ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

レース回顧

ミルコが美味しいところだけ持っていきやがった・・・他今週の予定

ラジャカジャです。
今日は昨日行われたエリザベス女王杯のレース回顧
今週の予定を書いていきたいと思います。
その前に昨日のブログ予想ですが
4戦1勝でした。
「今日の鉄板馬」
東京8R 3歳以上500万円以下
三連複 3010円的中!

期待したエリザベス女王杯はヴィブロスから勝負して撃沈。
穴から勝負した福島記念も不発に終わりました。
唯一的中したのが「今日の鉄板馬」として
取り上げた東京8R
良血馬ブロードアリュールが人気に応えて快勝
2,3着も比較的人気上位馬での決着でしたが
意外と配当がつきました。
ブロードアリュール自体も休み明けが嫌われていたのか
1番人気ではありましたが3.3倍とそこまで人気していませんでした。
おそらく今後は人気になってしまうので
単勝で勝負した人にとっては美味しい配当だったと思います。

今週から日本での騎乗を開始したR・ムーア騎手ですが
結果は日曜の京都9Rで挙げた1勝のみでした。
土日合わせて11鞍に騎乗しその内6鞍で1番人気に支持されていましたので
かなり期待ハズレな結果でした。
こそまで強い馬でなくとも
ムーア騎手が騎乗すると過剰に人気になってしまうので
ある意味仕方ないのかもしれませんが
今週の巻き返しに期待したいです。

同じく先週から日本での騎乗を開始したアッゼニ騎手は
土曜日のデイリー杯2歳Sでいきなり重賞制覇を遂げました。
先週は土日で5鞍と少ない騎乗数でしたが
1勝2着2回と結果を残しましたので
今週以降騎乗数が増えそうな予感がします。


スポンサードリンク

レース回顧

エリザベス女王杯

勝ったのは5番人気で3歳馬のモズカッチャン
好スタートを決めて道中は前から5番手の位置で
内ラチに沿って折り合いに専念。
直線に入ると先に抜け出したクロコスミアを懸命に追い
ゴール直前で捕らえると外から猛追してきたミッキークィーンも凌いで
初のGI制覇を成し遂げました。
コースロスもなくM・デムーロ騎手も完璧な騎乗をしたのではないでしょうか。
M・デムーロ騎手は土曜日で1,2番人気の馬に7鞍騎乗しながら未勝利。
日曜日もメインレースの前までに2番人気の馬に2鞍騎乗していましたが
いずれも着外に負けるなどファンの期待を裏切り続けていました。
それがGIではこういった完璧な騎乗をするのだから
本当に「美味しいところだけ持っていきやがる」という感じ。
今年に入ってからのM・デムーロ騎手のGI成績を調べると
17鞍騎乗して5勝2着2回3着5回という成績
特にスプリンターズS以降の下半期におけるGIレースに限っては
5戦して3勝2着1回3着1回という成績。
大舞台に強い騎手とは言えここに来ての勝負強さは異常といってもいいくらい。
もちろんモズカッチャンも強いですが
デムーロ騎手が乗っていたから勝ったと言えるレースに思えます。

2着には9番人気クロコスミアが入線。
前走府中牝馬Sではマイペースの逃げを打ってまんまの逃げ切り勝ちを見せましたが
フロック視されていて人気がありませんでした。
今回も単騎の逃げを打つと思われていましたが
クインズミラーグロが逃げる素振りを見せると
競りかけることなく2番手ですんなり折り合いました。
直線で早めに先頭に立つと一気に後続を突き離し
一時は「勝負あった」と思わせるほど差をつけていましたが
最後の最後でモズカッチャンに捕まってしまいました。
それでも鞍乗の和田騎手はゴール直後に
勝ったM・デムーロ騎手に笑って話しかけるなど
期待以上の競馬をしてくれたクロコスミアに満足している様子でした。

3着には大外から一気の末脚で伸びてきたミッキークィーンが入線。
レースの流れや位置取り、通ったコースなどを考えると
この馬が1番強いレースをしたかなと思います。
久々のレースでしたがしっかり仕上がっていましたね。

1番人気で5着と敗れたヴィブロスは位置取りは悪くなかったですが
直線追ってからの伸びがイマイチでした。
まあ実力的に抜けた1番人気ではなかったので
こういう結果もあるかもしれませんが3着以内には来て欲しかった。
ただミッキークィーンには並ぶ間もなく交されてしまったので
GI2勝馬ですが実力的に劣っていたのかもしれません。

前走牡馬相手のGⅡで勝利したスマートレイアー、ルージュバック
それぞれ6着、9着と上位にすら入れませんでした。
この2頭は脚を溜める競馬を試みていましたが
結果を見ると4着に入ったマキシマムドパリを含め
先行していた馬が揃って上位入線しているので
展開的に差し馬に向かなかったレースでした。
とは言えペースを見て道中位置取りを前に移す等の対応も
しようと思えばできたと思いますが
この辺りは乗り替わりの騎手が騎乗していたので
レースの中で臨機応変に対応出来なかったのだと思います。
ディアドラの岩田騎手に関しては直線に入った段階で後方2番手の位置取りでしたから
完全にペースや展開を読み間違えたと言っていいでしょう。
まあ実力通りに決まったとは言い難いレースでしたが
M・デムーロ騎手の「持ってる感」を存分に見せ付けられたレースでした。
スポンサードリンク

今週の予定

今週も引き続き東京・京都・福島の3場開催
重賞レースは土曜日に東京で東スポ2歳ステークス、
日曜日に京都でGIマイルチャンピオンシップが行われます。
今年の安田記念を制したサトノアラジンや
前走圧勝したエアスピネル
スプリンターズSを勝ったレッドファルクスなど
実力馬が揃っておりこれまた予想が難しそうですが
そろそろGIレースを当てたいですし
しっかり予想して馬券的中を目指したいと思います。
スポンサードリンク

-レース回顧