ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想

阿蘇ステークスほか土曜のレース予想、追い切り注目馬

ラジャカジャです。
連日TVなどで報じられています。リオデジャネイロ・オリンピックですが
日本人選手の素晴らしい活躍に毎朝ニュースをみるのがとても楽しみになっています。
深夜行なわれていた男子テニスのシングルス準々決勝での錦織選手の試合も
大接戦の末に勝利を掴み、感無量とばかりに目を潤ませて喜ぶ錦織選手の姿に
見ているこちらもこみ上げて来るものがありました。
その一方で連日のように世界のあちこちでテロが起きていますので、
スポーツの素晴らしさで世界がもっと平和にならないものかぁ」としんみり考えてしまいます。
こうやって毎日競馬の予想をしていられるのも平和な世の中だからですし、
無闇に血を流す行為だけはしてほしくないですね。

2f102a3f287aae85a54c07a3e48ee40f_s

スポンサードリンク


今日は土曜日という事で重賞レースはありませんが
各競馬場のメインを中心にレース予想をしていきたいと思います。
また週中の追い切りの動きから「これは買える」と感じた馬も紹介して行きたいと思います。

まずは小倉のメイン
小倉11R 阿蘇ステークス
(3歳以上 オープン・ハンデ ダート1700m)

人気は朝9時の段階でメイショウウタゲが4.2倍で1番人気
最低13番人気シンゼンレンジャーですら42.7倍ですから
オッズ的にはどの馬が買ってもおかしくないでしょう。
小倉ダート1700mはコーナーが4つある上に直線も291mと他場と比べても短いので
逃げ・先行馬にとって有利なコース
差し馬の場合だと4コーナーまでに捲って上がって来れないと連に絡むのは難しいでしょう。
今回のメンバーを見渡すと逃げる可能性が1番高いのがトミケンユークアイ
前走マリーンSでもハナに立って自分の競馬をしましたが
勝ったショウナンアポロン(明日のエルムSに出走)に終始マークされるなど
楽な競馬ではありませんでしたが直線でも粘って3着に残りました。
今回は「何が何でも逃げたい」という馬はこの馬以外にいませんし
前走よりかは楽なペースで逃げられるのではないかと思います。
叩き3戦目で状態も上がってきているでしょうし
鞍乗の秋山騎手もこの馬に1度乗って勝利していますし
昨年のこのレースを勝利した騎手でもあります。
人気も現在6番人気ですから狙ってみても面白いでしょう。
また過去5年のレースデータを調べますと

・1番人気か2番人気のどちらかが必ず連対
・5枠か8枠の馬が必ず連対
・勝ち馬は全て最終コーナーで3番手以内にいた馬
などが好走率の高いデータとしてありますので
人気的に1,2番人気になる可能性があるピンポン、モズライジンあたりが有力でしょうか。
ほかでは前走OP特別で上位に来たメイショウウタゲ、ブライトアイディア
追い切りの動きが良かったヒラボクレジェンド、シンゼンレンジャーフォローハートあたりまで押さえたい。
三連複1頭軸流し
8-4,5,6,7,9,12,13(21点)

スポンサードリンク


続いて新潟のメインレース
新潟11R 新潟日報賞
(3歳以上1600万円以下・ハンデ 芝1400m)

こちらも1番人気はベステンダンクで4.0倍。
最低17番人気メイショウハガクレでも65.7倍しかつきませんので混戦模様です。
直線の長い新潟コースということで差し馬に有利と考えがちですが
ここでも逃げ・先行馬が有利で特にAコース使用時は逃げ馬の前残りが顕著です。
(今開催はAコースを使用です。)
今回のメンバーで逃げ馬と言えるのはウインガニオンただ一頭。
500万、1000万と逃げ切り勝ちを見せ今回は1600万に挑戦。
新潟は初めてですが同じ左回りの中京の1400mを勝っているので問題なくこなせるでしょう。
まあこのメンバーでは格下なのは間違いないので
舐めて楽に逃げさしてくれるようならば」勝てずとも3着くらいならばあるかもしれません。
追い切りも良かったですし人気もないので狙ってみても面白いでしょう。
他、追い切りで良く見えたのは
ウエスタンメルシー
アンジェリック
ストーミーシー
ブラヴィッシモあたりです。

また過去5年のレースデータを調べますと
好走率の高いデータとして以下のようなものが挙げられます。
・勝ち馬は4歳馬か5歳馬
・連対馬10頭のうち7頭は当日6番人気以下の馬
・5枠か8枠の馬が必ず連対
追い切りと過去レースデータを併せて考えると
面白いのはアンジェリックでしょう。
ここ2走は惨敗していますが現級で2着した実績がありますし
昨年のこのレースの4着馬です。
追い切りでも最終は美浦坂路で4F54.6-12.1
1週前も同じく美浦坂路4F52.3-12.3と好時計を連発しています。
東京の芝1400mで3勝を挙げるなど典型的なサウスポーです。
鞍乗も乗りなれた田辺騎手に戻りましたし人気的にも妙味ありです。
なのでこのレースはウインガニオンアンジェリックの2頭のフォーメーションで勝負します。
三連複フォメ
7,13-3,7,9,10,12,13,16-3,7,9,10,12,13,16(25点)

追い切り推奨馬
小倉12R3歳以上500万円以下 芝1200m
(推奨馬はEの欄)

競馬 ブログランキングへ

前走は逃げて大惨敗を喫しましたが
直線での失速ぶりから陣営は距離が長かったと結論付け
今回は思い切って1200mに距離短縮してきました。
追い切りでは最終追い切りで栗東坂路4F53.4-12.2
1週前で同じく栗東坂路4F53.9-12.1
2週前でも同じく栗東坂路4F52.5-11.8
また先週の日曜追いでも栗東坂路4F54.3-12.2と
これでもかというくらいに負荷をかけた強い追い切りを敢行しています。
これだけやれるという事はそれだけ状態が良い証拠でしょうし
川田騎手に騎乗依頼してることからも勝負気配を感じます。
斤量52.0kgなのでこの馬に乗るために減量しなくてはなりませんし、
それだけにここでは結果を残したいところでしょう。

スポンサードリンク

-予想