ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

安田記念2017、追い切り診断、A評価は7頭!エアスピネル抜群の動き!

ラジャカジャです。
今日は安田記念2017に出走する馬の追い切り診断
していきたいと思います。

先週の日本ダービーでは
掲示板に載った5頭中、3頭がA評価の馬でした。
(3着アドミラブル、4着マイスタイル、5着アルアイン)

ただ1,2着馬はB評価止まりのジャッジでしたので
今週はしっかりA評価の中から連対馬を出せるよう
しっかりジャッジしていきたいと思います。


スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価
エアスピネル
グレーターロンドン
サトノアラジン
ディサイファ
レッドファルクス
ロゴタイプ
ステファノス

渾身の仕上げエアスピネル

最終は栗東坂路で追われパートナーのシホウ(6歳 1600万)を5馬身ほど
先行させる形でスタート。

最初は舌を出す等していたエアスピネルですが
追い出されると走りに集中。

一気に差を詰めるとそのまま抜き去り2馬身近く先着してのゴール
走破時計は4F51秒8、1F12秒6

1週前にも同じく栗東坂路で4F50秒8、1F12秒3という猛時計をマークしており
最終はさらっと軽く流す程度かと思いましたが
最終も負荷をかけた追いきりでGIに向けてメイチに仕上げて来ました。

VTRで見ても走るフォームに安定感がありましたし
前脚の掻き込みも強く迫力のある動きでしたので
状態は良さそうですし期待の持てる仕上がりだと思います。

汚名返上なるかサトノアラジン

アエスピネルと同様に「仕上げてきたな」と感じたのがサトノアラジン
最終は栗東CWで6Fから追われ
パートナーのトーセンレーヴ(9歳 オープン)を全く問題にせず4馬身程先着。

まあトーセンレーヴがあまり動けていなかったというのもありますが
サトノアラジンもそこまで強く追われていない感じでしたが
ラストは11秒6と速い時計が出ていますので状態は良いと思います。

VTRで動きを見ていても動きは軽やかで
パートナーに馬体を併せる時の足取りも早く
状態の良さが感じられる動きでした。

前走は重馬場で持ち味の末脚が活きませんでしたが
5ヶ月ぶりのレースということで仕上げも緩めでした。

元々「京王杯を叩いてココ」というローテでしたから
ひと叩きされて予定通り良化してきましたし
前回大敗したことは無視してもいいと思います。

GIではもう一つな競馬が続いている同馬ですが
この仕上がりならばチャンスはあるかも。

力は出せる仕上がりグレーターロンドン

5連勝で一気にGI挑戦を決めた
グレーターロンドンですが最終追い切りは美浦南Wでの3頭併せ。

ソルオリーヴァ(3歳未勝利)を1馬身程先行させ、
プエルト(5歳500万)に1馬身追いかけさせる形でスタート。

軽く合図するとすぐさまソルオリーヴァに並びかけ、
栗東から駆けつけてきた福永騎手がゴーサインを出すと
力強い走りで抜き去り半馬身ほど先着してのゴール。

ゴール後もステッキも入れて最終的には
ソルオリーヴァに2馬身ほど、プエルトに4馬身ほどの差をつけていました。

実は2週前にソエが出た影響で4日間ほど稽古を休んでいたそう。
過去に蹄葉炎を患った馬でもあり
無理はさせられない」と最終追い切り後も大竹調教師は
安田記念の出走を逡巡していたようですが
木曜日の馬の状態を見て「問題なし」と判断し
出走を決めたようです。

たしかに稽古を休んだ影響からか
馬体にボリュームがあるように感じられましたが
動き自体はとてもよく見えましたし
特に馬体に異常がなければ今持っている力はフルに出せそうな印象。

常識的に考えたらこの挑戦は無謀かもしれませんが
常識を超えてしまうほどの怪物であってほしいと
期待する気持ちも同じくらいあります。
スポンサードリンク

万全の状態ステファノス

2頭併せでパートナーを4馬身ほど先行させる形でスタート
直線に入って馬体を併せ、軽く促すと素早く反応して
目一杯追う相手を尻目に1馬身半ほど先着。

1週前に負荷をかけた調教をしていましたので
最終は調整程度の動きでしたが状態の良さは十分感じられる内容でした。

時計もいいですし正に万全のデキでレースに望めるのではないでしょうか。

ほかA評価をつけた3頭について

レッドファルクスは併せ馬で併入でしたが
脚色は勝っていました。
追われてからの反応も鋭く前走からの上積みも感じられる動きでした。

ディサイファもラストは11秒9の好タイムを出すなど
動き自体に活気があり
大阪杯からの変わり身が期待できそう。

ロゴタイプは前走からレース間隔が開いていますが
追いきりでは力強い走りで併せ馬で大きく先着。

迫力も感じましたし状態はかなり良いと感じました。

B評価
アンビシャス
イスラボニータ
クラレント
コンテントメント
サンライズメジャー
ステファノス
トーキングドラム
ビューティーオンリー
ブラックスピネル
ヤングマンパワー
ロジチャリス
ロンギングダンサー

順調そうに見えるイスラボニータ

2頭併せでゴール時点ではアタマ程遅れ。
ただゴール後も並ぶところまで追われていたので
特に問題はないでしょう。

動きもキビキビしていて雰囲気は良かったのですが
VTRで見ていてかなり汗をかいているのが気になりました。

それ以外は特に割り引く材料はなく順調に来ているのかなと感じました。

アンビシャスは平行線か

最終追い切りは栗東坂路で2頭併せ。
半馬身ほど先着しましたが道中何度も気合いをつけられ
何とか先着したという感じ。
動き自体はパートナーの方が良く見えましたし
ラストが13秒2もかかっているのも不満。

今回配当妙味が感じられる馬として
注目していましたがこの追い切りを見ると買いにくい。

香港の刺客2頭は?

コンテントメント、ビューティーオンリーの香港馬ですが
共に東京競馬場で木曜追い切りでした。

ともに軽めの追いきりで状態の良し悪しは分かりかねますが
大抵外国馬は日本に来る前に仕上げられているので
最終追いは軽い内容。

場合によってはキャンター程度しかやらない陣営もいますので
追い切りの動きで取捨などできません。

ただ走っている時の雰囲気は良さそうに感じました

C評価
該当馬なし

まとめ

追い切りを見る限りはアエスピネルが最も良く見えました。
サトノアラジン、レッドファルクス、ステファノスあたりも
良い状態で来ているのでこの4頭を中心に考えていこうかなと思っています。
スポンサードリンク

-重賞展望