ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

チャンピオンズカップ2017、追い切り診断、A評価は3頭

ラジャカジャです。
昨日に引き続きチャンピオンズカップ2017の出走予定馬の
個人的な見解を書こうと思っていましたが
昨日ほとんどの馬が最終追い切りを消化してるので
予定を変更して追い切り診断を書いていきたいと思います。


スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
コパノリッキー
ゴールドドリーム
サウンドトゥルー
B評価:
アウォーディー
カフジテイク
キングズガード
グレンツェント
ケイティブレイブ
サンライズノヴァ
ノンコノユメ
ミツバ
メイショウスミトモ
モルトベーネ
ロンドンタウン
ローズプリンスダム
C評価:
アポロケンタッキー
テイエムジンソク
メイショウウタゲ

好仕上がり! コパノリッキー

栗東CWでいい動きを見せていたのはコパノリッキー

終始馬なりで軽い調整、時計も平凡でしたが
1週前追い切りで負荷をかけた調教をしていたので問題ないでしょう。
VTRで動きを見ても安定感ある走りで馬体にブレもなく
キビキビ走っていましたので状態はかなり良いと思います。
このレースは過去3回出場して12着、7着、13着と大敗続きですが
2015年の東海Sを勝っているのでコースがダメというわけではないと思います。
好不調の波が大きい馬ですがここ3戦は2勝2着1回と安定していますし
ラスト2戦で引退と発表されていますので
陣営も有終の美を飾ろうという気持ちで精一杯仕上げた印象。

力強い走り! ゴールドドリーム

栗東坂路で目立った動きをしていたのがゴールドドリーム

単走追いで3ハロン目から加速してそのまま駆け抜け
4F51秒1-11秒8の好時計をマーク
ラスト11秒台というのはこれまでにも何度かありましたが
全体時計51秒台でラストも11秒台というのは初めてじゃないでしょうか。
VTRで動きを見ても脚元の力強さは際立っており迫力十分。
1週前追い切りでも同じく栗東坂路で
4F53秒1-12秒3と負荷をかけた追い切りが出来ており
状態面は本当に良さそう。
昨年はスタートで出遅れてその後掛かってしまい12着に惨敗。
前走の南部杯でもスタートで思いっきり出遅れて5着とスタートに難がある馬。
それを踏まえて中間はゲート練習をしっかりやっていたのでこの成果が出れば
今年のフェブラリーSを勝っている馬だけに2度目のGI制覇も十分に可能でしょう。
少なくとも追い切りを見る限りでは馬はかなり仕上がっていますし
今回はムーア騎手が騎乗していることからして勝負気配は相当に高いと感じます。

気配良好 サウンドトゥルー

美浦で1番良い動きをしていたのはサウンドトゥルー

坂路で終始馬なりで調整。
時計は54秒7-13秒1と平凡でしたが
1週前追い切りで負荷をかけた調教をしているので
馬は既に仕上がっており最終は調整程度の動きでした。
VTRで動きを見るとバランスの取れた良い走りをしていますし
馬に活気があって元気一杯の様子。
追えばいくらでも伸びそうな雰囲気でしたし
十分な状態でレースに臨めそう。
スポンサードリンク

動きイマイチ アウォーディー

前走JBCクラシックでは1番人気に支持されながら4着と
期待を裏切ったアウォーディー

最終追い切りは栗東CWでの2頭併せで併入。
VTRで動きを見ると
半馬身追走のまま直線に入りましたが
鞍乗が促しても反応悪く何とか併入したという印象。
走り自体も頭の位置が高いですしストライドの伸びもイマイチ。
何となく馬にスイッチが入っていない様子に見え
迫力不足な走りでした。
以前もこんな感じの追い切りがあって
レースで勝ったりしているのでかなりの気分屋かもしれませんが
追い切りの動きだけで評価したら前走の方が良かったです。

その他の馬は・・・

カフジテイクは栗東坂路で併せ馬。
全体時計52秒3をマークして先着。
体の向きが左に向いている等バランスはイマイチだったが
最後までリズム良く走れており仕上がりとしては悪くない。

ケイティブレイブは栗東坂路での併せ馬。
クビを振ったりして走りに集中していない感じでしたが
追い出してからは鋭い末脚を繰り出しており
状態面での不安はなさそう。

ロンドンタウンは栗東CWでの単走追い。
時計は良いがVTRで見ると頭の位置は高く
ストライドの伸びもイマイチ。
ゴール後も追われていましたが状態としては
そこまで良いと思えず。

更に悪いと感じたのはテイエムジンソク
栗東坂路で併せ馬をしましたが完全に掛かってしまい
最後はアップアップになってアタマ差の遅れ。
ここまで折り合いを欠いてしまうとは・・・
本番に向けてかなり不安を残す内容。

アポロケンタッキーも動きが悪く
ステッキを入れて何とかあわせ馬で先着したが
素軽さは感じられずレースにいってどこまでやれるか・・・
それ以外の馬は可もなく不可もなくといった印象。

まとめ

追い切りから推奨したいのは
コパノリッキー
ゴールドドリーム
サウンドトゥルーの3頭
昨日まではテイエムジンソクにかなり期待していましたが
最終追い切りを見てガックリ来ました。
これでは本命には出来ないと感じました。
そうなってくると追い切りの良かった上記の3頭か
ルメール騎手にスイッチしたカフジテイクあたりから本命を選ぼうかなと今のところ考えています。
先週のジャパンカップと違ってすんなり本命馬が決められない状況です。
スポンサードリンク

-追い切り診断