ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

地方競馬

スパーキングレディーカップ2017、予想、ホワイトフーガから少点数で勝負!

ラジャカジャです。
今日は川崎競馬場で行われる交流重賞
スパーキングレディーカップ2017の予想をしていきたいと思います。

メンバーを見る限り「ホワイトフーガの1強」と言う感じ。

配当的にもある程度絞った買い方をしないと
当たってもマイナスという事になりかねません。

各出走馬の寸評を述べた後
予想と買い目を披露していきたいと思います。


スポンサードリンク

出走馬寸評

1枠1番トーコーヴィーナス
前走は地元園田のレースで逃げて2着
6ヶ月ぶりのレースだったことを考えればこの結果は御の字で
叩き2走目の今回は状態面での上積みも期待できそう。

メンバー的に見ても逃げるのはこの馬だろうし
昨年のレディスプレリュードではホワイトフーガと同着で2着
という好成績も収めています。
川崎の1600mは初めてなので何とも言えませんが
単騎のマイペース逃げが打てたら3着くらいには残ってもおかしくなさそう。

2枠2番ホワイトフーガ
前走のさきたま杯ではモーニン、ベストウォーリアといった
牡馬の一戦級相手に快勝。
正直「ここまで強かったか」と驚かされるほどの快走劇でした。

それを踏まえれば今回は2枚くらい格落ちするメンバー
斤量58kgは牝馬にとっては酷ともいえる負担重量ですが
それでも勝てるメンバーかと思います。

ただ今年1月のTCK女王盃では斤量58kgを背負って3着と
不覚を取っていますので
蛯名騎手が余裕を持ちすぎた騎乗をしたりすれば
何かに負ける可能性もないとはいえません。

3枠3番タマノブリュネット
昨年のレディスプレリュードではホワイトフーガらを
豪快に差し切って交流重賞初制覇を成し遂げました。

ただそれ以降は馬券に絡めていませんし
前走芝のレースで大敗した後、
中央から地方に転厩しました。

そうなると当然調教方法も変わりますから
今回実力を発揮できるかは微妙でしょう。

4枠4番タイニーダンサー
この馬も交流重賞の常連で
過去に交流重賞を2勝しており実績だけで見れば
ホワイトフーガに次ぐ存在といえるでしょう。

ただホワイトフーガとは何度も対戦していますが
勝てた試しがありませんし、
今年に入ってからは4戦してすべて馬券圏外と
精彩を欠いている印象。

ただ今回のメンツならば馬券圏内は十分可能でしょうし
鞍乗が元南関東所属の内田博騎手なので
コースを熟知した騎手の手腕で上位進出も期待できると思います。

5枠5番プリンセスバリュー
南関東でマイル戦を中心に走っているオープン馬
交流重賞にも何度か使われていますが
掲示板にすら載れていません。
近走好走しているので調子は良さそうですが
レベル的に馬券圏内はないでしょう。

5枠6番ウリャオイ
笠松競馬所属の3歳馬
前走の関東オークスでの走りを見ても
ここでは全く歯が立たないでしょう。

6枠7番アンジュデジール
前走の関東オークスで2着
ただ勝ったクイーンマンボには4馬身離されての2着なので
そこまで強調できる実績ではないでしょう。

斤量52.0kgと横山典騎手騎乗というのは魅力がありますが
実質500万クラスを勝っただけ馬なので
案外惨敗する可能性も無きにしも非ず

6枠8番タッチデュール
笠松所属のオープン馬
交流重賞へも積極的に参戦してきていますし
8歳になっても休みなくレースに使われ
本当にタフな馬だなと思いますが
ここで馬券に絡むのは夢のまた夢でしょう。

7枠9番タッチスプリント
高知競馬所属の3歳馬
前走の関東オークスの走りを見る限り
ここでは厳しい

7枠10番ララベル
前走のマリーンカップではマイペースの逃げを打って2着と好走
ホワイトフーガには千切られましたが
タイニーダンサー、パールコード、ワンミリオンスといった中央勢には先着

それを考えれば今回もホワイトフーガ以外の馬となら
互角の勝負は出来そう。

ただ今回はトーコーヴィーナスがいるので
番手の競馬になりそうなので
うまく折り合いをつけて競馬できるかがカギ

8枠11番サクラフローラ
美浦所属の1600万クラスの馬
今回初めて交流重賞に挑戦してきました。

地方の砂、1600m戦など初物づくしですし
他馬との比較もいまいち分かりませんが
休み明けをひと叩きされて状態はアップしていることと
南関東のリーディング騎手でもあった戸崎騎手が騎乗することは
大きなプラス材料
どこまでやれるのか期待してみたい部分もあります。

8枠12番ドンナディヴィーノ
地元川崎所属の条件クラスの馬
さすがにここは参加してきただけという存在でしょう。

展開予想

逃げるのはおそらくトーコーヴィーナス
番手でララベル、サクラフローラ
それを見るような形でホワイトフーガが取り付き
タイニーダンサー、アンジュデジールは
ホワイトフーガをマークするような位置取りで競馬すると予想
4コーナーで馬なりな感じでホワイトフーガが先団に取り付き
直線で先頭に立つと考えると
2着3着は番手で競馬していたララベル、サクラフローラと
好位で脚を溜める競馬をしていたタイニーダンサー、アンジュデジールの争いになると思います。
そう考えると最も馬券に絡んで来そうなのはララベル、タイニーダンサーが妥当なところか。

買い目

流石にこのメンツで負けはありえないと思うので
ホワイトフーガは1着固定で買いたい。
相手はタイニーダンサー、ララベルが有力とみてこの2頭を2着固定
3着にはそれ以外の有力馬と言う感じの勝負したい。
三連単フォメ
2→4,10→1,4,7,10,11(8点)
スポンサードリンク

-地方競馬