ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

函館記念2017、追い切り診断、A評価は4頭

ラジャカジャです。
函館記念2017に出走する馬の追い切り診断をしていきたいと思います。

水曜追い切りをした馬のみの診断で
登録馬全てを網羅できていませんので
残りの馬はレース当日にアップいたします。


スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
マイネルミラノ
ヤマカツライデン
ツクバアズマオー
パリカラノテガミ
B評価:
ルミナスウォリアー
ナリタハリケーン
ダンツプリウス
ジョルジュサンク
サクラアンプルール
ケイティープライド
カムフィー
アングライフェン
トウシンモンステラ
C評価:
該当馬なし

好気配 マイネルミラノ

昨年の勝ち馬マイネルミラノは
最終追いは函館競馬場のWコースでの2頭併せでした。

アルチレイロ(3歳500万)を2~3馬身ほど先行させる形でスタート
カーブから追い出し始め直線で並ぶと
相手も追い出し始めたがアタマ差先着した。

動きにも活気があり最後まで気を抜かずに走って
先着したのは好印象

5F67.7-1F12.2とまずまずの時計ですし
昨年と同じローテで来ていますので
順調に調整されている印象です。

これで内枠に入れればかなり面白いですが

久々も好仕上がり ヤマカツライデン

天皇賞・春以来2ヶ月半ぶりとなるヤマカツライデン
最終追い切りは函館競馬場のWコースで単走追いでした。

ステッキを入れた負荷をかけた追い切りでしたが
馬も最後まで集中して走っており
久々を感じさせない軽快な走りをしていました。

ステイインシアトル、マイネルミラノといった同型馬との兼ね合いが重要ですが
先の2頭は番手での競馬もできますが
ヤマカツライデンは「何が何でも逃げる」というタイプの馬

それも大逃げを打って逃げたい馬なので
そんなに気そり合うこともなく先手を取れそうな気がするので
追い切りの動きを加味すると見せ場以上のシーンがあっても不思議ない。

反応良し ツクバアズマオー

日経賞以来約3ヵ月半ぶりのレースとなるツクバアズマオー
最終追い切りは函館競馬場のWコースでの単走追い

カーブから意欲的に追われ直線でも力強い走りを披露
最後まで集中した走りで反応の良さが感じられました。

休み明けで馬体が太いとも感じませんでしたし
「これは(状態が)いいな」と思える動きをしていました。

これまでに挙げた7勝のうち5勝が中山コースと
中山巧者のイメージがある同馬

ただ函館でも8戦して1勝2着2回3着3回と好走率は高いですし
鉄砲駆けも利くタイプなので久々も問題にならないでしょう。

あまり後ろ競馬するようだと差し届かずの競馬になりそうですが
内枠に入って好位で競馬できるようならこの馬にもチャンスありそう。
スポンサードリンク

状態は文句なし パリカラノテガミ

最後にもう1頭A評価をつけたのはパリカラノテガミ

函館競馬場のWコースで単走で追いきられましたが
走る時のフォームが全くブレておらず綺麗
ストライドも長くて首の使い方も上下に上手く振りながら
バランスを取っていて見ていて惚れ惚れするような走りでした。

2走前に15番人気で1600万を勝利して
前走は重賞に初挑戦して10着とレベル的には
格下な感じですが状態はかなり良いと感じますので
展開次第では上位争いする可能性も否定はできない

他では・・・

サクラアンプルールは併せ馬で3馬身前を走らせていたが
ゴール時は併入。
なかなか活気ある動きで悪くはない。

ルミナスウォリアーも併せ馬で良い動きを披露していましたが
多少馬体がブレていたのは気がかり

アングライフェンはキャンター程度の軽い追い切りで評価しずらい

ナリタハリケーンは追い切りの内容は軽いですが
リラックスした走りをしていて印象は悪くない。

まとめ

サトノアレス、ステイインシアトルといった人気馬の追い切りは見れませんでしたが
マイネルミラノ、ヤマカツライデン、ツクバアズマオーといった実力馬は
良い動き・良い気配でした。

枠順と実際のオッズ次第ではこの3頭のどれかを本命にしても
いいかなと思っています。
スポンサードリンク

-追い切り診断