ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

セントライト記念2017、追い切り診断、A評価は4頭

ラジャカジャです。
今日はセントライト記念2017に出走予定の馬の
追い切り診断をしていきたいと思います。

その前にちょっと競馬小話
ローズステークスのアドマイヤミヤビの出走回避に続き
セントライト記念でも3連勝中だったセダブリランテスが
右前脚の挫石のため出走回避となりました。

程度としては重くはない」という話ですので
今年中にレース復帰はできそうですが
これで人気はアルアインの一本被りになりそう。

10日に韓国で行われた国際レース
コリアカップ&コリアスプリントは
共に日本から参戦したロンドンタウン、
グレイスフルリープが勝利。

コリアカップにおいては
2着もクリソライトが入って
日本馬のワンツーフィニッシュでした。
レースVTRを見る限り韓国馬のレベルはかなり低そう。
普通のOP馬が行っても勝てそうな感じ。


スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
アルアイン
クリンチャー
スティッフェリオ
サーレンブラント
B評価:
インペリアルフィズ
クレッシェンドラヴ
サンシロウ
サンデームーティエ
ストロングレヴィル
プラチナヴォイス
ブラックギムレット
ミッキースワロー
ローリングタワー
C評価:
サトノクロニクル

力強い動き! アルアイン

ルメール騎手との新コンビで2つ目のGI獲りを目指すアルアイン

最終追い切りはルメール騎手自らが跨って
栗東CWでの2頭併せ
ジークカイザー(4歳1000万)を3馬身ほど先行させる形でスタート
直線で軽く仕掛けると馬は即座に反応し
力強い走りで抜き去り半馬身先着してゴール

時計も4F50秒9-1F11秒6と速いですし
跨ったルメール騎手も
休み明けだけど、コンディションはいいね。
と満足した様子。
VTRで見ると少し頭が高いのが気になりましたが
馬の迫力というか気配は物凄く良かったですし
脚の運びは力強いものでしたので
勝ち負けできる仕上がりだと思います。
A評価でいいでしょう。

気配良好! クリンチャー

ダービー13着からの巻き返しを図るクリンチャー

最終追い切りは栗東CWでの単走追い
6Fから追いきって最後は一杯に追われて
6F81秒1-1F12秒1と好タイムでまとめました。

クビを低くして前脚を高く上げる独特のフォームでしたが
バランスの悪さはそれほど感じませんし
気合いの乗った迫力ある追い切りでしたので
馬自身充実しているように感じました。

見た感じ少し太めに映りましたが
最終で負荷を掛けた追い切りをしてましたので
これで丁度良くなりそうな感じ

坂路で好時計! スティッフェリオ

夏の北海道で3戦したスティッフェリオ

最終追い切りは栗東坂路での2頭併せ
速いペースで最後まで走りきり
4F51秒9-1F12秒5の好時計をマーク
VTRでみると終始馬なりで楽な手応えでしたし
馬の気に任せた感じの調教でした。
走るバランスもいいですし力強さもあって気配も良好。
前走1000万で3着と実績面では人気上位馬に劣りますが
軽視できない存在と思います。
スポンサードリンク

充実一途 サーレンブラント

スティッフェリオと同じく追い切りで気配の良かったのがサーレンブラント

最終追い切りは美浦南Wでの2頭併せ
強めに追われて5F66秒4-1F13秒3とまずまずの時計
VTRで動きを見ると前進を目一杯に使った伸びのある走り
それでいて馬体にブレもなく安定した走りを見せていたので
これはいい」と見てすぐに思いました。
こちらも前走1000万で3着と成績的にはイマイチですが
状態の良さで上位に食い込んでくる可能性はありそう

その他の馬は・・・

プラチナヴォイスは栗東CWでの併せ馬
終い軽めに追われましたが
折り合いを欠いていて走りに集中できていない感じ

ミッキースワローは美浦南Wでの3頭併せ
頭の高い走法が気になりますが
力強い走りで3馬身先着。
気配は良かったですが見た感じ馬体は緩そう。

サトノクロニクルは栗東CWでの2頭併せ
終い軽く追われていましたが反応が鈍く
併せ馬で遅れをとりました。
そこまで強く追われたわけではないですが
動きに素軽さが感じられませんでした。

まとめ

追い切りから推奨したいのは
アルアイン
クリンチャー
スティッフェリオ
サーレンブラントの4頭
アルアイン、クリンチャーは休み明けでもかなり仕上がっている印象
スティッフェリオ、サーレンブラントは使われつつ
更に状態を上げてきたという印象です。

セダブリランテスが回避してしまったので
中心はアルアインで良さそうな感じがします。
スポンサードリンク

-追い切り診断