ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

小倉記念2017、1週前追い切り、バンドワゴン、ヴォージュ、ストロングタイタン

ラジャカジャです。
今日は小倉記念2017に出走予定の馬の
1週前追い切りについて書いていきたいと思います。

登録馬が13頭と重賞レースにしては少なめで
3歳馬の出走がいませんので
やや新味に欠けるメンバーですが
昨年の1,2着馬であるクランモンタナとベルーフ
前走1600万を快勝したストロングタイタン、サンマルティン
前走は重賞で惨敗だったものの力をつけてきた
ヴォージュ、バンドワゴン
前走の七夕賞で5着とまずまずの結果だったフェルメッツァ
距離短縮がカギも重賞を勝つ力は十分あるカフジプリンスなど
なかなか予想し甲斐のあるメンバーでもあります。

最終追い切りの前に
1週前追い切りの動きがどうだったか?を
チェックしていきたいと思います。


スポンサードリンク

小倉記念2017 1週前追い切り

最終追い切りで馬の状態を見るのも大事ですが
1週前に仕上げて最終追い切りは調整程度という
調教方法を取る陣営もいるので
1週前追い切りについてもチェックするのも大事です。

ラストの伸びは優秀  バンドワゴン

前走鳴尾記念では2番人気で7着と人気を裏切ったバンドワゴン

1週前追い切りは栗東坂路で一杯に追われて4F53秒8-12秒0の好時計
最後まで加速ラップを踏んでいて状態は良く順調に来ている感じ

前回の追い切りでは
1週前:栗東坂路4F53秒3-12秒5
最終:栗東坂路4F51秒6-12秒4
という時計を出していたので
今回も最終追い切りで52秒を切ってくるようだと面白い

この馬は以前は逃げ馬でしたが
最近は好位差しの競馬にスタイルが変わってきています。
2走前の但馬Sでは結果を出したが
小回り平坦コースで開幕2週目の小倉コースですから
前で競馬したほうが有利
今回どんな競馬をするのかにも注目

まずまずの動き ベルーフ

昨年の2着馬ベルーフ

1週前追い切りは栗東CWでの併せ馬
シャルドネゴールド(2歳新馬)の稽古をつけるような感じで
ラストは強めに追われて6F83秒6ー1F11秒8の時計をマーク

時計面だけで見ればラストは速いが全体時計はかかっているので
可もなく不可もなくといった印象
最終追い切りの時計と動きを見てジャッジしたい。

近走は二桁着順が続くなど冴えない成績だが
小倉記念は2015年2着、2016年2着となぜか相性がいい。
関係者曰く「気分屋で気持ちが乗ってこないと走らない」
そうなので気候やコースなどが丁度この馬にあっているのかもしれません。

展開が向くか ヴォージュ

1600万を連勝し前走の七夕賞では3番人気に推されたが9着と惨敗だったヴォージュ

1週前追い切りは栗東坂路でコンゴウトシオー(3歳未勝利)との2頭併せ
ラストは一杯に追われて4F55秒4ー1F12秒4の時計をマークし併入

前回の七夕賞の時の追い切りを振り返ると
1週前:4F56秒6-1F13秒3
最終:4F55秒5-1F13秒2
というようにこの馬は調教駆けしないタイプなので
時計面ではなくVTRなどで動きをチェックしないと
状態の良し悪しが判断できない馬です。

ただ今回の1週前追い切りは一杯に追われて
ラストはまずまずの時計を出してきたので
最終追い切りでも変わってくる可能性はあるかもしれません。

この馬は先行して直線で早めに先頭に立って
押し切るというタイプなので
今の小倉コースはマッチしそうな印象
実力的には1枚落ちるものの状態が良く展開が向けば
この馬にもチャンスはありそう。

更なる前進を期待 フェルメッツァ

前走の七夕賞で5着だったフェルメッツァ

1週前追い切りは栗東坂路で一杯に追われて4F55秒7ー1F12秒5をマーク
前回(七夕賞)の時の追い切りを振り返ると
1週前:栗東坂路4F52秒4-1F13秒3
最終:栗東坂路4F54秒7-1F12秒7
という感じだったので
今回はそれと比べると全体時計が遅くラスト1Fは速い

全体時計がかかっているのは前走から中3週でレースに使うため
意識的にセーブしたのかもしれません。
最終で4F52秒台、ラスト1F12秒台とかだったら
前走以上のデキと見て良さそう。
スポンサードリンク

その他の馬は・・・

ストロングタイタンは中2週でのレースと
間隔が詰まっているので軽めの調整
最終追い切りはそれなりの時計を出してくると思いますが
小倉は4戦3勝と相性が良く叩き2戦目での上積みも期待できるので
普通に勝ち負けに加わってきそう。

サンマルティンは小倉に滞在しての調整
鞍乗の戸崎騎手が「すごい馬」と評価しているほどの逸材
戸崎騎手のJRA全10場重賞制覇が懸かっていますが
一発で決められるか。
こちらも最終追い切りの動きは要チェック

タツゴウゲキも栗東CWで一杯に追われて好気配
最終追いで動きもチェックしたいが出来は安定している印象
前走七夕賞では勝ち馬ゼーヴィントから0秒4差の6着と健闘
重賞でも十分戦える事を示しました

ケイティープライドは栗東CWで6F84秒5ー1F11秒5をマーク
函館から栗東に帰厩して今度は小倉に遠征と
かなりハードなスケジュールになっていますが
時計面で判断する限りは馬は元気でしょう。
前走は52kgのハンデをもらって5着と健闘しましたが
それ以上の着順に入るには展開の助けが必要。

前走目黒記念から2ヶ月空いたカフジプリンスは坂路で調整
終いだけ追って4F56秒4-1F12秒2をマーク
順調に来ている感じですが
今回は距離2000m、小倉コースと初物づくしで
正直使ってみないと分からない。

宝塚記念以来のレースとなるスピリッツミノルは栗東CWで2頭併せ
6F81秒5-1F12秒1をマークしてしっかり先着
放牧から帰厩して順調に追い切りを消化しています。

フェイマスエンドは栗東坂路で調整
一杯に追われて4F54秒0ー1F12秒1とまずまずの時計
前走は7ヶ月ぶりのレース&道中掛かってしまって12着に大敗
1度使われての上積みと折り合いがしっかりつけば
巻き返して来る可能性はあるでしょう。

クランモンタナは栗東坂路で4F53秒4-1F12秒5の時計
本数も多く乗っていますし
状態に関しては問題なさそう。
障害に転向して前走2戦目で未勝利勝ち
当初は障害レースを使う予定でしたが
昨年の勝ち馬ということで急遽このレースを使うことにしたそう。
昨年は11番人気で勝利を挙げましたが今回はどうか。
スポンサードリンク

-追い切り診断