ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

「レース予想」東京新聞杯2020&きさらぎ賞2020

ラジャカジャです。
東京新聞杯2020&きさらぎ賞2020のレース予想をやっていきたいと思います。

その前に先週のレース予想の結果ですが
根岸ステークス&シルクロードステークスともに軸馬にした馬が4着止まりで
いずれも不的中でした。

根岸ステークスの軸馬ダノンフェイスは好位で競馬し直線も粘っていましたが
上位2頭とは明らかに力の差があっての4着という印象。
「もうちょっと頑張れば3着だったのに・・・」という感じでもなかったので
予想的には完敗でした。
ただ勝ったモズアスコットにはびっくりしました。
ダート初挑戦でこうも楽々と重賞を勝ってしまうとなると
フェブラリーステークスでは本命視されそうな気がします。
今年のフェブラリーステークスは何となくメンバーが手薄な感じがしますので
この馬にも十分チャンスがありそう。

シルクロードステークスは軸馬に推したモズスーパーフレアあ注文通りの逃げを見せてくれましたが
ラスト100mあたりでバテテ外から差してきた3頭に交わされて4着でした。
直線入ってからも2番手にいたセイウンコウセイと2頭で3番手以下にかなりの差をつけていたので
このまま「いったいったの競馬」かなと思いましたが
やはり今の京都の馬場は内が痛んでいるらしく最後は馬場の良い外を走って伸びてきた馬に差されてしまいました。
もう少し内が残る馬場だったら馬券は当たっていたかもしれませんが
「~たら、~れば」を言ってもしょうがないので
気持ちを切り替えて今日の予想で的中を目指したいと思います。


スポンサードリンク

[レース予想」東京11R 東京新聞杯

まずいつものように追い切り診断から書いていくと
今回A評価に推したのはプリモシーン

プリモシーン
美浦南Wでの2頭併せ
終始馬なりで5F67秒0-1F12秒1の時計をマーク
直線で併せ馬の内に入れてしっかり折り合いをつけ併入。
ゴール後に抜き去る調教内容。
馬のフットワークも軽くストライドの伸びも十分。
馬の走る気が前面に出ているような活気ある走りで
充実ぶりが伺える馬体。
問題なくA評価。

それ以外の馬では
モルフェオルフェ、サトノアーサー、ケイデンスコール、ケイアイノーテックあたりが好印象。

人気に押されているヴァンドギャルドも動きは悪くないが
馬体の線が細くあまり余裕のない作りに感じる。

レッドヴェイロンも特別悪いとも感じないが
後半の動きが平凡に移り追い切りから強調できる要素は感じない。

クリノガウディーは馬体にブレなく安定感ある走りでしたが
終始舌を出していて集中して走っていない印象。

レイエンダは併せ馬で1馬身の遅れ。
鞍乗はしっかり追ったものの馬の反応が鈍い。

前走は参考外、得意の条件で一発を期待!

軸馬 プリモシーン

オッズはかなり割れていますが軸馬は追い切り診断で唯一A評価をつけた
プリモシーンでいきたい。

左回りの1600m戦はこれまで5戦して2勝2着1回3着の好成績。
その中には男馬相手に快勝した関屋記念や
レコード決着だった昨年のヴィクトリアマイル2着というのも含まれるので
高速馬場にも適性のあるタイプの馬。

そういう意味では開幕2週目の東京コースにぴったりだと思うので
ここ2戦二けた着順での大敗には目をつむって勝負してみたい。

特に前走のマイルチャンピオンシップに関しては
レース以前に輸送で馬体減りしてしまっていたので参考外と考えていいでしょう。
追い切りの動きからいっても状態は良いでしょうし
鞍乗のM・デムーロ騎手も2週続けて調教に乗っているので
テン乗りでも大丈夫でしょう。

相手には同じディープインパクト産駒で追い切りで好印象だった
サトノアーサー、ケイアイノーテックを相手に重視。
買い目
三連複フォメ
1-5,15-2,3,4,5,6,7,9,11,12,13,15,16(21点)
スポンサードリンク

「レース予想」京都11R きさらぎ賞

こちらも例によって追い切り診断から。
今回のメンバーでA評価に推したのはギベルティ

ギベルティ
栗東坂路での併せ馬
終始馬なりで4F54秒7-1F12秒4の時計をマークし2馬身先着。
馬体にブレもなくコースの真ん中をまっすぐに走り
脚元の踏み込みも非常に力強い。
美浦の所属ですが栗東に滞在して鞍乗の武豊騎手が調教に乗っていることも
強調材料。
1戦使って順調に良化している印象でこれは文句なしにA評価。

人気に推されているアルジャンナも栗東坂路での併せ馬。
ギベルティと比べるとバランスの悪さを感じるが
脚元の踏み込みは力強く馬にも活気がある。

グランレイも栗東坂路での単走追い。
こちらはアルジャンナよりもさらにバランスの悪い走りをしていましたが
脚元の踏み込みが非常に力強く潜在能力の高さが感じられる動き。
悪くない。

コルテジア、サトノゴールドも動き自体は悪くない。

配当的に妙味の薄いレース。参加料程度で勝負する

軸馬 ギベルティ

軸馬は追い切り診断で唯一のA評価をつけたギベルティ
おそらく人気になっているアルジャンナ重賞級の馬だと思うので
この馬に勝てたらGIでも勝負になるだろう。

正直どこまでの力があるのかは分かりませんが
わざわざ関西のレースに使うくらいですから
陣営の勝負気配はかなり高いでしょう。
頭数も少ないですし配当的に妙味はないので
少しだけ買って今年の3歳クラシック路線に乗る馬かどうか
見極めていきたい。
買い目
三連複2頭軸流し
4,8-1,3,5,6,7(5点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断