ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

京阪杯2017、データ予想、大荒れする可能性大、穴馬の条件とは?

ラジャカジャです。
今日は26日(日)に京都で行われる古馬の短距離戦
京阪杯2017データ予想をしていきたいと思います。

その前に競馬小話
今週行われるジャパンカップですが
ミルコ・デムーロ騎手の騎乗馬が
サトノクラウンか?シュヴァルグランか?で揺れていましたが
シュヴァルグランを管理する友道調教師が
「騎手はボウマン」と話しました。

なのでまだ発表はされていませんが
ミルコ・デムーロ騎手の騎乗馬はサトノクラウンに決まりのようです。

サトノクラウンはここ5戦でGI2勝含む重賞3勝の成績を挙げ
前走の天皇賞(秋)もキタサンブラックにクビ差まで肉薄しての惜敗でした。
重馬場が得意という印象が強いですが良馬場でも重賞は勝っていますし
今季に入って成績も安定してきているので
馬場差に関係なく実力を発揮できるレベルに来ていると思います。
そして鞍乗には今やGIでは飛ぶ鳥も落とす勢いのある
M・デムーロ騎手ですから鬼に金棒といった感じでしょう。

またジャパンカップに出走予定だったトーセンバジルが出走回避。
モレイラ騎手騎乗で香港ヴァーズに挑戦することになりました。
これは個人的にはかなりビックリな記事。
モレイラ騎手といば香港でナンバー1の騎手。
それが自国のビッグイベントで重賞勝ちすらない日本の馬に騎乗するとは・・・
他にも強い馬はいたと思いますがよく騎乗依頼を受けてくれましたね。
トーセンバジル陣営からすればこれほどの騎手が乗ってくれるのだから全力で仕上げるのみ。
どんな結果になるのか楽しみではありますが。

逆にトーセンバジルの回避により繰上げで
レインボーラインが出走可能となりました。
前走は天皇賞(秋)で3着と健闘。
3歳時にも菊花賞で2着するなど実力のある馬でしたので
出走出来て良かったです。


スポンサードリンク

過去レースデータ

過去10年(2007年~2016年)で馬券に絡んだ30頭の
好走データをいくつか調べ今回のメンバーで該当する馬はいるか
探していきたいと思います。

主な出走メンバーをみると
今年の高松宮記念を制したセイウンコウセイ
前走のオパールSを快勝したソルヴェイグ
春先は勢いの良かったメラグラーナあたりが人気の中心でしょうか。
それ以外にも坂路番長のネロや
快速娘のフィドゥーシア
2走前にセイウンコウセイを下して重賞勝ちしている
ジューヌエコールなど伏兵陣など多数いて
いかにも荒れそうな感じのするメンバー

1番人気は不振。二桁人気の馬が活躍

人気別成績を調べると1番人気は【2,2,0,6】と言う成績
勝率20%連対率&複勝率40%と信頼度は低めの数字。
馬券に絡んだ4頭のうち3頭は単勝オッズ1倍台の馬だったので
圧倒的な人気の馬でなければ1番人気で馬券に絡むのは困難と言っていいでしょう。
今回1番人気に支持されそうなのは
近走の成績から見てソルヴェイグだと思いますが
当日の単勝オッズは要チェックでしょう。

逆に積極的に狙ってみたいのは二桁人気の馬
過去10年で8頭が馬券圏内を確保。
過去10年で5回三連複で万馬券が出ていますが
これらは全て二桁人気の馬が絡んでのもの。
荒れる=二桁人気の馬と考えていいでしょう。
スポンサードリンク

波乱を演出するのはどんな馬?

二桁人気で馬券に絡んだ8頭の前走を詳しく調べてみると
・前走がGIで二桁着順に惨敗
・前走が重賞レースで二桁人気の馬で
人気より着順が上だった馬(3頭)
・前走がOP特別で3番人気以内で惨敗した馬(2頭)
・前走がOP特別で6番人気以下で3着以内だった馬(2頭)

などに分類することが出来ました。

今回の登録メンバーでこれに該当しているのは
ナリタスターワン
(前走重賞で14番人気で2着)
ヒルノデイバロー
(前走12番人気で2着)
イッテツ
(前走OP特別で6番人気で3着)
の3頭
少し基準を甘くすれば
アルマワイオリ
(前走OP特別11番人気で4着)
ビップライブリー
(前走重賞で9番人気で4着)
あたりも候補として挙げていいでしょう。

この5頭のうち実際の単勝オッズで二桁人気だった馬が
穴を開ける可能性の高い馬と言えそう。
スポンサードリンク

-重賞展望