ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

関屋記念2017、追い切り診断、A評価は4頭

ラジャカジャです。
今日は関屋記念2017に出走予定の馬の
追い切り診断をしていきたいと思います。

先週の追い切り診断では
レパードステークスでA評価にした3頭のうち
サルサディオーネが2着、エピカリスが3着と好走

小倉記念でもA評価にした3頭のうち
フェルメッツァが3着と
両レース共にA評価にした馬が馬券に絡みました。

今回もしっかりジャッジして
馬券に絡める馬を見極めていきたいと思います。


スポンサードリンク

関屋記念2017 追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

*水曜追い切りを消化した時点での評価です。

A評価:
ダノンリバティ
マイネルハニー
ダノンプラチナ
マルターズアポジー
B評価:
ウインガニオン
ウキヨノカゼ
オールザゴー
クラリティスカイ
ブラックムーン
メートルダール
ヤングマンパワー
レッドレイヴン
ロサギガンティア
C評価:
該当馬なし

安定感ある走り ダノンリバティ

昨年の2着馬で前走の中京記念は5着だったダノンリバティ

最終追い切りは栗東坂路での2頭併せ
リズムの良い走りで最後まで速いラップを刻んで1馬身先着
時計も4F50秒8-1F12秒4となかなかの好タイム
前走から中2週というタイトなスケジュールですが
最後はしっかり追ってきたなという印象

因みに前走中京記念の時の最終追い切りは
同じく栗東坂路で追われて4F50秒5-1F12秒8でした。

全体時計は前回の方が良いですが
前回はラスト1Fで失速しているのに対し
今回は失速せずに最後まで走れているので
内容としては今回の方が上だと思います。

VTRで動きを見ても馬体が全くブレずに安定感ある走りで
ラチ沿いを真っ直ぐに走っていました。
キビキビとした動きで気配もすごく良かったですし
1度叩かれての上積みは明らかでしょう。
文句なしにA評価です。

軽快な動き マイネルハニー

前走福島テレビオープンで2着だったマイネルハニー

最終追い切りは美浦南Wでの2頭併せ
パートナーがかなり前で走っていましたが
直線で一気に加速すると並ぶ間もなく交わし1馬身先着

VTRで動きを見てもストライドが大きく
体全体を上手く使って走っています。

鞍乗の腰の位置が追っている時も全くブレていないので
それだけ馬のフォームが安定して証拠ですし
叩き3戦目で状態は更に良くなっている印象
前走から中2週という厳しいローテで来ていますが
馬は元気一杯と言う感じの走りでした。
こちらも文句なくA評価

初戦から動ける態勢にあり ダノンプラチナ

今回が約10ヶ月ぶりのレースとなるダノンプラチナ

最終追い切りは美浦坂路での2頭併せ
最初はスローで入り2F目から一気にペースを上げて
そのまま最後まで速いラップを刻み続け、
併せた馬にクビ差先着してゴール

時計も4F51秒6-12秒6と時計だけを見れば
好調時と何ら変わらない水準で走っています。

VTRで動きを見ても馬に躍動感があって
馬も気持ち良さそうに走っている印象でした。

さすがに10ヶ月ぶりのレースですし
目標は先にあるのでここで目一杯仕上げることはないですが
時計&動きを見る限り十分勝ち負けに加わってきそうな雰囲気を感じます。

一変しそうな動き マルターズアポジー

ここ2戦逃げて二桁着順のマルターズアポジー

最終追い切りは美浦南Wでの2頭併せ
パートナーを2馬身ほど先行させる形でスタート
直線に入ると一気に加速
クビ差先着してゴールするとその後も追われて
1馬身先着することろまでやっていました。

前回の追い切りでもA評価をつけましたが
前回は3ヵ月ぶりのレースだったこともあって
やや急仕上げな感じもありました。

今回は余裕を持った調整をしていますので
状態面でいえば今回の方が上でしょう。
スポンサードリンク

気配は良いが動き硬い ウインガニオン

現在3連勝中のウインガニオン

最終追い切りは栗東坂路での単走追い
前半は馬なりラスト2Fを強めに追う感じの調教で
4F54秒8-1F12秒5の時計をマーク

中京記念から中2週で来ているので
疲労が残らないようにあまり負荷をかけずに追い切ったという感じでしょう。

VTRで動きをチェックすると走る時に
多少のブレはあるがそこまで大きくないですし
走りに活気があって馬の雰囲気はすごく良いです。
反面後ろ脚の蹴る力が弱いのかストライドが短く
硬い走りに見えたので多少の疲労も残っている印象

状態としては前走の良い状態を何とかキープしているが
疲労も溜まっているという所でしょうか。

時計はいいが・・・クラリティスカイ

前走エプソムカップ15着からの巻き返しを図りたいクラリティスカイ

1週前追い切りでは美浦坂路で4F52秒1-12秒5の好時計をマークしていて
最終も同じく美浦坂路で4F52秒1-12秒9の好時計をマーク
時計だけで判断すればA評価でもいいのですが
VTRで動きを見てちょっとガッカリ

併せ馬でステッキを入れるなど鞍乗が必死に促しているのにも関わらず
反応が鈍く併せ馬で1馬身の遅れ
馬はリラックスした感じで走れているので
この馬がどうのというよりもパートナーが走りすぎただけという可能性もあるが
見栄えとしては良くない。

疲労が残っている印象 ブラックムーン

前走中京記念3着からの巻き返しを図りたいブラックムーン

最終追い切りは栗東CWでの単走追い
終始馬なりで最後の直線だけ気合いをつけた調教内容でした。
追ってからの伸びはいつものブラックムーンでしたが
途中躓くシーンもありましたし汗もひどくかいていました。
全体的に動きも重く感じましたし疲労が溜まっている印象です。

その他の馬は・・・

ウキヨノカゼ は美浦坂路で併せ馬で先着
特別良くなっているとは感じなかったが
割りと動けているし雰囲気も良い

メートルダール、レッドレイヴンは
リラックスした走りも動き自体は平凡

ヤングマンパワーは坂路で併せ馬にクビ差遅れ
動きに今ひとつ切れが感じられず
出来は今ひとつか

オールザゴーは併せ馬で先着したものの
追ってからの反応がイマイチ
斤量差でどこまで上位に食い込めるか

ロサギガンティアも併せ馬で先着しているが
ストライドが狭く動きも硬いので
評価はいまいち

まとめ

追い切りから推奨したいのは
ダノンリバティ
マイネルハニー
ダノンプラチナ
マルターズアポジー
特にダノンリバティとマイネルハニーは叩かれて
状態面での上積みは明らかにありそう。
木曜追いを予定している馬もいるので
その中でA評価できる馬がいれば後日の記事で付け足したい。
スポンサードリンク

-追い切り診断