ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

札幌記念2016、過去レースデータから狙えるのは意外な馬

ラジャカジャです。
台風7号は思っていた程でもなく
朝気付いたら通り過ぎていたという感じでした。
8月に入ってもそこまで気温も高くなくて
例年より過ごしやすいな」と思っていましたが
昨日は台風一過ということもあって暑くて過ごしにくい一日でした。
8月も中盤に差し掛かりまだまだ暑い日が続きそうですが
夏競馬で予想を当てて気分良く過ごしたいですね。

今日は札幌記念2016の過去レースデータについて書いていきたいと思います。

3bc900a0a28de14c0a1200c893ef05ff_s



スポンサードリンク


今年の札幌記念は「世界のマイル王モーリスが出走してきたことで例年より注目度がアップしていると思います。
世界を股にかけてマイルGIを4連勝もした馬は
これまでの日本競馬界にはいませんでしたので
間違いなく歴史的な名馬と言えますが
実力は認めるものの果たして2000mはどうなのか?
体調不十分なデキで安田記念に出走してその後はどうなのか?
など不安要素がありますので正直馬券の軸にしていいものか悩むところです。
おそらくこの秋のローテとしては札幌記念→秋・天皇賞→マイルチャンピオンシップ
という流れで体調がよければ暮れの香港マイルまでと陣営は考えているかもしれません。

そう考えるとこのレースではいくら距離に不安があると言っても
目一杯仕上げることはしないでしょう。
堀厩舎ですし折り合い重視の馬なり調教で6割~7割程度の馬体を作って出走させる感じだと思います。
なので今回この馬が勝つイメージはあまり浮かびません。

なのでモーリス以外で勝つ馬はどれか?というのをテーマに
過去10年のレースデータから該当しそうな馬を探してみたいと思います。

先行馬絶対有利

札幌芝2000mは平坦小回りで直線も約269mと短いので
基本的に逃げ・先行馬が有利なコース形態。
実際過去10年で馬券に絡んだ30頭のうち20頭は最終コーナーで
5番手以内で競馬していた馬でした。
なのでまずは先行できる脚質の馬は押さえるべきでしょう。
今回のメンバーで先行脚質な馬は
ヌーヴォレコルト
レッドソロモン
ロジチャリスあたり。
ただ前走で先行していたからと言って今回も先行するとは限りませんし
逆に前走は差す競馬をしていたのに今回は先行策をとったりと
一概にこの馬の脚質はこうだ!と決め切れないところが競馬の難しいところです。

891fc00e651e0e875539c25e1b950ddd_s

前走レースで注目なのは宝塚記念出走馬

過去10年で馬券圏内に入った馬30頭のうち、
前走重賞レースに出走していた馬が過去10年で10勝2着9回3着10回という成績です。
なので馬券に絡むためには前走重賞レースに出走していることが大前提。
レース別に見ると前走函館記念出走馬が2勝2着2回3着5回と最も馬券に絡んでいますが
のべ49頭も出走しているため好走率そのものはあまり高くありません。
しかも馬券に絡んだ9頭のうち8頭は函館記念で3着以内に入っていた馬で
今回の出走予定馬の中に前走函館記念で3着以内に入った馬は1頭も出走してきていませんので
勝ち馬を探すデータとしては使えません。

前走宝塚記念出走組
そこで注目したいのが前走宝塚記念出走組
前走宝塚記念出走馬はのべ9頭いて5頭が馬券に絡んでいます。
2010年1着アーネストリー(前走宝塚3着)
2010年2着ロジユニヴァース(前走宝塚13着)
2010年3着アクシオン(前走宝塚15着)
2011年1着トーセンジョーダン(前走宝塚9着)
2014年2着ゴールドシップ(前走宝塚1着)
 

好走馬が2010年以降に集中しているのもいいですし
宝塚記念で惨敗している馬でも好走しているので人気薄でも狙いやすいです。
重要なのは着順よりも「宝塚記念に出走していた」という事。
今回のメンバーでこれに該当しているのは
ヒットザターゲット
ヤマカツエース

種牡馬で注目したいのは?

過去5年の1着馬~3着馬の血統を調べますと
父ターントゥ系の馬4勝2着3回3着2回という成績で
毎年必ず馬券に絡んでいます。
特に近4年の勝ち馬は全てこれに該当しているので重要なデータと言えますね。
このデータに該当しているのは
スーパームーン
ダンツキャンサー
トーセンレーヴ
ネオリアリズム
ハギノハイブリッド
マイネルフロスト
レインボーライン
レッドリヴェール
ロジチャリス
モーリス
ヌーヴォレコルトと沢山います。
正直血統でははなかなか絞りきれません。

1979f27aeaa1a85dc5ef3e546ab55791_s


枠順にヒントあり

まだ出馬票も確定していませんから枠順も分からない状態ですが
登録馬は17頭いますのでおそらくフルゲート(16頭)のレースになりそう。
過去10年の枠順別の成績を調べますと
1枠1勝
2枠1勝2着1回3着1回
3枠1勝2着2回3着4回
4枠1勝2着4回3着2回
5枠2勝2着1回3着1回
6枠2勝2着1回3着2回
7枠1勝2着1回
8枠1勝
一応全ての枠から馬券圏内の馬は出ていますので
枠順による大きな有利・不利はないように思えますが
1枠・7枠・8枠に入って馬券に絡んだ馬は全て
逃げた馬か最終コーナーで3番手以内で競馬していた先行馬でした。
なので差し・追い込み脚質の馬がこの枠に入ったら軽視でいいでしょう。
モーリス、ヌーヴォレコルトが6枠より内に入ったら馬券圏内は堅いような気もしますが・・・

枠順についてはまだ確定前なので何とも言えませんが
過去レースデータから狙ってみたいのはこの馬です。
(馬名はDの欄)

競馬 ブログランキングへ

前走宝塚記念出走馬であり昨年の2着馬です。
8歳の高齢ではありますが2走前にもGⅡで3着するなど力が衰えている雰囲気はありません。

スポンサードリンク

-重賞展望