ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

「レース予想」桜花賞2020

ラジャカジャです。

今日は3歳牝馬クラシックの第一戦
桜花賞2020を予想していきたいと思います。

先週の大阪杯は追い切り診断でA評価に推した3頭全て
馬券に絡みましたが買い方の下手さ加減で外してしまいました。

まあ運がないと言ってしまえばそれまでですが
まあ買い方が下手だなと改めて思ってしまいました。
まあでも追い切りでの馬の見方は間違っていないので
それは自信を持って今後も予想に励みたいです。

先週から更に感染が広がっている印象のコロナウイルスですが
JRAの職員の間でも感染が確認され
美浦の稲垣幸雄厩舎の従業員(厩務員かどうかは書かれていない)も
感染の疑いがあるなど(結果は陰性)ありましたので
個人的には騎手や調教師から感染が出るのは時間の問題なんじゃないかなと思っています。

来週は中山競馬場で皐月賞もありますし
何とか踏ん張ってほしいですが。


スポンサードリンク

阪神11R 桜花賞

例によって追い切り診断から。
今回A評価に推したいのは以下の馬たち

ミヤマザクラ
クラヴァシュドール

ミヤマザクラは栗東坂路での併せ馬
終始馬なりで4F52秒8-1F12秒0をマーク
脚元の踏み込みはとても力強く
馬体にブレは一切なく安定感抜群の動き。
併せ馬で遅れた事は全く減点材料にならず
調教VTRを1回見ただけでA評価に相応しいと感じました。

負荷はあまり掛かっていない調教でしたが
1週前にCWでしっかりやっていますし
前走重賞を勝ってからはこのレースを目標にしっかり調整できた事もあって
まさに万全の態勢でレースに望めそう。

クラヴァシュドールは栗東CWでの単走追い。
やや頭の高い走法ながらも力みのない走りで
ストライドの伸び、脚元の踏み込みは申し分なし。
馬体のブレもなく特にケチをつける所もなく
文句なしにA評価をつけたい。

この2頭以外では
リアアメリア、デアリングタクト、スマイルカナ、マルターズディオサあたりも良い動きに思えた。
特にリアアメリアは前走の追い切りと比べても状態の良さが感じられたので
A評価にしてもいいかなと思ったくらい。

人気になっているレシステンシアは迫力ある動きではあったが
バランスの悪さが目につきB評価に留めた。

GIだけにさすがに状態が悪いと思う馬は1頭もいなかった。

福永とMデムに期待!

軸馬 クラヴァシュドール、ミヤマザクラ

13時の段階で人気はレシステンシアが単勝オッズ4.1倍で1番人気
以下デアリングタクト、サンクテュエール、リアアメリア、マルターズディオサ、
クラヴァシュドールと続きここまでが単勝一桁台のオッズ。

2歳女王レシステンシアが1番人気も前走の敗戦から支持を落とし
人気は混戦模様となっています。

軸馬は追い切り追診断でA評価に推した2頭をそのまま据えたい。
クラヴァシュドールは阪神JF3着、チューリップ賞2着と実績は十分。
先行できる脚質ですし阪神のマイル戦も今回が4戦目ですし
ここで大崩れするシーンは想像しにくい。
鞍乗もGIでは頼りになるMデムーロ騎手ですし馬券にはかなりの確率で絡んでくると思います。

ミヤマザクラはディープインパクト産駒で兄に重賞勝ち馬マウントロブソンがいる良血馬。
前走重賞を勝ってからは桜花賞を目標に1か月まえから調整されており
追い切りを見ても万全の出来でレースに挑めるのは間違いないでしょう。
鞍乗の福永騎手というのも3歳牝馬のGIで再三馬券に絡んできているイメージありますし
ここは大いに期待したい。

買い目
馬連フォメ
11,14-4,8,9,11,14,17(9点)
三連複フォメ
11,14-4,17-3,4,5,6,8,9,11,14,17(24点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断