ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

レース回顧 追い切り診断

新潟記念2017、1週前追い切り注目馬、先週の重賞回顧

ラジャカジャです。
今日は昨日行われた重賞レースの回顧と
さらに今週行われる古馬の重賞レース
新潟記念2017に出走予定の馬の1週前追い切りについて書いていきたいと思います。


スポンサードリンク

日曜のブログ予想結果

昨日のブログ予想の結果ですが5戦3勝でした。
札幌11R キーンランドカップ
三連複1万5390円的中!
小倉11R 小倉日経オープン
三連複 1580円的中!
今日の鉄板馬
小倉8R 3歳以上500万円以下
三連複 820円的中!

キーンランドカップはソルヴェイグの馬券圏内は堅いと見て
本命にしましたが12番人気エポワスが絡んで
三連複は万馬券と高配当を当てることができました。
個人的に購入した馬連と三連単も的中できたので
この1レースだけでかなり儲けることができました。

エポワスは前走惨敗&9歳馬ということで人気を落としていましたが
追い切り診断でA評価にしたように状態はかなり良く見えましたし
洋芝巧者で鞍乗にルメール騎手を配してきたことから見ても
勝負気配の高い馬でした。

一方新潟2歳Sは軸馬にした
シンデレラメイクとムスコローソは共に惨敗
全く駄目な予想でした。
やっぱり2歳馬は分かんないですね。

重賞レース回顧

キーンランドカップ
勝ったのは12番人気のエポワス
スタート後に後方に下げて折り合い
道中は後ろから3,4番手という位置で競馬
勝負所の4コーナーで上がっていくと
直線は馬場の真ん中を通り先頭を視界に捉えると
残り200mを切った辺りでグンと加速。
逃げるナックビーナスとそれに迫るソルヴェイグの間を
割って入り差しきったところでゴール
9歳馬にして初めての重賞制覇となりました。

逃げたナックビーナスが3着、
2番手で競馬していたソルヴェイグが2着というように
前残りの競馬でしたので
それを後方3番手から差しきったエポワスは
強い競馬をしたと思います。
今後のローテはどうなるのか分かりませんが
年齢的な衰えも感じないですし
来年も現役続行の可能性は高いでしょう。

2着のソルヴェイグはほぼ完璧な競馬でしたので
これは買った馬を褒めるしかないでしょう。
3着のナックビーナスも積極的な競馬をしたのが
好走につながったと思います。

1番人気で6着に敗れたモンドキャンノは
好位で競馬していて
直線では外に出して伸びてきそうな雰囲気はありましたが
伸びきれず惨敗。
距離1200mというのは少し短い感じがしますし
洋芝もあまり向いていないような印象を受けました。

また3番人気で13着と大敗したシュウジは
絶好の3番手で競馬していましたが
4コーナー手前から手応えが怪しくなり
モレイラ騎手の手が盛んに動いていました。
直線でも全く伸びず結果は12着馬から1秒9も離された
ダントツの最下位に沈みました。

これは馬の調子どうこうというより馬に何かあったのでは?
と考えてしまうレベル
もし馬体に異常がないのだとしたら
馬の気持ちの問題かもしれません。
実力馬ですが次戦以降狙いづらくなりそう。

新潟2歳ステークス
勝ったのは3番人気フロンティア
スタートを決めて2番手につけると
折り合いをつけてそのまま直線へ
残り400mの地点で逃げるコーディエライトに並びかけると
そこからテンクウを含めた3頭の長い叩き合いが始まり
最後はスタミナの差でフロンティアが2頭を突き放してゴール

スローペースで前残りの競馬だったのは分かりますが
差し馬が1頭も伸びてこなかったのは意外でした。
上がり3Fの時計が最速だったのは
3着のテンクウで32秒6
勝ったフロンティアが32秒9(2位)で
逃げたコーディエライトでも33秒1(4位タイ)なので
上位3頭が強かったという競馬でした。

1番人気で12着と大敗したムスコローソは
スタートは互角で最初は中段の内で競馬していましたが
その後ズルズルとポジションを下げて
直線に入った所で後方3,4番でという位置取り。
そこから内ラチに沿って伸びてこようとしましたが
反応が鈍く見せ場すら作れず惨敗でした。
この競馬を見てしまうと芝ではもう買えないかな。
ヘニーヒューズ産駒ですしダートの方がいいと思います。
スポンサードリンク

新潟記念2017 1週前追い切り

アストラエンブレム
8/24(木)美浦坂路4F50秒5-1F12秒0
坂路駆けする馬ですが1週前追い切りで好時計を出してきました。
前回のエプソムカップ(2着)の時は
土曜追い切りで美浦坂路4F50秒8-1F11秒9の猛時計を出して
最終追い切り美浦坂路4F51秒9-1F13秒0という時計でした。
最終で4F52秒前後、1F12秒前半~半ばくらいだったら
文句ない出来だと思います。

カフジプリンス
8/23(水)栗東坂路4F52秒3-1F12秒3
前回の小倉記念(5着)の時は
1週前追い切り 4F56秒4-1F12秒2
最終追い切り 4F54秒1-1F12秒5
(いずれも栗東坂路)
という時計でした。
それと比べると今回の方が時計はいいので
最終も負荷をかけた追い切りをしてきたら
状態は前走より上と考えてもいいでしょう。

ロイカバード
8/23(水)栗東坂路4F51秒7-1F12秒6
坂路の自己ベストを更新
前回の佐渡S(2着)の時は
1週前追い切り 4F52秒3-1F12秒7
最終追い切り 4F53秒0-1F12秒6
(いずれも栗東坂路)
だったので最終は4F52秒台、1F12秒台であれば
前走からの上積みは十分期待出来そう。

角居厩舎から3頭出走登録されていますが
その3頭とも日曜追いを敢行
ハッピーモーメント
8/27(日)栗東坂路4F54秒4-1F12秒3
時計的にはまずまず動けている感じ
目黒記念(3着)以来約3ヵ月ぶりのレースですが
この馬は鉄砲賭けの実績はあるので
いきなりでも勝負にはなるでしょう。
久々の2000m戦がどうか。

フルーキー
8/27(日)栗東坂路4F54秒2-1F12秒3
8/20(日)栗東坂路4F52秒8-1F12秒5
と日曜追いで時計を出していますし
ラップの推移も良い。
近走重賞で馬券に絡んでいませんが
重賞勝ちしている馬だけに軽視は禁物でしょう。

ラストインパクト
8/27(日)栗東坂路4F54秒9-1F13秒1
坂路で本数はこなしていますが
まだ軽めの調教といった感じです。
今年はダート戦に出走するなど
イマイチ路線がはっきりしていない同馬ですが
ジャパンカップ2着とか
ドバイシーマクラシック3着などの実績がある馬なので
こちらも軽視は禁物
最終追い切りで動きをしっかり見極めたい。

他にも前走重賞勝ちの
タツゴウゲキ、ルミナスウォリアーなどもいて
なかなかメンバーレベルは高い
スポンサードリンク

-レース回顧, 追い切り診断