ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

秋華賞2017、データ予想、絞れば4頭で取れるレース

ラジャカジャです。
今日は秋華賞2017のデータ予想をしていきたいと思います。
本当は昨日書くつもりでいましたが
記事をアップする前に誤って記事を消してしまい
意気消沈して更新を断念しました。
気を取り直して再度記事を書いているところです。

出走予定のメンバーをみると
桜花賞馬レーヌミノル、NHKマイルカップを制したアエロリットはいるものの
オークス馬ソウルスターリングは不出走。
オークスで2番人気に支持されたアドマイヤミヤビは電撃引退。
前哨戦だったローズSでは
1番人気ファンディーナが6着に惨敗
オークス2着馬モズカッチャン、桜花賞2着馬のリスグラシューも敗退し
勝ったのが8番人気の伏兵ラビットランというように
ここに来て3歳牝馬路線は一気に混迷を極めてきました。

おそらく1番人気はアエロリットでしょうが
距離2000mは初めてで美浦所属の馬なので輸送の問題もあり
死角も十分にありそう。
正直何が勝ってもおかしくないような感じに思えます。

当てられる自信は正直ないですが
データでどの程度有力馬が絞られるのかやってみたいと思います。


スポンサードリンク

レースデータ

過去10年(2007年~2016年)のレースデータから
いくつかの好走パターンを調べ
今回の出走メンバーで該当する馬はいるか?
探していきたいと思います。

ローズS組が絶対有利ではあるが・・・

過去10年の前走レース別成績を調べると
前走ローズS組が19頭(7勝2着8回3着4回)が馬券に絡み
過去10年全ての年で馬券に絡んでいます

馬券に絡んだ19頭中17頭はローズSで5着以内に来た馬で
残る2頭はいずれもローズSで二桁着順に負けた馬ですが
2頭とも春の時点で重賞フラワーCで3着以内に来ていた馬でした。
このデータを踏まえると今年のローズS組から
馬券に絡む可能性の高い馬は
今年のローズSで5着以内に入った
ラビットラン(8番人気1着)
カワキタエンカ(6番人気2着)
リスグラシュー(3番人気3着)
ミリッサ(5番人気4着)
メイショウオワラ(12番人気5着)
それとフラワーCを勝ったファンディーナの6頭が候補

過去10年で前走ローズS組から秋華賞を制したのは7頭いますが
すべてローズSで4番人気以内に支持されていた馬。
さらに秋華賞で連対した15頭のうち
13頭はローズSで5番人気以内に支持されていた馬なので
これを踏まえると連対する確率が高いのは
リスグラシューかファンディーナとなりそう。

前走紫苑Sにも注目

ローズS組以外で注目はここ3年で3頭が連対を果たしている紫苑S組
ただこの3頭には共通項があり
すべて栗東所属の馬ということ。
今回のメンバーで前走紫苑S組から参戦予定の馬は
3頭いますがこの中で栗東所属は1着だったディアドラのみ。
紫苑Sでは2,3着馬とはハナ差の接戦でしたが
オークスで4着という実績もありますし
ソウルスターリングがいないメンバーならば
勢いに乗ってのGI制覇ということも十分考えられるでしょう。
スポンサードリンク

その他の路線では

前走クィーンSを制したアエロリットももちろん有力馬の一頭
前走クィーンS組からは2頭(1着1回3着1回)が馬券に絡んでおり
その2頭ともクィーンSで勝っていた馬なので
データ的にも買える要素は十分あります。
また前走で古馬相手の重賞レースに出ていた馬が
過去10年で5頭が馬券に絡んでいますから
そういう面から見てもアエロリットは買えると思います。
おそらくこの馬が1番人気でしょうから
この馬から勝ってもあまり旨味はないですが
馬券的には外せない1頭でしょう。

そのほかではデビューから3戦3勝で来ているリカビトスも注目
前走は1000万特別を快勝していますが
前走1000万特別組からも過去10年で1頭馬券に絡んでいますので
可能性としてはなくはないです。
ただここまで順調にレースに使われてきたワケではないですし
今回も出れたとしても約4ヶ月ぶりのレースとなります。
GIですからこれまで戦っていた馬とレベルは違いますし
美浦所属なので輸送の問題もあるので
正直過度な期待はできないかなと思います。

まとめ

前走のレース別成績しか調べていませんでしたが
馬券に絡む可能性が高いのは
リスグラシュー
ファンディーナ
ディアドラ
アエロリットの4頭かなと思います。
例年だと古馬相手の重賞レースを経験している馬や
前走平場の特別戦を勝利している馬がもう少し出てくるのですが
今年は前走ローズSと紫苑Sでほぼ占められていますので
実力比較が出来やすいです。
おそらくこの4頭がそのまま人気の面でも上位の4頭になると思うので
着順までは分かりませんがこの4頭の組合せで決まるような気がします。
追い切り診断でよほど状態の良い馬がいれば別ですが
今年の秋華賞はこの4頭のみで勝負しようかなと今のところ思っています。
スポンサードリンク

-重賞展望