ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

日本ダービー2017、アルアインの2冠あるか?レイデオロ、アドミラブルの評価は?

ラジャカジャです。
今日から3歳牡馬クラシック第2弾
日本ダービー2017について考察していきたいと思います。

今日はまず今年皐月賞上位組と
青葉賞を圧勝したアドミラブルの個人的な見解を述べていきたいと思います。


スポンサードリンク

皐月賞馬アルアインの評価は?

まずは皐月賞を制したアルアインのダービーでの取捨について考えたい。
前走の皐月賞はハイペースの中先行4,5番手で折り合い
中段でペースが緩んだところで2列目まで位置を下げ
4コーナー手前から追い出してゴール手前で先に抜け出した
ペルシアンナイトを捕らえての勝利でした。

ハイペースの中先団に取り付いていたので先行力があるし
4コーナー手前から松山騎手が追い出していたので
手応え的にどうかな?と思いましたが最後きっちり差してきたので
スタミナもあると思います。
なので距離が2400mに伸びる事の不安はほとんどないと思います。

3走前のシンザン記念は6着と負けていますが
これは直線で前が壁になって完全に行き場がなくなって負けたので
実力負けではありません。
逆に言うとそれ以外のレースは全て勝っていますので
この馬の強さを物語っているとも言えます。

前走の高速馬場で結果を出し、デビュー2戦目の重馬場でも勝っていますので
馬場に左右される馬ではありません。

追い比べとなると本当に切れる脚を持っている馬には分が悪いですが
この馬は先行できる脚を持っていますので
松山騎手が先週のオークスを勝ったソウルスターリングのように積極的な競馬ができれば
2冠達成というのも夢ではないように思います。

ペルシアンナイトのダービー制覇はある?

皐月賞2着馬ペルシアンナイトについて
皐月賞は内で上手く立ち回り直線も僅かに開いたスペースを
M・デムーロ騎手が躊躇なく突いてきて一旦は先頭に立ちましたが
ゴール前でアルアインに差されて2着という惜しい競馬でした。

ほとんど無駄のない競馬をしていましたので
これで勝てなかったのは運がないとしか言えませんが
今度は直線の長い東京コースですから自慢の末脚をフルに発揮できる
絶好のチャンスだと思います。
距離が2400mに伸びるのがどうかですが
ハービンジャー産駒ですし距離はこなせるのでは?と思います。
(先週のオークスで2着したモズカッチャンもハービンジャー産駒ですし)
鞍乗はM・デムーロ騎手から戸崎騎手に乗り替わりますが
戸崎騎手からすればダービーを勝てる絶好のチャンスを得たといえるのではないでしょうか。
おそらく「切れる」という意味ではメンバー最上位の馬だと思いますし
要はこの脚をどこのタイミングで使うかでしょう。
おそらく人気も5、6番人気くらいだと思うので
戸崎騎手もプレッシャーなく乗れそうですし何となく良い結果が出そうな気がします。

ダンビュライトのダービー制覇はあるか?

皐月賞では12番人気で3着に入り三連単106万馬券の片棒を担いだ
ダンビュライトですが皐月賞はフロックとかではなく本当に強い競馬をしたと思います。
道中は中段で折り合っていましたが4コーナー手前で先団に取り付き
勝負ところの4コーナーではファンディーナと併せるような形となり
直線では一旦は離されましたが再度盛り返してきての3着。
ゴール直前は先着された2頭との差を詰めていましたから
4コーナーでの位置取りがもう少し前だったらこの馬が勝っていた可能性もあったと思います。

ただ脚を溜めて伸びるという馬ではないので
ダービーに関しては先行して好位で上手く立ち回れるかが勝負となりそう。
ただ武豊騎手も前走の競馬で手応えは掴んだでしょうし
今回も人気はないでしょうから強気の競馬でアップセットを狙いたいところでしょう。

逃げれば面白いクリンチャー

皐月賞4着馬のクリンチャーも非常に面白い存在だと思います。
皐月賞はハイペースを3番手で追走。
4コーナーでは先頭に立ち直線では3頭に交され4着に落ちましたが
それでも勝ち馬とは0秒3差にとどまっています。

逃げたアダムバローズが17着、2番手で競馬したトラストが13着に惨敗したことを考えると
この馬の粘りは特筆すべきものである意味皐月賞で1番強い競馬をしたとも言えます。
2走前のすみれS(2200m)を圧勝していることからも400mの距離延長はプラスだと思いますし
単騎で逃げればかなり面白いと思います。
スポンサードリンク

ルメール騎手の3週連続GI制覇はあるか?

皐月賞5着のレイデオロですが
ホープフルSからのぶっつけ本番だったことを考えれば
勝ち馬から0秒4差の5着はむしろ予想以上ともいえる結果で
叩き2戦目で状態面での上積みが見込める今回は
ダービー馬候補の最有力馬といっていいと思います。

葉牡丹賞、ホープフルSでの末脚など見ると
東京コースも合っていそうですし
なによりここ2週続けてGI勝利を収めているルメール騎手が騎乗ですし
先週のオークスを制した藤沢和調教師も
オークス、ダービーのダブル制覇の偉業がかかっているので
注目度はNO1でしょう。

ただ個人的にはそこまで上手く事が運ぶわけないと考えてしまいますので
一歩引いた感じでこの馬は捕らえています。
それに中山でのパフォーマンスは素晴らしいですが
東京コースで走った新馬戦はそこまで強いと思えるような走りでもなかったので
東京コースだと逆にパフォーマンスは落ちるのでは?
と穿った考えで見ています。

なので勝つのは別の馬なんじゃないかなと思っています。

3連勝アドミラブルの実力は?

前走青葉賞を圧勝し3連勝でダービー出走を決めたアドミラブルの実力はいかほどか?
大舞台に強いディープインパクト産駒で
鞍乗もGIに強いM・デムーロ騎手。
しかも皐月賞で2着したペルシアンナイトではなく
こっちを選んだことから言ってもデムーロ騎手は
この馬の方がダービーを勝つ可能性があると感じたからでしょう。
おそらく今年の日本ダービーはこの馬が1番人気になるのでは?と思います。

これと言った有力馬と対戦していないですがダービーと同じ東京2400mを勝っていることと
M・デムーロ騎手がこの馬を選んだことから言っても人気になるのは間違いないでしょう。
ただ実際その通りに勝つかどうかまでは分かりません。

今年に関しては皐月賞で1番人気になったのが牝馬のファンディーナでした。
ファンディーナも皐月賞に挑戦するまでは3連勝で来ていて前走圧勝した馬でした。
それでも牝馬ですし通常の年ならば1番人気になるはずがない馬だったと思います。

それが1番人気になってしまったということは
逆に言えば今年の牡馬はみな粒が小さく主役を張れそうな馬がいないことの裏返しだと思います。
結果、皐月賞では9番人気と4番人気と12番人気と馬による波乱でした。
なので個人的にはダービーに関しても1番人気の馬がすんなり勝つようなレースにはならないと考えています。
スポンサードリンク

-重賞展望