ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

七夕賞2017、データ予想、今年はどこまで荒れる?カギは前走OP出走馬

ラジャカジャです。
今日は9日(日)に福島競馬場で行われるハンデ重賞
七夕賞2017について考察していきたいと思います。

1番人気は過去10年で2勝2着1回3着2回の成績
勝率20%連対率30%複勝率50%と信頼度はイマイチ

その一方で
二桁人気馬が現在5年連続で馬券に絡んでおり
過去10年で三連複の万馬券が8回
三連単も100万馬券を筆頭に10万円以上の配当が5回
出ているなどまさに”荒れるハンデ戦”
象徴するかのようなレースです。

是非ともこういうレースを当てたいので
しっかり考察していきたいと思います。


もう夏ですね~
スポンサードリンク

出走予定馬

登録してきたのは全部で14頭
馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおり
七夕賞2017 出走予定馬ウインインスパイア52.0 木幡巧也
ヴォージュ 55.0 内田博幸
サトノスティング 52.0 未定
スズカデヴィアス 56.0 横山典弘
ゼーヴィント 57.0 戸崎圭太
ソールインパクト 53.0 大野拓弥
タツゴウゲキ 52.0 未定
パドルウィール 54.0 石橋脩
バーディーイーグル53.0 吉田豊
フェイマスエンド 54.0 石川裕紀人
フェルメッツァ 55.0 秋山真一郎
マイネルフロスト 57.0 柴田大知
マルターズアポジー57.5 武士沢友治
メイショウカドマツ54.0 津村明秀

関東馬7頭、関西馬7頭という組合せ
トップハンデはマルターズアポジーで57.5kg
近4走で重賞2勝を挙げているので
この斤量は妥当なところか

最軽量はウインインスパイア、サトノスティング、
タツゴウゲキの52.0kg
3歳馬もいなければ牝馬もいないので
パッと見、力関係は比較しやすそう。

久々も実力上位 ゼーヴィント

1番人気はおそらくゼーヴィントでしょう。
昨年のラジオNIKKEI賞を快勝すると
菊花賞トライアルのセントライト記念で
皐月賞馬ディーマジェスティの2着に好走

その後は福島記念、アメリカジョッキークラブカップと
連続して2着と重賞で好走し続けています。

前走から5ヶ月半のブランクがあるので
仕上がりは甘めだと思いますが
2戦して1勝2着1回と相性の良い福島コースですし
鞍乗も4回乗って2勝2着2回と
これまた相性の良い戸崎騎手が騎乗

よっぽど状態が悪いとかなければ馬券には絡んで来そう

今回も逃げ切れるか? マルターズアポジー

今回も逃げ切りを狙うマルターズアポジー

昨年の夏から一気にレベルアップし
近6走で重賞2勝を含む4勝を挙げる好成績

それまでは1600万でアタマ打ちの状態だった馬でしたが
見事な変貌を遂げました。

何が何でも逃げる」というスタイルで
直線の長いコースよりも小回りコースの方が得意

取り分け福島コースは4戦して3勝3着1回と大の得意
昨年の福島記念ではゼーヴィントにも先着しています。

今回はトップハンデで斤量57.5kgを背負ってのレースとなりますが
57kgは何度も背負っているのでそこまで負担にはならないのでは?
と思います。

こちらも状態面で特に悪いところがなければ
普通に勝ち負けだと思います。
スポンサードリンク

過去レースデータ

過去10年(2007年~2016年)のレースデータから
好走した馬の好走パターンを調べ
今回出走する馬の中で狙えそうな馬はどれか?
探してみたいと思います。

斤量57.0kgの馬

ハンデ戦ということで斤量について調べてみましたが
1番好走率が良いのは斤量57.0kgを背負った馬でした。

過去10年で23頭が出走して5勝2着1回3着1回の成績
勝率21.7%連対率26.1%複勝率30.4%の好成績

近5年でみると3勝2着1回と連対率は80%にもなりますから
これは注目すべきデータでしょう。
今回これに該当しているのは
ゼーヴィントとマイネルフロストの2頭

前走OP以上のレースに出走

前走クラス別成績を調べてみると
過去10年で馬券に絡んだ31頭のうち30頭は
前走OP以上のレースに出ていた馬でした。

なので前走が条件戦に出走していた
ヴォージュ、サトノスティング、ソールインパクト、
タツゴウゲキの4頭は軽視していいでしょう。

前走OP特別に出走していた馬は
過去10年で10頭が馬券に絡んでいます。

2008年と2015年以外は馬券に絡んでいて
特徴としては
前走2着以内(5頭)
前走も福島コースだった(7頭)
などがあります。

今回のメンバーで前走がOP特別だった馬は
フェルメッツァただ1頭ですが
前走福島民報杯2着という成績ですので
データ的にも今回馬券に絡んでくる確率は高いように感じます。

前走重賞組は前走8番人気以内が理想

前走重賞レースに出走した馬について調べてみると
馬券に絡んだのは19頭いますが
そのうち16頭は前走で8番人気以内に支持されていた馬でした。

前走二桁人気で馬券に絡んだ馬も2頭いますので
100%とは言えませんが
前走重賞組で買えるのは前走で8番人気以内に支持されていた馬は
好走する確率が高いと言えると思います。
このデータに当てはまっているのは
スズカデヴィアス
ゼーヴィント
マイネルフロスト
マルターズアポジーの4頭

まとめ

データ的に推せるのは
スズカデヴィアス
ゼーヴィント
マイネルフロスト
マルターズアポジー
フェルメッツァの5頭

この中で軸を決めるとなれば好走率の高い斤量57kgの
ゼーヴィント、マイネルフロストあたりになるでしょうか。

何となくこの5頭BOXでいけば普通に当たりそうな気がしますが
フェルメッツァが馬券に絡まないと配当的な妙味は低そう。

個人的にはフェルメッツァは是非買いたいと思っています。
前走OP特別出走組は頻繁に馬券に絡んでいますし
福島コースも3戦して2連対と好走しています。
勝てないまでも2着3着なら十分にありそう。

これ以外の馬では
前走条件戦を勝っているヴォージュ、ソールインパクトあたりも
そこそこ人気になりそうですがデータ的に見ると
好走する確率は低いと考えます。

データなど関係なしに選ぶなら
先行脚質で福島コースでも好走しているウインインスパイアは
狙って面白いかも。
スポンサードリンク

-重賞展望