ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

オールカマー2017、追い切り診断、3日間開催の余波で水曜追いは少なめでした。

ラジャカジャです。

今日は古馬のGⅡオールカマー2017に出走する馬の
追い切り診断をしていきたいと思います。

出走予定メンバーを見ますすと
今年の大阪杯で2着と健闘して
距離短いケドこのメンバーなら勝てるやろ」と
挑んだ安田記念で7着と惨敗したステファノス

3歳時は牝馬クラシック3冠も可能と言われながら
無冠に終わり最近はピークが過ぎた感のある
ルージュバック

3000m以上の距離では無類の強さを発揮する
アルバート

前走は3着と善戦したものの
こちらも長い距離が得意のカフジプリンス
など名前だけ見れば十分
GⅡレベルのレースと言えるのですが
中山芝2200mということを考えると
何とも微妙なメンバーが集った印象

少なくとも
ステファノスとルージュバックは
ここじゃなくて毎日王冠だろ
とツッコミ入れたくなります。
(まあオーナーや陣営の思惑でレースは決まるので
必ずしも使いたいレースに使えるワケではありませんが)

これならば中山得意なツクバアズマオーや
休み明けでも状態が整っていれば
タンタアレグリアあたりにも十分チャンスがありそうな気がします。

何にしても追い切りで出走予定馬の状態を
しっかり見極めていきたいと思います。


スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

水曜追い切りを終えた馬のみの診断となりますが
登録馬17頭に対し水曜追いを行った馬は
僅か5頭でした。

同日行われる神戸新聞杯に出走する馬も
水曜追い切りを行ったのは
ベストアプローチ
ホウオウドリーム
マイスタイルの3頭のみでした。

これは先週が3日間開催だったので
普段なら月曜日が休みのはずが
火曜日休みになったためでしょう。

なので最終追い切りも
1日スライドして木曜にした陣営が多かったということ
だと思います。

それでも普段通りに水曜追い切りしている
陣営がいるのは
最終追い切りを終えてレースに使うまでの
疲労回復の時間を変えたくないからでしょう。

人の都合に合わせるか
馬の都合を考えるかの違いでしょうけど
いつもと同じように水曜追いをしてきた陣営は
個人的には好印象に思います。

A評価:
カフジプリンス
B評価:
ステファノス
タンタアレグリア
マイネルミラノ
C評価:
パリカラノテガミ

使われつつ上昇 カフジプリンス

前走の新潟記念は
先行策を取り直線で1度失速しかけるものの
最後盛り返してきて3着に入るという競馬だったカフジプリンス

この馬はトップギアに入るまで時間がかかるタイプなので
距離は長ければ長いほどいい馬なのですが
この時はなるべく前で競馬して早めに追い出すという
中谷騎手の乗り方が功を奏した結果となりました。
(その中谷騎手は騎乗停止で今回乗れないのが痛いですが)

最終追い切りは栗東坂路での2頭併せ
神戸新聞杯に出走予定のホウオウドリームが必死に食い下がるものの
カフジプリンスは終始馬なりで
相手のことなど全く気にせずリラックスした走りでアタマ差先着

4F53秒4-1F12秒1と時計も良いですし
中2週のローテで来ていますが状態は更に良化してる印象
直線の短い中山コースをどう乗るかがカギになりそうですが
状態に関してはかなり仕上がっていると考えて良さそう。

動きはいいが・・・ステファノス

安田記念以来3ヵ月半ぶりのレースとなるステファノス

最終追い切りは栗東芝コースでの単走追い
鮫島良太騎手を背に(レースでは戸崎騎手が騎乗予定)
5F64秒0―1F11秒6の好時計をマーク
VTRで動きを見ると気持ち太いかな?と感じるものの
動きは柔らかで軽快なフットワークを披露
直線でステッキを数発入れると即座に反応して加速
負荷もかかっていて内容のある追い切りでした。

ただどうしても気になるのは芝で最終追い切りをやったこと
いつもならばCWで行うはずですが
藤原英調教師曰く
休み明けは成績が出ていないので調整法を変えてみた
ということらしいですが
これがレースで吉とでるかどうか。

どうみても太い タンタアレグリア

1月のAJCC杯以来約8ヶ月ぶりのレースとなるタンタアレグリア

最終追い切りは美浦南Wでの3頭併せ
蛯名騎手が跨り終い強めに追われて
6F81秒4―1F12秒5の時計をマークし併入
VTRで動きを見ると休み明けの割には
良く動けているなという感じでしたが
如何せん馬体が太いです。

まあいかにも休み明けという感じの作りだと思いますが
動きは良かったので展開次第では上位に食い込めるかも

強調すべき点なし マイネルミラノ

ここ数戦結果が出ていないマイネルミラノ

最終追い切りは美浦南Wでの単走追い
丹内騎手(レースでは柴田大騎手が騎乗)を背に終始馬なりで走り
5F68秒0―1F12秒7の時計をマーク
VTRで見ても動きそのものは軽快ですが
軽い調教内容だったので好不調の判断はしかねます。

ただ前走(札幌記念)の時は追い切り診断でA評価にしたほど
動き・気配ともに良かったので
今回はそれと比べるとややトーンダウンした感じ

前走の出来でレースは13着と惨敗だったので
今回は過度な期待は禁物か

その他の馬は・・・

パリカラノテガミは美浦南Wでの単走追い
かなり激しく追われていましたが反応は鈍く動きも重たい感じ
何よりも舌をずっと出していて走りに集中していない感じでしたので
ここは厳しいのでは?と思います。

まとめ

ほとんどの馬が最終追い切りをしていない状態ですので
最終的なジャッジは控えますが
水曜追いの中ではカフジプリンスが
動き・気配ともに良かったです。

全馬のジャッジは土曜の記事で書きたいと思います。
スポンサードリンク

-追い切り診断