ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

地方競馬 重賞展望

シリウスステークス2017、データ予想、比較的堅いレース、日本テレビ盃予想

ラジャカジャです。
今日は今週土曜日に行われる
ダート重賞シリウスステークス2017
データ予想をしていきたいと思います。

過去10年で1番人気は
4勝2着2回3着1回という成績で
掲示板に載れなかったのは1回だけ

ここ10年、二桁人気の馬が馬券に絡んだ例は
1度もなく人気上位馬でも決着が多く
ダート戦の中でも比較的堅く決まるレースです。

メンバー的に見ても
昨年の1,2,4着馬である
マスクゾロ、ピオネロ、ミツバと
今年に入ってから好調が続いている
モルトベーネの4頭が人気を形成しそう。

どれが1番人気になるか分かりませんが
例年通り堅く決まるのならば
この4頭の組合せで決まるといってもいいでしょう。

ただ人気通りに決まらないのも競馬なので
データ面から狙える馬はいないか?
調べてみたいと思います。

また今日は船橋競馬場で
交流重賞の日本テレビ盃が行われるので
そちらの予想もしてみたいと思います。


スポンサードリンク

データ予想

過去10年(2007年~2016年)のシリウスステークスのレースデータから
馬券的中のヒントになりそうな好走パターンをいくつか調べ
それに該当する馬はいないか探していきたいと思います。

前走オークランドRT勝ち馬に注目

過去10年で馬券に絡んだ馬30頭の
前走について調べてみました。

まずクラス別に分けてみると
下記の表のようになります。
前走クラス別成績 着別度数
500万下 0- 0- 0- 1/ 1
1000万下 0- 0- 1- 4/ 5
1600万下 6- 0- 0- 8/ 14
オープン特別 1- 3- 5- 55/ 64
GⅢ 3- 5- 2- 26/ 35
GⅡ 0- 1- 2- 2/ 5
GⅠ 0- 1- 0- 3/ 3
最も多く馬券に絡んでいるのは
前走GⅢに出走していた組で10頭
次いで前走OP特別に出走した組で9頭となっていますが
注目すべきは過去10年で6勝挙げている
前走1600万組でしょう。

過去10年で14頭が出走しその内6頭が勝利しているのは
ちょっと驚異的な数字です。
しかもこの6頭のうち5頭はオークランドRTに出走していた馬で
うち4頭はそのレースで勝利していた馬でした。
今回のメンバーで前走1600万のレースに出走していたのは
ドラゴンバローズただ1頭
それも前走オークランドRTに出走して勝利していますから
データ的には大注目といっていいでしょう。

前走GⅢ組はエルムS、平安S組に注目

過去10年で10頭が馬券に絡んでいる前走GⅢ組
その内訳を詳しく調べてみると
平安S 4頭
エルムS 3頭
レパードS 1頭
地方重賞 1頭
芝重賞 1頭
と言う感じ
10頭中7頭は前走平安S、エルムSに出走していた馬でした。

今回の出走メンバーで該当しているのは
ピオネロのみ
ピオネロは前走エルムSに出走し
2番人気で7着と期待を裏切る競馬でした。
ただこれまでOP以上のレースに9回走って
掲示板を外したのは2回だけと安定感がありますし
最近は2戦続けて馬券圏外になるということはないので
今回は巻き返してくると思います。
おそらく人気的には
前走重賞勝ちしているミツバやモルトベーネの方が上でしょうから
配当的な妙味を考えても狙いたくなります。

前走OP特別組は3着以内か1番人気だった馬に注目

過去10年で9頭が馬券に絡んでいる前走OP特別組
この組について更に調べてみると
馬券に絡んだ9頭全て
①前走3着以内(8頭)
②前走1番人気(3頭)
のどちらかに当てはまっている馬でした。
今回のメンバーでこれに該当しているのは
トップディーヴォ(前走6番人気で1着)
マスクゾロ(前走1番人気で2着)
の2頭のみ
この2頭はともに前走BSN賞に出走していた馬で
先に先頭に立ったマスクゾロをゴール前で
トップディーヴォが交わして勝利というレースでした。
ただマスクゾロは昨年10月以来の実践でしたし
シリウスS連覇に向けての叩き台でしかなかったので
今回少なくともトップディーヴォに先着されるという事は
ないと思います。
スポンサードリンク

他の路線で気になるのは・・・

上記以外の路線で気になったのは
前走札幌記念2着から参戦してきたナリタハリケーン
元々ダートを使われていた馬ですが
3走前の巴賞で3着と善戦するとその後も芝のレースに使われ
前走の札幌記念では2着に入線。
ヤマカツエース、エアスピネルといった
芝の強豪相手にも先着するなど大健闘を見せました。
当然今後も芝のレースに使われるものと思っていましたが
一転してダートに舞い戻っての重賞挑戦。
陣営がどういった判断でこの選択をしたのか解せませんが
オーナーの手前ここでそれなりの結果を出さないといけないのでは?
と思います。

まとめ

データから注目したいのは
ドラゴンバローズ
ピオネロ
マスクゾロ
ナリタハリケーンの4頭
特にマスクゾロは連覇に向けてひと叩きされての挑戦で
いかにも狙っていますという雰囲気。
この馬が1番人気になるようでしたら
素直にこの馬軸で上記の3頭に流す馬券で勝負してみたい。

日本テレビ盃予想

人気はJRAから参戦してきた4頭が抜けている状態
実質4頭立てといっていいレースなので
配当的な妙味はほとんど感じられませんが
せっかくなので少しだけ買ってみたいと思います。
4頭とも久々の実践ですが
狙ってみたいのはアポロケンタッキー
昨年の東京大賞典では
当時万全の態勢で挑んでいたアウォーディーを負かしていますし
前走の帝王賞はドバイ帰りで調整が難しかったと思うので
じっくり建て直しが出来た今回は
強い姿を見せてくれるのでは?と思います。
買い目
三連単1着固定流し
11-2,9,10(6点)
スポンサードリンク

-地方競馬, 重賞展望