ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

地方競馬 重賞展望

京都大賞典2017、データ予想、アタマはシュヴァルかミッキーか!?他白山大賞典予想

ラジャカジャです。
今日は9日(月)に行われる古馬のGⅡ
京都大賞典のデータ予想をしていきたいと思います。

また本日金沢競馬で行われる交流重賞
白山大賞典の予想もしていきたいと思います。

今週はJRAが3日間開催ですし
交流重賞も3日連続開催と
競馬ファンにとっては嬉しい限り。


スポンサードリンク

データ予想

京都大賞典の過去10年(2007年~2016年)のレースデータから
いくつかの好走パターンを探し出し
それに該当する馬はいないか?
調べてみたいと思います。

前走GI出走組が活躍

過去10年で馬券に絡んだ30頭のうち
16頭が前走GIに出走。
2009年以外の全ての年で馬券に絡んでいるので
注目すべきデータでしょう。
今回のメンバーで該当しているのは
カレンミロティック
シュヴァルグラン
ヒットザターゲット
ミッキーロケットの4頭

4歳馬、5歳馬が活躍

年齢別成績を調べると
4歳馬、5歳馬が10勝2着7回3着4回と活躍
過去10年全ての年で馬券に絡んでいて
7回はこの世代によるワンツーフィニッシュで決まっています。

逆に6歳馬は2着1回3着3回の成績で
連対率3.2%複勝率12.9%と低め
7歳以上の馬も2着2回3着2回の成績で
連対率10%複勝率20%と低め。
なので狙うべきは4歳馬、5歳馬でしょう。
今回のメンバーで該当しているのは
シュヴァルグラン
トーセンバジル
マキシマムドパリ
ミッキーロケットの4頭
スポンサードリンク

キングカメハメハ産駒が活躍

血統面から見てみると
キングカメハメハ産駒がのべ9頭参戦して
3勝3着1回と活躍しています。
過去3年(2014年1月以降)の京都芝2400mにおける
種牡馬別成績を調べても
キングカメハメハは
勝率13.7%連対率25.5%複勝率33.3%と
好成績を残しています。
今回のメンバーでキングカメハメハ産駒なのは
ヒットザターゲット
マキシマムドパリ
ミッキーロケットの3頭

そのほかではディープインパクト産駒も
このコースを得意としています。
こちらも過去3年の京都芝2400mにおける
種牡馬別成績を調べてみると
勝率15.3%連対率23.7%複勝率33.9%の好成績を残しています。

それからハーツクライもこのレース自体は3着2回と
それほど活躍していませんが
過去3年の京都芝2400mにおける
種牡馬別成績を調べてみると
勝率13.0%連対率20.4%複勝率31.5%と
キンカメ、ディープと比べても
あまり差はないのでこのコースを得意にしていると言ってもいいでしょう。
因みに今回のメンバーで
ディープインパクト産駒は
スマートレイアー
ハッピーモーメント
バロンドゥフォール
ラストインパクト

ハーツクライ産駒は
カレンミロティック
シュヴァルグラン
フェイムゲーム
プロレタリアト
レコンダイト

結構いますね・・・

まとめ

上記のデータから人気でも
シュヴァルグラン、ミッキーロケットの2頭は
馬券に絡む可能性が高そう。
おそらく勝つのはこのどっちかだと思います。
相手は正直何が来ても不思議ない感じですので
最終追い切りでの動きと
実際のオッズを見比べた上で選んでいきたい。

白山大賞典 予想

JRAから参戦しているのは
タガノディグオ
コパノチャーリー
ナムラアラシ
クリノスターオー
インカンテーションの5頭
このメンバーでは実績的に上位の
クリノスターオー、インカンテーションが有力でしょうか。
勝つのはこの2頭のどちらかという感じで
三連単フォーメーションで軽く勝負してみます。
相手は実力は1枚落ちるものの
距離は持ちそうなナムラアラシ
交流重賞でもそこそこ通用する地方馬カツゲキキトキトをチョイス
買い目
三連単フォメ
8,10→3,5,8,10→3,5,8,10(12点)
スポンサードリンク

-地方競馬, 重賞展望