ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

レース回顧 追い切り診断

スプリンターズステークス2017、1週前追い切り、注目馬

ラジャカジャです。
昨日行われた東西重賞レースは
終わってみれば人気通りの堅い決着でした。

神戸新聞杯はダービー馬レイデオロが貫禄勝ち
休み明け&関西への輸送など全くの杞憂に終わる
見事な完勝でした。

馬券は三連単が的中しましたが
1番人気の組合せだったので収支としてはマイナスでした。
(ダンビュライトが3着に残ってくれればまだ良かったのですが)
レイデオロはジャパンカップに向かう予定なので
現時点での菊花賞最有力馬は2着だったキセキとなりそう。

オールカマーも終わってみれば
ルージュバック、ステファノスの実績上位馬ワンツーでの決着でした。
コース適正を考えたらこの2頭のワンツーはないだろうと思っていたので
これは意外でした。
それだけ他の馬たちが不甲斐なかったという事でしょうか。
追い切りでは抜群の動きを見せていたアルバートが
見せ場すら作れず7着という結果だったので
やっぱり馬の適正距離というのは本当に重要なんだなと
実感させられました。
スポンサードリンク

と昨日の重賞レース回顧はこの辺で終わりにして
今日は今週行われるGIスプリンターズS2017に出走予定の馬の
1週前追い切りについて触れてみたいと思います。

出走予定馬を見ると
今年の高松宮記念を制したセイウンコウセイ
昨年の勝ち馬レッドファルクス
現在4連勝中のダイアナヘイローに
前走重賞初制覇したファインニードルが出走
他にもソルヴェイグ、ダンスディレクター、ラインミーティア、
レッツゴードンキといった有力馬もいますし
昨年の高松宮記念を制したビッグアーサーも参戦しますので
現在のスプリント路線で考えうる限りの
有力馬が全て集まった印象です
これぞGIレースでしょう。

展開を予想するだけでもワクワクしてしまいますが
まずは1週前追い切りについて
各馬がどんな状態だったかを書いていきたいと思います。


1週前追い切り

時計面と調教VTRから
各馬の状態を診断していきたいと思います。
全馬はコメントできないので
有力馬と良い動きをしていた馬だけを
ピックアップしていきます。

動きまずまず セイウンコウセイ

春秋スプリント連覇がかかるセイウンコウセイ

1週前追い切りは美浦南Wでの単走追い
一杯に追われて5F67秒7ー1F12秒1の好時計をマーク
他厩舎の馬が併せ馬をやっていてこれを目標に
併せ馬をするような形になっていました。
鞍乗がステッキで合図を出すと一気に加速して抜き去りゴール
ストライドも良く伸びていて1週間前の動きとしては
文句のない出来。
前走函館SSはハイペースで逃げるシュウジをピッタリマークして
最後失速しての4着
しっかり折り合いつけて乗れれば勝ち負け必至でしょう。

気合い乗り十分! レッドファルクス

このレース連覇を狙うレッドファルクス

1週前追い切りは美浦南Wでの2頭併せ
最後は一杯に追われて6F80秒9-1F12秒6と
こちらも好時計をマーク
カーブするあたりから活気のある動きを見せ
直線びっしり併せ馬をしたあと
尻ステッキを入れてクビ差先着しました。
追われてからの反応はイマイチでしたが
気迫が篭った走りで1週前追い切りとしては十分な動き。
最終追い切りにも期待したい。

前走の状態をキープ ダイアナヘイロー

目下4連勝中と勢いに乗っているダイアナヘイロー

1週前追い切りは栗東坂路での単走追い
最初馬なりから2ハロン目でペースを上げてそのまま走りきり
4F52秒8-1F12秒7の好時計をマーク
少し右を向いたまま走っていたが
馬体の重心がブレているわけではなく
非常にリラックスした動きで
前走の状態をキープしている印象

軽快な動き ファインニードル

前走で重賞を制覇し波に乗るファインニードル

1週前追い切りは栗東坂路での単走追い
終始馬なりで4F56秒4-1F12秒6の時計をマーク
ラチ沿いを走っていましたが
軽快なリズムで気持ち良さそうに走っていました。
多少完歩が乱れるところはありましたが
バランス良く走れており状態は良さそう。
最終はもっと追ってくると思いますが
順調に来ている感じ
スポンサードリンク

坂路で好時計! ネロ

レースよりも坂路での時計が話題になるネロ

今回も1週前追い切りの段階で
4F49秒3-1F12秒4の猛時計をマーク
まさに「坂路番長」というあだ名がピッタリの馬
VTRで動きを見ても頭を低く保って
バランスよく走れていますし脚の運びも十分なので
文句のつけようがない出来
ただこれが毎度ながらレースに結びつかないのが
悩みどころ

充実の一途 ワンスインナムーン

調教VTRで最も良い動きをしていると感じたのがワンスインナムーン

1週前追い切りは美浦南Wでの2頭併せ
パートナーを直線で1馬身半程先行させ
追い出しの合図を送ると一気に加速
切れ味鋭いという形容がぴったりはまるくらいの
素晴らしい伸び脚を見せ1馬身先着
ゴールした後も負荷をかけて追われていましたし
最終追い切りも楽しみな動きでした。
現在2連勝中の馬ですしこのメンバーでは
人気ないでしょうから非常に面白い存在かなと思います。

その他の馬は・・・

約10ヶ月ぶりのレースとなるビッグアーサー
栗東坂路で調整
全体時計は51秒8とまずまずだったが
ラスト1Fは13秒8と失速
ステッキを入れて一杯に追われていましたが
反応鈍く伸びなかったので
これはちょっと厳しそう

ここ2戦重賞で活躍している
ラインミーティアは美浦南Wで調整
相変わらず手前を変えずに走っていましたが
迫力ある走りで前走からの好調を維持している印象

前走は人気を裏切った3歳馬
モンドキャンノは栗東坂路での2頭併せ
しっかり負荷をかけた追い切りでクビ差先着
前走から上積みが感じられる内容でした。

シュウジ は栗東坂路で併せ馬
力強い走りで2馬身先着したが
やや折り合いを欠いていたのが気になる

スノードラゴン、ソルヴェイグ、
ダンスディレクターは軽めの追い切りでしたが
まずまず動けている
最終追い切りでしっかりと状態を見極めたい

まとめ

1週前の段階での評価ですが
ビッグアーサー以外の馬は大体順調にきているなという印象です。
最終追い切りでさらに馬の状態の良し悪しが
見えてくると思うので引き続き追い切りに注目してみたい。
スポンサードリンク

-レース回顧, 追い切り診断