ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

「レース予想」ラジオNIKKEI賞2020&CBC賞2020

ラジャカジャです。

先週の宝塚記念は奇跡を相手筆頭にピックアップしておきながら
馬券は外すという何とも残念な結果でした。

気を取り直してラジオNIKKEI賞2020&CBC賞2020の予想をしていきたいと思います。
今週から福島競馬が始まりましたが
やはりというべきか逃げ馬、先行馬が軒並み馬券に絡み
脚を溜めて外から差してくるタイプの馬はほぼ全滅という結果でした。

雨の影響もあるので重馬場適性も重要かと思いますが
後方で競馬している馬が伸びてこないので
基本的には前で競馬する馬を勝っていれば当たると思います。

阪神、函館のレースを見ていても逃げ馬、先行馬がほぼ馬券に絡んでいるので
どの馬が先行するのか(逃げるのか?)が分かれば馬券は当たると思います。

騎手に関して考察してみると今日に関して言えば注目はルメール騎手ではないでしょうか。
重賞のある福島、阪神ではなく函館での騎乗。
8鞍に騎乗しますがその全てが勝ち負け濃厚な馬で重賞勝利よりも
複数勝利を目論んでの函館遠征でしょう。

またレース復帰後順調に勝ち星を伸ばしている戸崎騎手。
先週4勝を挙げて昨日も1勝を挙げていますが
1番人気に騎乗した場合の成績は先週から昨日までのレースで
7鞍騎乗して(0・1・1・5)という成績。

ニュートンテソーロ(単勝1.9倍 11着)
ラインオブフェイト(単勝1.9倍 8着)
シネマトグラフ(単勝1.6倍 2着)
といったグリグリの人気馬に乗っても勝てないので
今の傾向から行くと1番人気に乗った時の戸崎騎手は軽視すべきで
逆に2番人気~5番人気の馬に騎乗した時は馬券に絡んでくる率が高いので
積極的に買っていくといいと思います。



スポンサードリンク

「レース予想」福島11R ラジオNIKKEI賞

また例によって追い切り診断でA評価に推した馬から
軸馬を選んでいきたい。
今回A評価に推したのは以下の1頭

ルリアン
栗東坂路での単走追い。
馬体にブレもなく最後まで安定感抜群の動き。
脚元の踏み込みも非常にパワフルで
4F53秒4-1F12秒2の時計も優秀。
状態は間違いなく良いと見てA評価に推す。

それ以外の馬では人気のパラスアテナは美浦南Wでの併せ馬。
終始馬なりで動きは素軽いものの力強さを感じず非力な印象。
アタマ差先着したがゴール後に交わされているのも印象は良くない。

グレイトオーサーは美浦南Wでの単走追い。
アタマの高い走法で汗もかなりかいており割引き。
ただ動きそのものはストライドもよく伸びており悪くなない。

サクラトゥジュールは美浦南Wでの単走追い。
終始手綱を引いていて上手く折り合えていない印象。
単走追いでこれだけ掛かっているので不安な仕上がり。

軸馬 ルリアン

追い切り診断でA評価に推した馬がこの馬しかいなかったので
そのまま軸馬に選びます。
先行できる脚質ですし大外枠でもこの頭数ならば
スムーズな競馬ができそう。
鞍乗の坂井騎手は川田騎手の代役という感じでしょうが
それでも重賞を勝てる滅多にないチャンスですか
頑張ってくれると思います。
買い目
馬連流し
12-2,5,8,9,10(5点)
三連複フォメ
12-5,9-1,2,3,5,6,8,9,10,11(15点)
スポンサードリンク

「レース予想」阪神11R CBC賞

こちらも追い切り診断でA評価に推したから軸馬選びをしたい。
今回A評価に推した馬は以下の馬

アンヴァル
クリノガウディー

アンヴァルは栗東坂路での併せ馬で3馬身先着。
馬体にブレはなく安定感ある走り。
素軽い動きで手前の替え方もスムーズ。
最後はステッキを使ってしっかりと負荷を掛けた調教で
このレースに向けてメイチで仕上げたという印象。

クリノガウディーは栗東坂路での単走追い。
脚元の踏み込みは力強く安定感ある走り。
先週坂路で4F50秒4をマークしているように
状態はすこぶる良さそう。

軸馬 クリノガウディー

前走降着したとは言えGIで1着入線したことからも
1200mにこそ適性があると言っていいでしょう。
実質GIを勝ったという判断で斤量58㎏を背負わされたのは
仕方ないと思いますが追切での出来と
わざわざ横山典騎手に騎乗依頼していることから考えて
凡走はないと思いますのでこの馬から買ってみたい。
相手は前で競馬できる馬を中心にチョイスしていきたい。

買い目
馬連&ワイド流し
7-1,4,8(各3点)
三連複フォメ
7-1,4,8-2,5,9,14,15,16(18点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断