ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

北九州記念2016、ベルカントで鉄板?過去データから狙える馬は?

ラジャカジャです。
毎日熱い戦いを繰り広げているリオデジャネイロ・オリンピック
競技は終盤に差し掛かって来ましたが、ここに来ての
女子レスリングの金メダルラッシュには驚かされました。
しかも決勝戦では全て逆転勝ちという「ドラマでもここまで演出できないだろう」というくらいの
劇的な勝利でした。
残りの階級でも金メダルが十分期待できるので是非注目してみたいです。

今日は北九州記念2016の過去レースデータについて書いていきたいと思います。

6852e474980aafbd61b8fba8d8c3f6e3_s

下馬評ではベルカント1強のムードで出走頭数も13頭と少な目なので
波乱度としては低めのようにも思いますが
人気通りに決まらないのが競馬です。
過去10年のレースデータを詳しく調べ、その中で
狙える馬はどれか?」探してみたいと思います。



スポンサードリンク

1番人気は不振

1番人気はこのレースに関しては不振と言って良く、
過去10年で1勝2着1回3着2回という成績。
昨年こそ1番人気だったビッグアーサーが2着に来ましたが
2010年~2014年まで5年連続で3着以下に敗れていて
勝ったのは2008年のスリープレスナイトの1頭だけです。
1番人気の過去10年の平均オッズは3.3倍なので
元々信頼度としてはそんなに高くありませんが
2007年には単勝1.8倍の支持を受けていたアストンマーチャンも6着に敗れていますので
そういう意味ではベルカントも馬券圏外になる可能性はあるでしょう。

狙うべきは6番人気以下の馬
昨年こそ2番人気→1番人気→4番人気と堅い決着で決まりましたが
過去を見ますとこのレースは人気薄の激走がよくある波乱度が高いレースです。

人気薄で馬券に絡んだ馬一覧
2006年
コスモフォーチュン11番人気1着
2007年
キョウワロワリング11番人気1着
アルーリングボイス(6番人気2着)
ワイキューブ(10番人気3着)
2009年
サンダルフォン8番人気1着
2010年
サンダルフォン(6番人気3着)
2011年
トウカイミステリー8番人気1着
2012年
スギノエンデバー8番人気1着
シゲルスダチ(12番人気2着)
エピセアローム(6番人気3着)
2013年
ツルマルレオン6番人気1着
2014年
リトルゲルダ8番人気1着
メイショウイザヨイ(13番人気2着)
カイシュウコロンボ(17番人気3着)
上記の通り人気薄の馬が過去頻繁に馬券に絡んでいます。
過去10年で6番人気以下の馬が7勝もしている重賞レースなんて
あまりないんじゃないでしょうか。
このデータから考えてももしベルカントを負かす馬がいるとしたら
6番人気以下の馬なのかもしれません。

予想オッズで6番人気以下とされている馬
バクシンテイオー
マイネルエテルネル
ベルルミエール
フルールシチー
ローズミラクル
メイショウライナー
ラインスピリット
ヤマニンプチガトー
勝ち馬はこの中にいるかもしれません。

e1062786f13dd312e19b1b015c2ec1f0_s

前走着順と前走人気

前走着順と前走人気のデータを調べてみますと
前走10着以下(1勝3着3回)
前走10番人気以下(2着1回3着2回)
というように前走二桁着順だった馬、
前走二桁人気だった馬はほぼ馬券に絡めないといっていいでしょう。
なのでこのどちらか(若しくは両方)に該当している馬は軽視。
上記に挙げた馬のうち
ベルルミエール(前走10番人気)
メイショウライナー(前走12着)
ヤマニンプチガトー(前走11番人気10着)
ラインスピリット(前走11番人気11着)
の4頭が該当するのでこれらの馬は軽視。

年齢と脚質

年齢別に見ると中心は4歳馬~6歳馬が中心。
3歳馬と7歳以上の馬から勝ち馬は出ていません。
特に7歳以上の馬は27頭が出走して3着に入ったのが1度あるだけなので
割り引きが必要。
今回の出走馬で7歳以上なのは
バクシンテイオー
ヤマニンプチガトーの2頭。
また脚質についてですがコース形態から見ても
逃げ・先行馬が有利なのは間違いありませんが
過去10年逃げた馬は1頭も馬券に絡んでいません
逆に好位で競馬した馬が5勝挙げているので
逃げる馬を見ながら先行できるタイプを買ったほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

小倉芝1200mが得意な血統は?

サクラバクシンオー産駒が過去10年で3勝2着2回3着3回の成績。
まあ出走頭数がこの産駒だけ抜けて多い(25回出走)ので好走回数も多くて当たり前なのですが
過去3年の種牡馬別成績で見てもサクラバクシンオー産駒は
勝率11.3%なので得意なコースと言ってもいいと思います。
今回の出走メンバーで該当してるのは
バクシンテイオー
フルールシチー
ベルカントの3頭。

それ以外の産駒ではアドマイヤムーン勝率14.1%連対率21.9%複勝率28.1%)、
オレハマッテルゼ勝率10.3%連対率24.1%複勝率31.0%)などが好走率は高いので
それぞれの産駒のプリンセスムーン、オウノミチは
血統的に見ても好走する可能性が高そう。

以上のデータから狙ってみたいのはこの馬です。
(馬名はEの欄)

競馬 ブログランキングへ

前走1000万を勝ったばかりの馬ですが
前走1000万クラスだった馬でも過去10年で11頭出走して2勝2着1回3着2回
好走率はかなり良いです。
鞍乗も思い切った騎乗ができる義騎手
狙ってみても面白いでしょう。

スポンサードリンク

-重賞展望