ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

関屋記念2016、追い切り、血統、過去レースデータから狙える馬は?

2016/08/12

ラジャカジャです。
先週の金曜日、会社仲間と飲みに行き、
そのあとボーリングに行ったのですが
その第一投目でコケて腰を打ってしまいました。
酒も入っていたのでその時はあまり痛みもなくゲームを続けていたのですが
翌日痛みが激しくなり、5日経った今日もまだ痛いです・・・
酔っ払った状態でボーリングやるのは危険ですね。
みなさんも気をつけてください。

a0150_000172

少し話が競馬とそれてしまいましたが、
今日は関屋記念2016の追い切りと過去10年のレースデータから
狙える馬を探していきたいと思います。



スポンサードリンク


競馬の格言に「夏は格よりもデキ」という言葉があるように
状態の良い馬をしっかり見極められれば馬券的中の近道となります。
あくまで個人的な見解になりますが
追い切りを見た上で今回調子が良く上積みが期待できる馬をチョイスしていきたいと思います。
(基本的には良く見えた順に紹介していきます)

ピークトラム
栗東CWで僚馬ハイプレッシャー(5歳1000万)を相手に併せ馬を敢行。
まず3馬身ほど先行させた形でスタート。
直線に入ってあっさり交わすと今度は前を走っていた他厩舎の関係ない馬と併せ馬をする形となり併入。
併せた馬が走らなさすぎましたが、思いがけない併せ馬ができて
結果的には良い調教となりました。
終始馬なりでしたがラストは12秒1となかなかの好時計。
前走から更に状態は良くなっている印象です。

マジックタイム
美浦南W併せ馬半馬身先着。
併せた馬が必至に追うも「差は埋まらないよ」と言わんばかりの余裕の走り。
力みもなく体調は良さそうに見えました。
前走後はノーザンファーム天栄に放牧に出して調整。
2週前に南Wで5F67秒台、1週前にも同じく南Wで5F66秒台と負荷をかけた追い切りができているので
久々のレースですが十分勝負になる仕上がりだと思います。

個人的にすごく良く見えたのはこの2頭。
その他ではマジェスティハーツ、タガノエトワール、アルマディヴァン
時計も良く上積みも期待できる追い切り内容でした。
なので追い切りから推奨したいのは上記の5頭。

続いて血統面からアプローチしていきたいと思います。
過去5年の1着馬~3着馬の血統を調べますと

・父がサンデーサイレンス産駒の馬(4勝2着4回3着1回)
・母父にノーザンダンサー系の血を引く馬(5勝2着2回3着2回)
などが好走率の高い血統として挙げられます。
なのでこの両方を持ち合わせている馬がいれば
更にこのレースで好走する確率が高いと言えるでしょう。
今回の登録メンバーで探して見ますと
アルマディヴァン
ボンジュールココロ
ラングレー
レッドアリオンの4頭が該当します。

続いて過去3年(2013年1月以降)の新潟芝1600mにおける
種牡馬別成績を調べますと
好成績を収めているのはやはりディープインパクト産駒
のべ120頭が出走し勝率7.5%連対率22.5%複勝率33.3%の成績を挙げています。
勝率はそれほどでもありませんが3回に1回は馬券に絡むと考えれば
信頼しても良さそうです。
また出走数は少ないですがメジロベイリー産駒
5回走って2勝2着2回の好成績を収めています。
ただこれはアルマディヴァン1頭による成績なので
メジロベイリー産駒というよりもアルマディヴァンが得意にしているコースと言ったほうがいいでしょう。
と、いうことで血統面から推奨したいのは
ラングレー
アルマディヴァンの2頭とします。

スポンサードリンク


最後に過去10年のレースデータから好走率の高いデータを調べて見ますと
以下のようなものが挙げられます。
関屋記念過去10年で好走率の高いデータ・勝ち馬10頭のうち8頭は前走で6着以下に敗退
・連対馬20頭のうち14頭が前走で5番人気以内
・連対馬20頭のうち18頭は斤量が55.5kg~59.0kg
・連対馬20頭のうち16頭は前走重賞レースに出走

上記のデータを全てクリアしているのはクラリティスカイラングレーの2頭
なのでデータから推奨したいのはこの2頭とします。
ラングレーは血統面からも推せるので好走確率はかなり高そう。
クラリティスカイは前走ダート戦だったのである意味参考外
NHKマイルカップを勝っている列記としたGI馬ですし、
今回人気はないでしょうから穴馬としても魅力があります。

追い切り・血統・過去レースデータを総合した上で
個人的に狙ってみたいのはこの馬です。


競馬 ブログランキングへ
(馬名はCの欄)

前走は結果8着に負けましたが直線では一旦は先頭に踊り出るか?というシーンもありましたし
追い切りの動きから見て前走以上のレースが期待できそう。
新潟芝1600mは5戦して2勝2着2回という成績。
唯一馬券圏外だったレースも2015関屋記念4着という結果。
鞍乗が横山典騎手というのも穴っぽくて良いです。

スポンサードリンク

-重賞展望
-