ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

札幌記念2017、追い切り診断、A評価は4頭

ラジャカジャです。
今日は札幌記念2017に出走予定の馬の
追い切り診断をしてみたいと思います。

しかし雨が降り止まないですねぇ~・・・
8月に入ってから東京方面は今日で17日連続の雨らしく
ここまで夏に長雨が降った年もあまり記憶にないですね。

昨日は特に気温も低くて涼しいを通り越して
肌寒く油断すれば風邪でも引きそうなくらいでした。
(昨日は10月中旬の気温だったそうです)

ワタシ自身寒暖の変化に弱いタイプで
風邪を引いたとまでは行きませんですけど
ちょっと体調を崩してしまい
気分もイマイチ優れなくてここ2日ばかり
記事の更新が途絶えてしまいました。

体は鍛えているつもりでしたが
油断するとやられますねぇ・・・

暑すぎる夏も嫌ですが
今年みたいに夏らしくない夏というのも何だか嫌ですね。
(寒いよりは暑いほうが好きですけど)

まあそんな事はさておき
さっそく追い切り診断をしていきたいと思います。


スポンサードリンク

札幌記念2017 追い切り診断

先週の関屋記念ではA評価に挙げた4頭のうち3頭が掲示板に載り
マルターズアポジー(1着)と
ダノンリバティ(3着)の2頭が馬券に絡みました。

またエルムステークスでも唯一A評価として名前を挙げた
テイエムジンソクが2着に入線したように
追い切り診断でA評価として取り上げた馬がよく馬券に絡んでいます。

札幌記念と明日の記事で更新予定の北九州記念の追い切り診断でも
馬の状態をしっかりジャッジしていきたいと思います。

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。
*水曜追い切りを終えた馬のみのジャッジです。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
マイネルミラノ
ヤマカツエース
ナリタハリケーン
ロードヴァンドール
B評価:
サクラアンプルール
エアスピネル
サウンズオブアース
アングライフェン
ツクバアズマオー
タマモベストプレイ
C評価:
ディサイファ
サングラス

気配&仕上がり共に良好! マイネルミラノ

前走は函館記念で4番人気で11着と惨敗したマイネルミラノ

前回も追い切り診断ではA評価にしましたが
今回も追い切りの動きは素晴らしく見えました。

最終は函館のWコースで2頭併せ
直線で楽々と交わし先着
追ってからの動き&気配&迫力ともに
前回を上回る動きで状態は万全だと思います。

前走の敗因は雨による馬場悪化と斤量58kgとはっきりしています。
今回は斤量1kg減ですしGⅡといっても
人気ところはエアスピネル、ヤマカツエース、
サウンズオブアースなど休み明けの馬ばかり

良馬場であることが望ましいが
積極的な競馬を見せればこのメンバーでも
勝ち負けするだけの力はある。

休み明けも不安なし ヤマカツエース

宝塚記念3着以来4ヶ月半ぶりのレースとなるヤマカツエース

最終追い切りは函館芝コースでの単走追い
内ラチに沿って真っ直ぐ駆けて行き
走るフォームも一定でストライドも良く伸びていました。

1週前追い切りでも函館ダートコースで目一杯に追われており
休み明けながら馬体は絞れている印象
もちろんここでメイチに仕上げることはないでしょうが
十分勝ち負けできる状態

ほぼベストの出来 ナリタハリケーン

前走函館記念で7着だったナリタハリケーン

前走時も最終追い切りではなかなか良い動きをしていましたが
今回は更にそれを上回る動きでした。

最初はゆったりとした動きでリラックスした走りでしたが
鞍乗の藤岡康太騎手がステッキで合図を送ると
素早く反応し切れ味鋭い末脚を披露

走るフォームにブレはなく気迫のこもった調教で
馬の雰囲気も非常に良く状態面では今が1番いいのでは?と感じました。

重賞では実績のない馬ですが芝に転向して今回が3戦目
一変する可能性はありそう。

気配良好! ロードヴァンドール

前走大阪杯14着以来約4ヶ月半ぶりのレースとなるロードヴァンドール

最終追い切りは函館Wコースでの2頭併せ
終始馬なりで一杯に追われていた僚馬にアタマ差先着されたが
ゴール後も長く併せ馬をしていて
折り合いをつける調教としては十分合格でしょう。

脚取りは素軽い印象だったので追えば伸びたでしょうし
併せ馬での遅れは問題ないと思います。
とにかく気配が際立っていた印象を受けたので
休み明けでも状態は良いと感じてA評価とします。
スポンサードリンク

他の馬は・・・

サクラアンプルールは函館芝コースでの2頭併せで3馬身先着
追ってからの脚は素晴らしく1度叩かれた上積みは明らか。
正直この馬もA評価にしようか迷ったが
上記の4頭とのVTRでの印象度の差でB評価に留めた。

エアスピネルは函館Wコースでの単走追い
VTRで見ると若干動きが固く見えるし
やや太めに映るものの迫力ある走りをしていて気配は良かった

サウンズオブアースは函館芝コースでの2頭併せ
鞍乗は手綱を押えて折り合いをつけようとしていたが
馬の走りたい気持ちが強く掛かり気味に見えた。
気配は良かったが前脚に力強さを感じなかったので
もう1本追い足りない印象を受けた。

アングライフェンは札幌芝コースでの2頭併せ
鞍乗は押えていたが馬は口を割るくらいに掛かっていた。
直線でゴーサインを出すと馬は伸びたが
尻にステッキを何発も入れるなど
やりすぎでは?と思うほどの目一杯の追い。
迫力は伝わったがこの追い切りでレースにどう臨むのだろうと
少し疑問に感じた。

ツクバアズマオーは札幌ダートでの単走追い
終始舌を出していてストライドも狭く感じたので
馬自身集中して走れていない印象
ただフォームはブレずに安定しているので
状態そのものは悪いとは思わない。
ただ前走時は良く見えていただけに
上積みがあるようには思えない。

タマモベストプレイは函館ダートコースでの単走追い
動き自体は悪くないが取り立てて言うほど
走りに特徴がなかった。
馬場が悪化して力のいる馬場になれば
前走の再現があるかもしれないが。

ディサイファは札幌芝での単走追い
終始馬なりで軽めの内容
実績はあるので軽視できないが
この追い切りは少し軽すぎる気がする。

サングラスはステッキを入れるなど
負荷をかけた追い切りをしていたが
馬は全く反応していなかった。
格下の馬でこの状態ではレースに出ても厳しいと思う。

まとめ

追い切りで良く見えたのは
マイネルミラノ
ヤマカツエース
ナリタハリケーン
ロードヴァンドールの4頭
特にマイネルミラノは前走からの上積みは明らかにありそうだし
ナリタハリケーンは今がピークと思えるような素晴らしい動きをしていました。
ヤマカツエース、ロードヴァンドールも
休み明けを感じさせないいい仕上がりと思います。

B評価の中ではサクラアンプルール、エアスピネルの2頭は
気配が良く力は出せる状態と感じました。
スポンサードリンク

-追い切り診断