ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

神戸新聞杯2017、追い切り診断、A評価は4頭、レイデオロは併せ馬で遅れも問題なし

ラジャカジャです。
今日は神戸新聞杯2017に出走予定の馬の
追い切り診断をしていきたいと思います。

ダービー馬レイデオロを筆頭に
ダービー惨敗から巻き返しを図りたい
サトノアーサー、カデナ、ベストアプローチ
2連勝中と波に乗るキセキなど
好メンバーが揃いました。

特にレイデオロは最も注目度が高い馬ですが
今回は関西圏での競馬となりますので
輸送という問題があります。
しかも先週は3日間開催だったので
最終追い切りが木曜になるなど
いつもと違う流れでの調整を強いられますので
他馬にも付け入るスキはあると思います。

個人的にはレイデオロには
そんな不安を吹き飛ばすくらいの強い競馬を
見せて欲しいという希望はありますが
状態面がどうなのかじっくりチェックしていきたいと思います。


スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
サトノアーサー
ダンビュライト
エテレインミノル
キセキ
B評価:
レイデオロ
マイスタイル
ベストアプローチ
アドマイヤウイナー
カデナ
タガノシャルドネ
タガノヤグラ
メイショウテンシャ
C評価:
ホウオウドリーム
アダムバローズ

成長力感じる動き! サトノアーサー

抜群の気配の良さを感じたのはサトノアーサー

最終追い切りは栗東CWでの2頭併せ
主戦の川田騎手を背にシルバーポジー(古馬1000万下)を
2馬身ほど先行させる形でスタート

馬なりで並びかけると一気に交わし2馬身差をつけてゴール
課題とされた折り合いもしっかりついていましたし
脚の踏み込みも力強くて馬体のフォームも安定していて
馬なりでも調子の良さが感じられる動きでした。

馬体もいくらかボリュームが出てきて成長が感じられる作りになってきましたし
初戦から勝負になりそう。

好時計連発! ダンビュライト

時計面から強調したいのがダンビュライト

9/7の2週前追い切りで栗東坂路で4F50秒7の自己ベストを更新
翌週の9/13の1週前追い切りでは
同じく栗東坂路で4F50秒4と更に更新
最終追い切りも同じく栗東坂路で4F50秒9-1F12秒8を時計をマーク
3週続けて負荷の掛かった調教をしていますし
最終追い切りに関しても
全てのラップを12秒台で走りきるなどかなり充実した調教をこなしてきています。

皐月賞3着、ダービー6着と春のクラシックで
期待以上の成績を残していますが賞金はまだ1050万なので
ここで3着以内に入らないと菊花賞に出れない可能性もあるので
陣営としてもここがメイチの勝負でしょう。

追われてからの動きが秀逸! エテレインミノル

伸び脚という意味で最も印象に残ったのはエテレインミノル

最終追い切りは栗東坂路での単走追い
ゆったりとした入りでラストだけ軽く追われて
4F54秒8-1F12秒0をマーク
時計だけ見るとそこまで良くはないですが
VTRで追われてからの動きを見ると
非常に長いストライドで力強い走りに変わっていましたし
手前の変え方も上手かったので非常に印象に残りました。

春は重賞戦で勝てずクラシックに乗れませんでしたが
夏場も休まずに使われたことで逞しさが増した印象

充実の一途 キセキ

2連勝中と勢いのあるキセキ

最終追い切りは栗東CWでの2頭併せ
M・デムーロ騎手自らが調教をつけ
終い一杯に追われて5F67秒2-1F11秒6の時計をマーク

ヘンリーバローズ(2歳未勝利)を5馬身ほど先行させる形でスタート
直線で追い詰め並びかけるも
ヘンリーバローズが思った以上に走れるため
交わすまでには至らずゴール
それでも動き・気配ともに申し分なく
特に追ってからの動きは秀逸
明らかに状態は良好で
近走の好状態をキープしている印象です。
M・デムーロ騎手もこの動きに絶賛していましたし
レイデオロのライバルになりうる存在でしょう。
スポンサードリンク

動きまずまず レイデオロ

ダービー馬として重要な秋初戦となるレイデオロ

最終追い切りは美浦南Wでの2頭併せ
ルメール騎手が栗東から駆けつけて跨り
ラヴィエベール(古馬1000万下)を4馬身ほど先行させる形でスタート
4角で馬体を併せにいき、直線では軽く追われましたが
交わしきれず先着を許してのゴール

動き自体は問題ないですが気持ち動きが重いかなとも感じました。
1週前追い切りも馬なり調教でしたし
どこかでビシッと追ってほしい部分もありますが
このあと輸送も控えていますからこれくらいで丁度いいのかもしれません。

その他の馬は・・・

マイスタイルは栗東CWでの2頭併せ
2馬身先着し時計も良いですが
頭の高い走法になっており
上手く推進力が伝わっていない感じにみえました。
ダービーの時はこれ以上ないくらいの競馬をして4着
今回も逃げてどこまで粘れるかでしょう。

ベストアプローチは栗東CWでの2頭併せ
終いだけ強めに追われて2馬身以上先着してゴール
気配良く追ってからの脚も際立っていましたが
全体的に軽めの内容だったのでそこまで良いとは感じませんでした。

ホウオウドリーム、アダムバローズの2頭は
動き重く追われても反応が鈍かったので
追い足りない印象

その他の馬は可もなく不可もなくといった感じでした。

まとめ

追い切りから推奨したいのは
サトノアーサー
ダンビュライト
エテレインミノル
キセキ
みな気配よく勝負度合いも高そうなので
レイデオロのいいライバルになりそう。

レイデオロも強い追い切りはされていませんが
順調に来ている感じなので
ダービー馬として恥ずかしくない競馬は出来ると思います。
スポンサードリンク

-追い切り診断