ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

レース回顧

ユニコーンステークス2017、サンライズノヴァ圧勝!今週は宝塚記念

ラジャカジャです。
昨日行われたユニコーンステークス2017、
函館スプリントステークス2017のレース回顧と
今週の予定を書いていきたいと思います。
その前に昨日のブログ予想ですが3戦2勝でした。
東京11R ユニコーンステークス2017
三連複 4110円的中!
阪神11R 米子ステークス
三連単 7250円的中!

ユニコーンステークスは
本命視したサンライズの2頭が共に馬券圏内に入って
三連複的中!
1番人気のリエノテソーロが飛んだことで
人気上位で決まった割にはまずまずの配当でした。

阪神メインの米子ステークスも
人気でもブラックムーンは連は外さないと見て
三連単で勝負しましたがこちらも見事に的中!
配当もまずまずで今週もプラス収支で終えることができました。

函館スプリントステークスは
本命視したジューヌエコールが直線で抜け出して1着
セイウンコウセイが3着に粘っていればこのレースも的中できたのですが
最後に失速して4着となり馬券は不的中でした。
なかなかメインレース3つとも的中とはなりませんね。

それでも土日合わせて6戦4勝なら
まずまずの的中率ではないかと思います。

今週もしっかり予習して馬券を当てていきたい。
スポンサードリンク

レース回顧 ユニコーンステークス

勝ったのは戸崎圭太騎手騎乗で2番人気のサンライズノヴァ
2着以下に4馬身差をつける圧勝で重賞初制覇
昨年のゴールドドリームに続くゴールドアリュール産駒の
ユニコーンステークス勝利でした。

鞍乗の戸崎騎手はこのレースを含め先週の日曜は5勝の固め打ち
騎手リーディングもルメール騎手を抜いて2位に上がりました。

年初めは1番人気に乗っても全然勝てませんでしたが
ここ1,2ヶ月でエンジンがかかってきた感じ。

4年連続のリーディングジョッキーに向けて視界は良好です。

左回りで覚醒したサンライズノヴァ

前走の鳳雛ステークスは先行策が裏目に出て4着と不甲斐ない結果だった
サンライズノヴァ

今回はスタートを無難に決めるとスッと下げ
道中は中段より後方で折り合い差す競馬に専念しました。

シゲルコングが息の入らない早い流れを作っていたので
馬群が固まらず直線はスムーズに外に出せたのが大きかったですが
それにしても最後は突き抜けました。

何となくエンジンのかかりが遅い感じがしましたが
トップスピードに乗ってからの脚は
さすがゴールドアリュールの子

おそらく直線の長い左回りのコースがこの馬にはベストでしょう。
距離も2000mくらいまでならこなせそうなので
このまま上手く成長してくれれば
今年のチャンピオンズカップや来年のフェブラリーステークスあたりには
出てくるのではないでしょうか。

田辺騎手の好騎乗 ハルクンノテソーロ

2着に来たのは5番人気のハルクンノテソーロ

道中は中段より後ろの内でじっと競馬
あの位置では直線で前が壁になりそうだな
と思って見ていましたがそこは百戦錬磨の田辺騎手
4コーナーで無理なく外に馬を持ち出して
スペースを作ったあたりはさすがでした。

何の不利もなく直線は追い出せていたので
この馬が勝ってもおかしくない感じでしたが
外から来たサンライズノヴァに
並ぶ間もなく抜き去られたので
純粋に実力負けでしょう。

それに距離も1600mがギリギリと言う感じに見えたので
1200m~1400mの方が合いそう。

状態の良さがそのまま出たサンライズソア

ダート2戦2勝だったサンライズソアが3着

追い切りでも抜群の動きを見せていたので
高い確率で馬券に絡んでくるだろうと思っていましたが
予想通りでした。

終始1番人気のリエノテソーロをマークするような位置で競馬
直線の入りで早めに並びかけて
併せ馬に持ち込んで競り落としたはいいですが
後続を振り切るまでの力は残っていませんでした。

ただ伸びシロはまだまだ感じられる馬ですし
他の距離・コース如何では化ける可能性もあるかもしれません。

実力が垣間見れた リエノテソーロ

1番人気に支持されたリエノテソーロは直線伸びず7着という結果

前走NHKマイルカップで2着
ダート戦でも2戦2勝で交流GIを勝利と
実績の上では最上位でしたが
ダート戦に限ってみればそれほど強い馬と戦っていたわけではないので
こういう結果になる可能性も十分あると予想していました。

追い切りでもいい動きをしていましたし
競馬自体も特に何の不利もありませんでしたから
この結果がこの馬の実力だと思います。

芝のレースの方がまだ伸びる可能性がありそう。
スポンサードリンク

レース回顧 函館スプリントステークス

勝ったのは3番人気で3歳牝馬ジューヌエコールでした。
昨年のデイリー杯2歳ステークス以来2つめの重賞制覇
前走は桜花賞で9着と惨敗でしたが
距離短縮で新境地を開きました。

鞍乗の北村友一騎手は今季重賞初制覇
騎手12年目でちょうど10個目の重賞制覇となりました。

スプリント界の新星現る ジューヌエコール

シュウジが引っ張る速い流れを5,6番手で折り合い
4コーナーで追い出し始めると
力強い脚色で前を行く人気2頭に肉薄

残り150mを切ったあたりで先頭に立つと
そのまま一気に突き放してのゴール

快勝というか圧勝といっていい内容でした。

レース前は初めての1200m戦、初めての洋芝が
懸念材料としてありましたが
これは追い切り診断の時にも触れましたが
血統的な面から考えると
距離短縮はむしろ歓迎
洋芝もこなせる下地はあると思っていました。

ただここまでの強い勝ち方をするとは思いませんでした。
斤量50kgという恩恵があったのも事実ですが
クロフネ産駒からまた新たなスプリンターが誕生したと
言っていいと思います。

展開が向いた キングハート、エポワス

2着キングハート3着エポワスは
差す競馬に徹していたことと
レコード決着になるようなハイペースで前が飛ばしていたことが
合致しての結果

俗に言う展開がハマッたという競馬で
上位に来た2頭でした。

それでも状態面やコース適正などがあったから
上位に来れたんだと思います。

飛ばしすぎのシュウジ

このレースが波乱となったのは
シュウジが腹を決めてハイペースで逃げた事が大きいです。

開幕週でパンパンの良馬場ですから
前で競馬した方が絶対に有利

武豊騎手でなくとも競馬ファンならばだれでも
そう思うところですが
この時の武豊騎手は一点の曇りもないくらいに
逃げ切るという気持ちで固まっていたのだと思います。
それくらいにけれん味のない逃げっぷりでした。

ただセイウンコウセイがそれにぴったりと
ついていたので全く息を抜くことが出来ず
直線で早々に失速

おそらくもっと後続を突き放す形で逃げられると考えていたと思いますから
これは武豊騎手にとっては誤算だったのかもしれません。

強気の競馬が裏目に出たセイウンコウセイ

単勝オッズ2.1倍に支持されていた
1番人気のセイウンコウセイは4着

ハイペースで逃げるシュウジをピッタリマークして
直線で競り落としたのはいいですが
この馬も最後はスタミナ切れを起こしてしまいました。

GI馬という自信からかかなり強気な競馬をしていました。
相撲に例えて言うのなら
大関の力士が横綱相撲を取ろうとして負けたみたいな感じ
(相撲を知らない人にはわかりづらいかもしれませんが)

そこまで力が抜けているワケでもないのに
力の差を見せ付けて勝とうとしたら失敗したというレースに見えました。

なので波乱を演出したのは武豊騎手ですが
ダメ押ししたのは幸騎手と言っていいと思います。

それでも4着に残っているセイウンコウセイは
やっぱり相当な実力の持ち主だと思います。

今週の予定

今週も東京・阪神・函館の3場開催です。
東京と阪神はこれが最終週です。

重賞レースは25日(日)に阪神でGI宝塚記念が行われます。
今週行われる重賞レースはこのひと鞍のみ
(障害レースは除きます)
いくらGIがあるといってもこれは少し寂しいですね。
宝塚記念自体も出走頭数が少ない上に
キタサンブラックの相手探しのレースという感じですから
イマイチ盛り上がりに欠ける印象です。

まあ今週は時間がありそうなので
普段は書かない事なども時期に書いてみたいと思います。
スポンサードリンク

-レース回顧