ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

「レース予想」高松宮記念2020

ラジャカジャです。

今日は春のGIシリーズの一発目
高松宮記念2020のレース予想をしていきたいと思います。

とは言ったものの今日は季節外れの積雪。
9時の段階でかなり降っておりこのまま降り続けば
結構積もりそうな雰囲気がしますが
中山競馬は通常通りに開催するとのこと。
*3レース以降は取りやめになりました。

メインでは重賞マーチステークスが行われますが
予想は高松宮記念オンリーでいきたいと思います。

今や全世界で流行蔓延しているコロナウイルスですが
ここ数日で更に感染が広まっている印象で
終息する兆しが見えません

昨日も東京、千葉、大阪、神奈川あたりで多くの感染者が判明していますし
このままいくと日本もアメリカやイタリアのように
外出禁止となってしまうかもしれませんね。

一か月後はほんとうにどうなってしまうのだろうと
考えるだけでも不安になってしまいますが
競馬は無観客とは言え開催してくれているので本当に有難い。
一時でも不安を忘れて競馬で楽しんでいられる時間があるので幸せですね。


スポンサードリンク

「レース予想」中京11R 高松宮記念

今回も例によって追い切りでよく見えた馬から
軸馬を探していきたい。

A評価
ダノンスマッシュ
グランアレグリア

ダノンスマッシュは
栗東CWで4Fからの単走追い。
終い軽く追って4F54秒8-1F12秒0の時計をマーク
キビキビとした動きでストライドの伸びもあって
馬体にブレもなく安定感ある走り。
前走から中2週とレース間隔が詰まっていますし
1週前追いでしっかり時計を出していますので
軽めの追い切りではありましたが
もう十分すぎるくらいに仕上がっている印象。
出来は間違いなくいいと感じます。

グランアレグリアは美浦坂路での単走追い。
終始馬なりながらも4F51秒9-1F12秒3の好時計をマーク
馬体に全くブレがなく安定感抜群の走りで
リラックスした動きでリズミカルに最後まで走っていました。
昨年の阪神カップ以来のレースとなりますが
この動きを見る限り太目感はありませんし
十分に仕上がっていると感じます。
今回が初の1200m戦で鞍乗もテン乗りの池添騎手と懸念点はありますが
追い切りの動きを見る限りはケチのつけるところはなく
文句なしにA評価でいいでしょう。

それ以外の馬については
セイウンコウセイ、クリノガウディーは動きに脚元の踏み込みに力あり
ストライドもしっかり伸びていたので好印象。

ナックビーナスは併せ馬で遅れたものの動きそのものは良いと感じる。

モズスーパーフレアは相変わらず坂路で猛時計を出していますが
VTRで見ると後半は明らかに疲れていた様子。

ダイアトニックは軽めの追い切りでインパクトに欠けたが
余力は十分にありそうな感じ。

タワーオブロンドンはこれまた藤沢厩舎お得意の馬なり調教。
バランスの良い走りで力強さもあったがいまいちインパクトに欠ける。

モズアスコットも終始馬なりで併せ馬で1馬身先着。
順調に調整されてきている印象。

それ以外の馬は特に印象に残らず可もなく不可もなくといったところ。
スポンサードリンク

昨年の雪辱を期待

軸馬 ダノンスマッシュ

昼前のオッズで人気はグランアレグリアが単勝オッズ3.9倍で1番人気。
以下タワーオブロンドン(4.8倍)、ダノンスマッシュ(5.1倍)、モズアスコット(8.3倍)、
ダイアトニック(9.2倍)と続きここまでが単勝一桁台のオッズ。

前走阪神カップで圧勝したグランアレグリアが1番人気に推されているものの
1200m戦は今回が初めてなだけに強さは認めても「この距離でどうなの?」という懸念点からか
そこまでの高い支持は得ていない様子。

私自身もこの馬は強いとは思いますが1200mの馬ではないように思いますし
今日のような重たい馬場だと前走のようなパフォーマンスも期待できないのでは?
と思っているのが正直な感想。
追い切りはすごく良かったのであっさり勝つかもしれないですが
凡走する危険性も秘めていると感じるのでこの馬はあくまでヒモ扱いとします。

軸馬に推したのは追い切り診断でもう一頭のA評価であるダノンスマッシュ
1200m戦を得意としていてこれまで重賞4勝を挙げており
父ロードカナロアの後継馬として期待を集めている馬。
ただGIレースで結果が出ていない(GIは過去5戦して3着が1回のみ)ことと
左回りでの実績がない(左回りは過去4戦して勝ち星なし)ことから
今回は3番人気に留まっています。

ただ1200m戦に限って言えばGIは3戦して3着1回
左回りコースは昨年の高松宮記念(4着)のみなのでそこまで気にするほどのデータではないと思います。
昨年の高松宮記念にしても外枠で終始外を回らされていましたし
直線で内にささってしまって上手く追えなかったのが主な敗因と言えるので
それで勝ち馬と0秒2差の負けならば悲観する内容でもなかったと思います。

陣営も今年は高松宮記念を最大目標として捕らえ
前走オーシャンSの時点でかなり仕上げてきていました。
その結果スプリンターズSを勝ったタワーオブロンドンを倒して重賞制覇。
その状態をキープしたまま今回レースに挑めますし
枠順も昨年とは違い3枠6番の好枠をゲット。

鞍乗も当初は乗る予定ではなかった川田騎手を確保でき
GIを獲る態勢は整ったといっていいでしょう。

個人的にも昨年の高松宮記念とスプリンターズSはこの馬から勝負して
悔しい思いをしているので私自身も「今回こそは」の思いでこの馬から勝負したい。

相手には人気上位の馬はみな押さえますが穴で押さえたいのはラブカンプー
近走は全く成績が冴えないですが一昨年のスプリンターズSで2着した実績がありますし
重馬場での好走歴もあります。
追い切りではいつものようにダイメイプリンセスと合わせていますが
1週前追い切りで初めて先着しましたし
調教師も「大分状態は戻ってきた」と話しています。
枠も良いところに入りましたし現在最低人気ですが侮れないと思います。
買い目
馬連流し
6-3,5,8,9,12,14(6点)
三連複1頭軸流し
6-3,5,8,9,12,14(15点)
3連単1着固定流し
6-3,5,8,9,12,14(30点)

あとは現在コロナウイルスが流行っているので
それにあやかった馬券も遊びで買ってみようと思います。

ダイアトニック(ダイアモンドプリンセス号)
ブカンプー(中国 武漢)
タワーオブロンドン(イギリスのジョンソン首相が感染)
ダイメイプリンセス(ダイヤモンドプリンセス)

なのでこの4頭のワイド&三連複BOXも買ってみたい
3,5,9,13(6点/4点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断