ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想

平安ステークス2017、予想、アスカノロマンから穴目に流す感じで高配当狙い

ラジャカジャです。
平安ステークス2017ほか土曜のレース予想をしていきたいと思います。

今週は土日とも天気が良く気温も高くなるということなので
3場ともに良馬場で行なわれると思います。
東京の芝は先週に引き続きBコース使用ですので
より差し追い込みが決まりそうな予感がします。

直線で外を通った馬がどこまで伸びて来ているか?
などに注目しながら今日のレースを見ていきたいと思っています。


スポンサードリンク

本日のラインナップ

京都11R 平安ステークス
東京11R メイステークス
新潟11R 火打山特別

京都11R 平安ステークス

朝8時現在で人気はグレイトパールが単勝オッズ3.1倍で1番人気
以下グレンツェント(5.7倍)、アスカノロマン(8.2倍)、
ケイティブレイブ(9.1倍)と続きここまでが単勝一桁台のオッズ。
個人の予想ではグレンツェントが1番人気と思いましたが
グレイトパールの勢いに期待している人の方が多いようです。

週中のデータ予想でも書きましたが
このレースはリピーターが多いのと施行条件が現在と同じになった2013年以降は
前走アンタレスステークスを使った馬が毎年連対しているのが特徴です。

なのでこの二つのデータをクリアしているアスカノロマン
馬券に絡む確率が高いと見て軸はこの馬でいきます。
今年に入ってこれが5戦目となりますが
追い切り診断でもA評価をつけたように状態は良好です。

昨年圧勝したコースですしこの馬の主戦騎手は元々太宰騎手だったのですが
現在の和田騎手に替わってからは重賞勝ちがありませんので
和田騎手としても何とか勝たせたいと思っているでしょう。

データを重視して
相手も同じく前走アンタレスステークス組からチョイス

グレンツェントは前走9着と人気を裏切りましたが
その後状態が落ちることもなく順調に調整されてきました。
最終追いきりではルメール騎手が栗東から駆けつけて調教に跨る等
万全を尽くしていますので今回巻き返してくる可能性は高そう。

ロンドンタウンも3走前に重賞を勝ってから地力がついた印象で
今回も上位争いは必至でしょう。

タガノエスプレッソは前走7着に負けたとは言え
2着馬とは0秒2差しかなく
ダート転向3戦目だったことを考えれば上々の結果だと思います。
今回は追いきりで抜群の動きを見せていましたし
更なる上位進出が期待できそう。

リーゼントロックはここ2戦を見る限りは重賞でもやれそうな雰囲気ですし
最終追い切りでは追ってからの脚が一際目立っていましたので
今回も脚を溜める作戦で最後どこまで伸びてくるか
期待が持てる一頭。
この4頭を重視したいと思います。

グレイトパールは魅力ある馬ですが実際の実力はどの程度か分かりませんし
今回はメンバーも強力なので「どこまで通用するか」といった感じだと思います。

リピーターが多いという観点からいけば
クリノスターオー、クリソライトも有力ですが
クリノスターオーは昨年の9月以来久々のレースですし
クリソライトは陣営が交流戦に比重を重く置いているので
ここを叩いて帝王賞で仕上げるという感じじゃないでしょうか。

買い目
三連複フォメ
7-2,8,11,15-2,5,8,9,10,11,12,15,16(26点)
ワイドフォメ
7,15-2,5,8,12(8点)
スポンサードリンク

東京11R メイステークス

朝8時現在で人気はアストラエンブレムが単勝オッズ2.2倍で1番人気
以下ヒストリカル(6.1倍)、ナスノセイカン(6.2倍)、
プロフェット(8.7倍)、タイセイサミット(9.2倍)と続きここまでが単勝一桁台のオッズ

最低人気のロンギングダンサーでも62倍程度なので
アストラエンブレムが抜けた存在であとは団子状態といっていいのかもしれません。

アストラエンブレムは前走オープン特別を勝利し
重賞挑戦と思いきや再度オープン特別を使ってきました。
オーナーであるシルクレーシングの方針かもしれませんが
勢いに乗って格上挑戦するよりも勝てる可能性の高いレースに出て
確実に勝っていくという考えなのかもしれません。

今回は11頭と頭数が少なくスムーズに外を回せる7枠に入りました。
鞍乗もM・デムーロ騎手が乗りに来ていますし
まあ3着以内は堅いかなと思います。

ただオッズ的にはヒモ荒れの可能性もありそう。
そこで相手に選んだのがクラリティスカイ、マイネルラフレシア、
アングライフェンの3頭。

クラリティスカイは2015年のNHKマイルカップを制しているように東京コースは問題なし
近走は勝てていないものの1800m~2000mで好走を繰り返していますし
成績も安定してきているのでここでも上位争いしそう。

マイネルラフレシアも東京コースは2勝していますし
昨年のプリンシパルステークスではゼーヴィントに先着しているので
秘めている力は相当あると思います。
前走休み明けで叩き2戦目となる今回は一変があっても不思議ないでしょう。

アングライフェンも東京コースで勝った過去がありますし
既にオープン勝ちを決めている馬です。
前走は果敢にもGIに挑戦し9着に敗れましたが
現役のトップと戦った経験がここで活きる可能性はあるでしょう。

この3頭を中心視しそこから人気上位馬を絡めた買い方で勝負してみたい。
買い目
9-4,6,10-1,5,8,11(16点)
ワイドフォメ
4,6-1,5,8,11(8点)

新潟11R 火打山特別

朝9時現在で人気はタガノヴィッターが単勝オッズ3.6倍で1番人気
トップライセンス、パッシングブリーズを含めた3頭が単勝一桁台のオッズ
13番人気のキョウワエステルでも単勝オッズ30倍台なので
こちらのメインは大混戦といっていいでしょう。

実力の見極めが難しいですが現級で好走している
タガノヴィッターとパッシングブリーズのどちらかは
馬券に絡むと考えてフォーメーションで勝負してみたいと思います。
買い目
三連複フォメ
3,11-3,6,10,11-3,4,5,6,7,10,11,14(24点)
ワイド流し
3-4,5,7(3点)
11-4,5,7,10,14(5点)
スポンサードリンク

-予想