ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

エリザベス女王杯2017、追い切り診断、A評価は4頭

ラジャカジャです。
今日はエリザベス女王杯2017追い切り診断をしていきたいと思います。
水曜追いを終えた馬の中で
状態の良い馬はどれか?ジャッジしていきたいと思います。

その前にちょっと競馬小話。
今週から年末まで毎週GIが行われますが
それにあわせるかのように今週から
R・ムーア騎手とA・アッゼニ騎手が短期免許を取得して
12月24日までJRAで騎乗します。
R・ムーア騎手については今更語るまでのありませんが
A・アッゼニ騎手もヨーロッパを中心にいくつもGIを勝利していて
世界的に評価の高い騎手。
まだ日本での重賞勝ちはないですしあまり日本の競馬ファンからは
評価されていない騎手ですが今回は有力馬への騎乗依頼もありそうなので期待できるかも。

それから先日JBCレディスクラシックに出走して
1番人気に支持されながら11着と大敗したホワイトフーガですが
引退して繁殖入りすることが決まったそう。
個人的にはJBCレディスクラシックでこの馬のせいで大損してしまったので
恨めしいですが重賞7勝は立派だったと思います。


スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
ヴィブロス
スマートレイアー
リスグラシュー
ルージュバック
B評価:
ウキヨノカゼ
クイーンズリング
クロコスミア
タッチングスピーチ
ディアドラ
デンコウアンジュ
トーセンビクトリー
プロレタリアト
マキシマムドパリ
ミッキークイーン
モズカッチャン
C評価:
ジュールポレール
エテルナミノル
クインズミラーグロ
ハッピーユニバンス

態勢は整った ヴィブロス

栗東坂路で動きが良かったのはヴィブロス

最終追い切りは本番で手綱を取るルメール騎手を背に
ジュンヴァルロ(2歳500万)と併せ馬。
終始馬なりの軽めの追い切りでしたが
スピードの違いで僚馬を3馬身突き放してフィニッシュ。
VTRで動きを見ても走りのバランスが安定していて
ストライドもよく伸びており気になる部分は何もありませんでした。
1週前追い切りでCW6F79秒6-11秒8と
しっかりと負荷を掛けた調教が出来ていて
もう仕上がっている状態でしたので
最終はこの程度で十分でしょう。
文句なしにA評価です。

悲願のGI獲りへ万全の出来! スマートレイアー

同じく栗東坂路での動きが良かったのがスマートレイアー

テンザワールド(3歳1600万)との併せ馬で3馬身先着。
VTRで動きを見ると走りがとてもパワフルで
とても迫力のある走り。
併せ馬で相手に噛み付く仕草をみせるなど
やんちゃな面も見せていましたが
これくらいの気の強さはGIを勝つためには必要かも。
ストライドはそこまで伸びていなかったものの
それを凌駕するほどの活気のある走りでしたので
A評価にしたいと思います。

キッチリ仕上がる リスグラシュー

最終追い切りで好タイムを出したのはリスグラシュー

栗東坂路でタイセイスターリーとの併せ馬で半馬身先着。
4F51秒4-12秒2の好時計をマーク
1週前追い切りでは時計も平凡で併せ馬で遅れをとっていましたが
最終追い切りでしっかり合わせてきた印象。
これなら実力を発揮できるでしょう。
今回は外回りコースになりますしノビノビ走れそうなので
古馬勢相手にどんな競馬をしてくれるのか楽しみ。

ピークに近い出来 ルージュバック

美浦で際立った動きを見せていたのがルージュバック

美浦南Wでの3頭併せ。
直線軽く促しただけですが素早く反応し
1馬身先着してのゴール。
馬体にブレもなくストライドの伸びも申し分ない状態。
ここ数戦では1番良い状態ではないかと思う。
3歳の頃から大きな期待を寄せられていた馬ですが
ここまでGI勝ち出来ずに来てしまいました。
今回がある意味最後のチャンスかなと思います。
スポンサードリンク

その他の馬は・・・

クイーンズリングは栗東CWでの併せ馬で
馬なりのまま併入。
1度叩かれて順調に良化している印象。
VTRで動きを見ても並びかける時の反応は素早いですし
気配も良い。軽視できない存在。

ディアドラは栗東坂路での単走追い。
終いだけ強めに追われて4F54秒0-12秒2の時計。
VTRで見ると隣で走っていた馬が寄ってきた時に
それを避けるようにラチ側へ移動していました。
また鞍乗がステッキを入れて強めに追っていましたが
思ったほど伸びているようには感じませんでした。
1週前追い切りがとても良く見えただけに
ちょっと気がかり。
走り自体は気合いが乗っていて良かったです。

ミッキークイーンは栗東坂路での併せ馬。
4F52秒0-12秒1の好時計をマークし先着。
3週続けて全体時計52秒台、ラスト12秒台前半と
意欲的に追われています。
VTRで動きを見ると頭の位置が高いのが気になりますが
動きは滑らかでリラックスして走れていました。

モズカッチャンは栗東坂路での単走追い
走り自体は迫力あっていいのだが
着地ポイントが毎回ずれており
走りのバランスはイマイチ。
若干疲れが出ているか。

ジュールポレールは直線で追っているが
ほとんど反応せずストライドも狭い。

クインズミラーグロは完全に折り合いを欠いていた走り。
エテルナミノル、ハッピーユニバンスは
走りのバランスが悪く調教量が足りない印象。
それ以外の馬は可もなく不可もなくといったところ。

まとめ

追い切りから推奨したいのは
ヴィブロス
スマートレイアー
リスグラシュー
ルージュバックの4頭
いずれもGIで勝ち負けできる状態にあると思います。
他ではクイーンズリングの気配は良かったです。
本命はヴィブロスかスマートレイアーのどちからでいいように思います。
何となく人気上位馬の組合せで決まりそうな予感。
スポンサードリンク

-追い切り診断