ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

レース回顧 追い切り診断

エリザベス女王杯2017、1週前追い切り注目馬、みやこステークス的中!

ラジャカジャです。
今日は今週行われるGIエリザベス女王杯
1週前追い切りについて書いていきたいと思います。
その前に昨日のブログ予想の結果ですが
4戦1勝でした。
京都11R みやこステークス
三連複 1万3500円的中!(12点予想)

金曜、土曜としょうもない予想でしたが
何とか一矢を報いる事ができました。
本命に推したテイエムジンソクは鉄板だと思っていましたし
穴馬として押えていた
ルールソヴァール
サルサディオーネ
タムロミラクルの3頭のどれかは馬券に絡むだろうと
妙な自信があったので個人的に厚めに勝負しましたが大正解でした。
1番人気のエピカリスは追い切りでそれほど良く見えなかったので
馬券圏外もあるかなと思っていましたが
美味しい配当でした。

ただそれ以外のレース予想は惨敗でしたので
そこは反省して今週の予想で頑張りたいと思います。


スポンサードリンク

1週前追い切り

今年ドバイで国際GIを制したヴィブロスを筆頭に
昨年の勝ち馬クイーンズリング
GI2勝の実力馬ミッキークイーン
GI勝ちはないものの前走牡馬相手のGⅡで勝利している
スマートレイアー、ルージュバック
更には前走秋華賞の1着馬~3着馬すべてが出走登録してくるなど
非常に強力なメンバーが揃いました。
騎手に関しても今週からR・ムーア騎手と
A・アッゼニ騎手が短期免許を取得してこのレースにも騎乗
(R・ムーア騎手はルージュバック
A・アッゼニ騎手はトーセンビクトリーに騎乗)
と騎手面からみても非常に豪華なレースとなりました。

ですが実際に走る馬の状態が良くなければ話になりませんので
1週前追い切りを終えた時点での馬の状態を見ていきたいと思います。
*さすがに全馬は取り上げられないので有力馬のみの解説となります。

ヴィブロス

11/2栗東CW6F79秒6-11秒8
3頭併せ半馬身先着。
併せ馬でしっかり負荷をかけた調教が出来ており
明らかに1度叩かれて馬体は良化している印象。

前走の府中牝馬Sはクロコスミアのマイペースの逃げに
まんまとやられてしまいましたが
好位の6番手で競馬しながら上がり3Fの時計は
メンバー3位の33秒2を披露するなど実力の一片は見せました。
今回は外回りの京都2200mなので
追える距離も長くなりますから
よりこの馬の切れ味が活かされそう。

ディアドラ

11/1栗東坂路4F51秒6-12秒4 単走追い
朝1番で馬場が荒れていないコンディションだったとは言え
全体時計51秒台はなかなかの好時計。
因みに前走秋華賞の時は
1週前追い切り 4F54秒4-12秒2
最終追い切り 4F54秒6-12秒3でした。
前走後は疲れもなく飼い葉もしっかり食べているので
調子落ちというのはなさそう。

前走の秋華賞は重馬場の中一頭だけ次元の違う脚色を見せて快勝しました。
古馬勢は強力ですがここでどんな競馬を見せてくれるのか非常に楽しみ。

ルージュバック

11/1美浦南W6F81秒0-12秒4 単走追い
終始馬なりでしたがリラックスした走りで
時計もまずまず。
前走後は短期放牧に出してリフレッシュ。
最終追い切りは坂路で負荷をかけた追い切りを予定しており
状態の良し悪しはそこで判断したいが
調整は順調に来ている感じ。
前走で4つ目の重賞制覇を遂げたが
狙うは悲願のGI制覇のみ。

スマートレイアー

11/2栗東CW6F78秒1-12秒4 2頭併せ
武豊騎手を背に直線で一杯に追われて1馬身半先着してゴール
走りに躍動感があり休み明けをひと叩きされて
明らかに良化した印象。
今年は牡馬相手の重賞レースで
2着、2着、1着と結果を出しており
7歳馬ですが今が競走馬としてのピークを迎えている印象。
相手も強いが勝てるチャンスは十分にありそう。
スポンサードリンク

ミッキークイーン

11/2栗東坂路4F52秒7-12秒0 2頭併せ
一杯に追われて僚馬に先着。
まずまず動けている感じ。
宝塚記念後に左前脚の靱帯を傷めて
今回が約4ヶ月半ぶりの実戦となりますが
鉄砲駆けが効くタイプですし
距離もコースもこの馬向きなので
昨年の3着以上の成績も十分狙えそう。

リスグラシュー

11/2栗東坂路4F55秒3-12秒5
終始馬なりで併せ馬で半馬身の遅れ。
最終追い切りで一杯に追って
仕上げる調整でしょう。
結局クラシックレースでは2着2回と
GIに手が届きませんでしたが
京都の外回り2200mはこの馬にとっても
末脚を存分に発揮できるコース
侮れない一頭。

モズカッチャン

11/1栗東坂路4F54秒4-12秒7
3F目からペースアップして最後まで駆けぬけ好タイム。
5日の日曜追いでも同じく栗東坂路で
4F53秒9-12秒1で走っており
意欲的な調教が出来ているので
状態面に関しては何も問題なさそう。

前走の秋華賞では1~2コーナーで
落鉄するアクシデントがあったものの3着と好走。
凡走したのは休み明けだったローズSくらいで
どの距離でも対応できるタイプなので
このメンバーに入っても上位争い出来そう。

クイーンズリング

11/1栗東CW6F82秒6-11秒5 2頭併せ
レイズアベール(古馬500万)を4馬身程先行させる形でスタート
直線で並ぶと一気に抜き去り1馬先着してゴール。
時計も良いですしひと叩きされて順調に良化している印象。
昨年の覇者ですが今年に入ってからはパッとしない成績が続いています。
ただ明らかな力の衰えは感じませんし
前走も休み明けという事を加味すれば悪くない競馬でした。
鞍乗は2週連続重賞制覇しているC・デムーロ騎手ですし
巻き返して来る可能性は十分あるでしょう。
スポンサードリンク

-レース回顧, 追い切り診断