ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

レース回顧 追い切り診断

関屋記念2017、1週前追い切り、注目馬、ロードクエスト、ダノンプラチナなど

ラジャカジャです。
今日は今週行われる関屋記念2017
1週前追い切りの注目馬を書いていきたいと思います。

その前に昨日のブログ予想の結果ですが
3戦2勝でした。
小倉11R 小倉記念
三連複 6820円的中!
札幌12R 藻岩山特別
馬連 1130円的中!
三連複 2290円的中!
三連単 9480円的中!

小倉記念はデータ予想から軸馬として選んだ
タツゴウゲキが見事1着
M・デムーロ騎手が落馬で秋山騎手に急遽乗り替わるという
アクシデントはありましたが上手く騎乗してくれました。

ブログの買い目には載せていませんでしたが
三連単も購入していてそちらの方も的中できたので
個人的には大満足の結果でした。

また札幌12Rの藻岩山特別はナイトオブナイツを本命にして
馬連、三連複、三連単のトルプル的中!

事前情報からナイトオブナイツのアタマは堅いと見ていましたが
三連単は94倍となかなかの高配当がつきました。

一方堅い決着で決まると思っていたレパードステークスは
11番人気ローズプリンスダムが勝利し
2着にも12番人気サルサディオーネが逃げ残って
三連単は80万馬券という大波乱の結果でした。

エピカリスにとっては直線で前が壁になるなど
不運な競馬でしたがこういう結果になるのでは?と
危惧していた部分も感じていました。

ただ2着に来たサルサディオーネは追い切り診断でA評価にしていた馬でしたので
買い方次第では的中していたかもしれませんでした。
やっぱり競馬は買い方が1番難しいですね。

他では「今日の鉄板馬」として紹介した
新潟8Rのケイブルグラムが2着に入線
参考買い目も的中と好調です。

「今日の鉄板馬」に関しては
かなりの確率で的中していますね。
(その分配当は安いですが)

今週も引き続き新潟・小倉・札幌での3場開催
重賞は13日(日)に新潟で関屋記念、
札幌でエルムステークスが行なわれます。

今週は2重賞とも当てられるようにしっかり予想していきたいと思います。


スポンサードリンク

関屋記念2017 1週前追い切り

関屋記念に出走予定の馬で
坂路調教で目立った動きをしていた馬を中心に
取り上げて見たいと思います。

順調に来ている印象 ロードクエスト

前走パラダイスステークス6着からの巻き返しを図りたいロードクエスト

1週前追い切りは美浦坂路で4F52秒2-1F12秒7の時計
失速することなく最後までペースを維持したままゴール
まずまずの状態で来ている印象

前走は7ヶ月ぶりのレースでプラス12kgと太目残りで
展開も向きませんでした。
今回は順調に来ている感じがしますし
新潟2歳ステークスを圧勝した時以来の新潟コース
巻き返して来る可能性は大いにありそう。

休み明けも動きは良好 ダノンプラチナ

昨年の富士ステークス以来約10ヶ月ぶりのレースとなるダノンプラチナ

6月の後半から坂路で乗り始めて
7/19に美浦坂路で強めに追われて4F52秒8-12秒5の時計
7/27には4F50秒9と速い時計を出すもラストは失速して13秒0とかかった。
そして1週前追い切りとなる8/2の追い切りでは
4F53秒5-1F12秒6と最後まで加速ラップを踏んだままフィニッシュ
大分体の方が順応してきたかなという感じ

おそらく目標はマイルチャンピオンシップでしょうから
そこから逆算して夏場に1回使って
前哨戦である程度メドをつけた状態に持っていくイメージでしょう。

好時計をマーク クラリティスカイ

前走エプソムカップでは15着と大惨敗を喫したクラリティスカイ

スタートで出負けした上に道中思いっきり掛かってしまって
競馬になっていませんでした。

今回は折り合いをどうつけるか?が課題になりそうですが
1週前追い切りでは美浦坂路で4F52秒1-1F12秒5の好タイムをマーク

折り合いはしっかりついていて最後まで加速ラップを踏んだままゴール
非常に良い追い切りだったと思います。

左回り、1600mとも問題なくこなせるタイプですから
ここは要注意でしょう。
スポンサードリンク

斤量差を活かしたい オールザゴー

前走のNHKマイルカップでは
16番人気という低評価を覆して5着に入線したオールザゴー

1週前追い切りは栗東坂路で4F54秒6-1F13秒0を馬なりでマーク
3ヵ月ぶりの実践ですしまだ馬体も太い印象ですが
3歳馬なので成長分と考えていいかもしれません。

おそらくラストはしっかり追ってくると思いますが
前回(NHKマイルカップ)の時は栗東坂路で
4F52秒3-1F13秒0という時計でしたので
全体時計で52秒台、ラストで13秒を切ってくれば
体調的には問題なく来ていると見ていいでしょう。

坂路で軽めの調整 ブラックムーン

前走の中京記念で3着
重賞制覇まであと一歩という感じのブラックムーン

1週前追い切りは栗東坂路で4F55秒9-1F12秒9の時計をマーク
中2週でのレースとなるため軽めの調整に終始しました。
おそらく最終追い切りも終いだけ軽く追う程度じゃないでしょうか。

前走は後方2番手で競馬し直線では上がり3Fは
メンバー最速の時計をマークして伸びてきたものの
届かず3着でした。

今回も同じような競馬をすると思いますが
できれば中段よりやや後ろくらいの位置取りで競馬したいところ

他では・・・

ムーンエクスプレスは栗東坂路で4F53秒6-1F12秒7とまずまずの時計
レベル的には格下ですが逃げ馬だけに一発があるかも。

ウインガニオン、ダノンリバティ、マイネルハニーらは
いずれも前走から中2週でのレースとなるため軽めの調整
最終追い切りで動きをしっかりチェックしていきたい。

メートルダール、ヤングマンパワーは美浦南Wで調整
順調に来ている感じですので
こちらも最終追い切りで動き&気配をしっかり見極めていきたい。
スポンサードリンク

-レース回顧, 追い切り診断