ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

エルムステークス2017、予想データ、勝つ可能性のある馬は3頭だけ

ラジャカジャです。
今日はエルムステークス2017のデータ予想をしていきたいと思います。
過去10年のレースデータから
いつくかの好走パターンを導き出し
今回馬券に絡む可能性の高い馬を見つけていきたいと思います。

因みに先週の小倉記念ではデータ予想から
馬券に絡む確率が最も高いと判断したのは
タツゴウゲキ(1着)、ベルーフ(4着)の2頭でした。
今週も馬券に絡む馬をチョイスできるように頑張りたいです。


スポンサードリンク

過去レースデータ

過去10年で1番人気は2勝3着4回という成績
馬券にはそこそこ絡んでいますが
2着以内には2回だけしか着ておらず
信頼度としてはイマイチ

2番人気~5番人気までの馬が
7勝2着7回と好走していて
二桁人気の馬が馬券に絡んだのはわずかに2回

なので傾向としては上位人気の馬で決まることの多いレースですが
着順次第ではそれなりに高配当も期待できるレースと言っていいでしょう。

1着馬になる馬の条件とは?

過去10年の1着馬について調べてみると
以下のようなパターンに分類できる事が分かりました。
①前走重賞レースに出走し2着以内だった馬
②前走OP特別に出走し1番人気だった馬、
若しくは1着だった馬
③前走GIに出走していた馬
④前走1600万クラスで1着
今回の登録馬で上記のデータに該当する馬は
テイエムジンソク
ピオネロ
コスモカナディアン
サングラスの4頭テイエムジンソクは現在3連勝と勢いに乗っている馬
しかも2走前の大沼Sで2着以下に4馬身
前走のマリーンSでも2着以下に5馬身とOP特別で圧勝しています。
今回もこの馬が勝ち馬としては最有力でしょう。

ピオネロは重賞で2着3回と実績は申し分なし
ただ勝ちきれない印象があるのでテイエムジンソクのような
勢いのある馬と戦って勝ちきれるイメージが沸かない。

それならば前走1600万勝ちのコスモカナディアンが面白そう。
重賞勝ちはありませんが今年1月の川崎記念で3着とGIで好走した実績があります。
休み明けで前走安達太良Sを快勝
叩いた上積みも期待できますし
このパターンは昨年勝利したリッカルドと全く同じです。
狙って妙味ありな1頭

同じく前走1600万を勝ったサングラスは
今回4か月ぶりのレースとなります。
ダートに転向してからは初の重賞レース挑戦ですし
今回は荷が重いでしょう。
スポンサードリンク

2着、3着に来る馬の条件は?

次に2着、3着に来る馬の条件について調べてみたいと思います。

これも過去10年のレースデータからパターンを調べてみると
以下のようなパターンが考えられます。
①前走重賞レースで5着以内
②前走OP特別で3着以内
③過去に重賞レースで連対実績のある馬
今回の登録メンバーで上記に該当する馬は
クリノスターオー
ショウナンアポロン
ドリームキラリ
モンドクラッセ
リッカルド
ロンドンタウンの6頭が該当します。

クリノスターオーはこれまでに重賞3勝を挙げており
エルムステークスでも2014年2着、2016年2着と好走実績があります。
実績で考えるとこの馬も十分勝つ可能性はあると思いますが
2015年のアンタレスステークスを勝って以降
13戦して2着5回3着2回と勝ちきれない印象がすっかり付いてしまっているので
今回も2着、3着というのが妥当な線でしょうか。

ショウナンアポロンは2016年のマーチステークスを逃げ切り勝ち
8番人気という人気薄でマークも薄くマイペースの逃げを打てたことが勝因
ただ近走は惨敗続きでここ4戦続けて二桁着順
さすがにここで巻き返して来るイメージは沸かない。

ドリームキラリは前走のマーキュリーカップで4着と好走
ただこのレースで2着ピオネロ、3着クリノスターオーには
2馬身以上の差をつけられており重賞レースではまだまだ実力不足な印象
展開が見方しても3着までが精一杯かなと思う。

モンドクラッセは重賞勝ちはありませんが2016年の東海ステークスで2着した実績があり
昨年のエルムステークスでも3着に来ています。
夏競馬にも積極的に使われていて
札幌・函館で6戦して5勝3着1回と全て馬券に絡んでいます。

今回はアンタレスステークス以来約4ヶ月ぶりのレースということで
状態面がどうか気になるところですが
2走前の総武ステークスではピオネロを負かしていますから
実力的には十分勝負になります。

リッカルドは昨年のこのレースの勝ち馬
直線で逃げるモンドクラッセを捕らえ
猛追してきたクリノスターオーをクビ差凌いでの勝利でしたが
それ以降は6戦して全て馬券圏外
前走のマリーンステークスでもテイエムジンソクに完敗しているので
昨年の再現を期待するのは酷な感じ。

ロンドンタウンは今年に入って交流重賞佐賀記念を勝って重賞初制覇
2走前のアンタレスステークスでも2着に入るなど
成長著しい4歳馬
前走の平安Sでは12着と大敗し
一旦放牧に出して体調を整えての札幌遠征
実力的には十分勝ち負けできるレベル

他では大沼S5着、マリーンS4着とそこそこ頑張っているリーゼントロックですが
2戦続けて完敗したテイエムジンソクがいますし
前走よりメンバーレベルが高いとこから加味しても
ここは掲示板に載れれば御の字でしょう。

まとめ

1着候補として考えられるのは
テイエムジンソク
ピオネロ
コスモカナディアンの3頭

2,3着候補として考えられるのは
クリノスターオー
モンドクラッセ
ロンドンタウンの3頭が有力でしょう。

軸馬としてはやっぱりテイエムジンソクが最適でしょう。
ただ1番人気の勝率は高くないので
2着、3着に敗れる可能性もあると見ています。
波乱の立役者として期待したいのはコスモカナディアンでしょうか。
あとモンドクラッセの逃げ粘りにも期待したい。
スポンサードリンク

-重賞展望