ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

レパードステークス2017、1週前追い切り、坂路注目馬は5頭

ラジャカジャです。
今日はレパードステークス2017に出走予定の馬の
1週前追い切りを見ていきたいと思います。

その前に昨日のブログ予想の結果ですが
3戦0勝でした。

アイビスサマーダッシュは軸にしたアクティブミノルが
踏ん張りきれず4着
まあ予想した通りの展開でしたが
あれで3着に残れないなら仕方ないなという感じでした。
ただ勝った馬が8枠の馬ですので
やっぱりこのコースは人気に関わらず外枠の馬を
中心に買うべきでしょうね。

クイーンステークスは大逃げを打ったアエロリットが
最後までセーフティリードを保ったまま逃げ切り勝ち

開幕週の馬場だったというのもありますが
横山典騎手の積極的な騎乗がマッチしたと言っていいでしょう。
逆にアドマイヤリードは後方待機策を取っていたので
展開が向きませんでした。
ただもう少し見せ場を作っても良かったかなと思います。
GIは勝ちましたが地力という面ではまだまだかなと感じました。

比較的自信のあった小倉のメインも
本命にしたオーヴィレールが9着に大敗
敗因はよく分かりませんが3走前に中山で走った時も大敗していますから
輸送が影響したのかもしれません。

唯一の救いは追い切り推奨馬として紹介した
小倉3Rのメイショウヒボタンが2着に来た事
参考買い目も的中して
馬連5点で29.6倍の配当はまずまずだと思います。

今後も平場のレースに出走する馬で
追い切りの動きから狙って面白そうな馬は積極的に
ブログで取り上げていきたい。

とは言え、今週こそは重賞レースを的中させたい。


スポンサードリンク

レパードステークス2017 1週前追い切り

最終追い切りで馬の状態を見るのも大事ですが
1週前に仕上げて最終追い切りは調整程度という
調教方法を取る陣営もいるので
1週前追い切りについてもチェックするのも大事。

レパードステークスは登録馬は25頭
流石に全馬はチェックできないので
栗東・美浦の坂路コースで追いきられた馬の中で
時計面から注目できる馬を取り上げてみたい

坂路で自己ベスト更新! アディラート

ダートに転向してから安定した成績を残しているアディラート

1週前追い切りは栗東坂路で4F51秒0-1F12秒0をマーク
全体時計は自己ベストをマークしました。

2週前の追い切りでも栗東坂路で4F52秒4-1F12秒2の好時計をマーク
2週続けて負荷をかけた追い切りをしているので
状態は良さそう

ドバイ遠征から帰国して今回が3戦目
距離延長がカギになりそうですが
実力的にも丁度力を発揮できる頃かと思います。

状態上向き サルサディオーネ

前走で500万勝ちしたサルサディオーネ

坂路で速い時計はあまり出してこなかったが
今回は1週前追い切りで栗東坂路4F51秒9-1F12秒6の自己ベストを更新
最後の1ハロンはラップを落としていますが
それでも12秒台半ばで留まっているので悪くないです。

最終追い切りでも同じくらいの時計を出してきたら
状態に関しては前走以上と見ていいでしょう。
スポンサードリンク

こちらも自己ベスト更新 ダンサクドゥーロ

未勝利→500万と連勝中のダンサクドゥーロ
CWコースでの追い切りが多い馬ですが
1週前は栗東坂路で追いきって4F51秒7-1F12秒8の好時計をマーク
こちらも全体時計は自己ベストをマークしました。

前走の最終追い切りでは栗東坂路4F52秒2-1F13秒0だったので
これを上回ってくるようなら状態は前走以上の出来と見ていいでしょう。
連勝中の馬だけに軽視できない存在

3連勝なるか? テンザワールド

500万→1000万特別と連勝中のテンザワールド

1週前追い切りは栗東坂路で4F51秒0-1F12秒5の好時計をマーク
こちらも全体時計は自己ベストをマークしましたが
これまでの記録を1秒更新していますし
最後まで失速することなく走れていますので
これは結構強い馬かもしれません。
最終追い切りも注目してみたい1頭

元気一杯の走り ハルクンノテソーロ

美浦で目立った動きをしているのはハルクンノテソーロ

1週前追い切りは美浦坂路で4F52秒5-12秒8の好時計をマーク
この陣営はひたすら坂路で本数をこなして鍛えていくタイプ
1日2回坂路で追い切りするのが普通でこの日も
もう一本坂路で追い切りを消化しています。

馬もそれに負けずに元気一杯の走りで応えていますし
ここ2戦オープンで連続2着と力をつけていますので
最終追い切りも要チェックでしょう。
スポンサードリンク

-追い切り診断