ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

みやこステークス2017、データ予想、前走2番人気以内に支持されていた馬が活躍

ラジャカジャです。
今日は5日(日)に京都競馬場で行われる古馬のダート戦
みやこステークス2017データ予想をしていきたいと思います。

今回が8回目となるまだ歴史の浅いレースですが
過去の勝ち馬にはトランセンド、エスポワールシチーなどの名馬がいますし
昨年の勝ち馬アポロケンタッキーはその後GIを制するなど
活躍馬を多く輩出しているレースです。
今年の登録メンバーをみると
前走エルムステークスで2着となり連勝記録が3で止まったものの
まだまだ伸びシロが感じられるテイエムジンソク
前走レパードSでは調整不足&直線での不利があって3着と敗れたものの
UAEダービー2着で国内で4連勝していたエピカリス
前走の南部杯で3着、2走前のプロキオンSで1着と
6歳にして充実の一途を辿っているキングスガード
前走のレパードSでエピカリスを倒して重賞制覇した
ローズプリンスダムなど
今後のダート界を引っ張っていくような素質馬が揃いました。
明後日行われるJBCも楽しみですが
このレースも非常に楽しみです。


スポンサードリンク

レースデータ

みやこステークスの過去7年のレースデータから
馬券的中に結びつきそうな好走パターンをいくつか取り上げ
該当する馬はいるか?調べてみたいと思います。

1番人気の信頼度は高い

過去7年の人気別成績を見てみると
1番人気は【2,2,1,2】の成績で
勝率28.6%連対率57.1%複勝率71.4%と高い好走率を残しています。
また二桁人気で馬券に絡んだ馬はいませんので
比較的上位人気で決まりやすいレースと言えそう。
ただ4年連続して7番人気以下の馬が馬券に絡んでおり
配当面ではそこそこ期待できるレースと言えます。

前走2番人気以内だった馬が好走

前走の人気別成績を調べると
前走2番人気以内だった馬が【7,6,4,26】という成績
過去7年の勝ち馬は全て前走2番人気以内の馬でした。
今年のメンバーでこれに該当しているのは
エピカリス
シャイニービーム
テイエムジンソクの3頭のみ

シャイニービームは前走1600万特別で2番人気で1着になっていますが
このレースの勝ち馬は全て前走OP特別以上のレースに出ていた馬なので
それでいくと勝ち馬はデータ上
エピカリスかテイエムジンソクのどちらかとなります。

また前走で5番人気以下だった馬は
【0,0,2,35】という成績で
勝率&連対率0%複勝率5.4%とかなり低い数字です。
なので前走で5番人気以下だった
タガノヴェリテ
キングズガード
タムロミラクル
トップディーヴォ
リーゼントロック
ルールソヴァール
ローズプリンスダムの7頭は
データ的に馬券に絡む率は低く来たとしても3着まででしょう。
スポンサードリンク

まとめ

ほかにも好走データはいくつかあったのですが
(4歳馬が活躍とか前走OP特別出走組が活躍とか)
今回その好走データに当てはまる馬がいなくて
データ予想としてはあまり参考にならないデータしか探せませんでした。
唯一前走2番人気以内の馬が好走というデータだけ使えますが
それで残った馬がエピカリス、テイエムジンソクの人気馬2頭では
データ的に何も調べていないのと変わらないですね。
やっぱり採集的には追い切りでの動きと
実際のオッズで考えていくしかないでしょう。
基本的にはエピカリス、テイエムジンソクのどちらかが勝つという考えで
相手には前走大敗で人気を落としそうなモルトベーネ
今回も横山典騎手が騎乗するトップディーヴォ
あたりに流して勝負してみようかなという感じ。
スポンサードリンク

-重賞展望