ったモズカッチャン、ブラックスビーチなども
気になる存在です。
桜花賞の時とは違って混戦模様かと思いますので
明日からしっかり予習して馬券的中に結び付けたいと思います。
スポンサードリンク

-レース回顧